病院で死亡した後の流れは?自宅に搬送?それとも葬儀会場に搬送されるの?

 

昔は自宅で亡くなる人が多くを占めていましたが、現在は病院で亡くなる場合がほとんどです。
病院の霊安室は場所が限られており、ご遺体を長く置いておくことができません。
また、死後24時間以内の火葬は法律で禁じられており、火葬場に直接ご遺体を搬送するのは現実的ではありません。
そのため、なるべく早くご遺体を別の場所に搬送して安置する必要があります。

家族が亡くなった際には、ご遺体の搬送場所・搬送方法・葬儀を行う業者などを短期間で決めなければなりません。
また、親族や菩提寺への連絡も必要であり、非常に忙しくなります。
そのため、家族が亡くなった際の手続きの流れを知っておくことがとても重要です。
あらかじめ知識を得ておけば、いざというときにスムーズに手続きを進めることができます。

今回は、病院で亡くなってからご遺体を安置するまでの手続きの流れをご紹介します。
また、安置場所の選択肢や、死亡時に葬儀業者が決まっていない場合の注意点についても解説します。

test

病院で亡くなった際の手続きの流れ

まずは、病院で亡くなった際の手続きの流れをご紹介します。
家族が亡くなると冷静さを保つことは難しいですが、慌てることなく手続きをひとつずつ着実に行うことが大切です。

医師の死亡告知を受ける

臨終を迎えると、医師の死亡判定が下され、家族に死亡が告知されます。
告知の方法は病院によって違いがあります。

医師の死亡判定は、後で死亡診断書を発行してもらうために必要です。
自宅で亡くなった場合でも、必ずかかりつけの医師に連絡して死亡告知を行ってもらいましょう。

末期の水

死亡が確認された後、「末期の水」と呼ばれる儀式を行います。
「死に水を取る」とも表現され、亡くなった際に行われる最初の儀式です。

末期の水は、息を引き取った故人の口元を水で潤す儀式で、あの世への旅路で喉が渇かないようにとの思いを込めて行われます。

末期の水では、箸の先に脱脂綿を巻いて糸で固定し、それに水を含ませて故人の口元を軽く湿らせます。
これを故人と血縁関係の近い順に一人ずつ、臨終に立ち会った全員が行います。
本来は息を引き取る直前の存命中に行うものですが、実際には臨終後に行われることがほとんどです。

末期の水は、もともとは仏教の儀式で、お釈迦様が入滅の際に水で喉を潤したことに由来しています。
しかし、神仏融合が進んだ現在の日本では、仏式で葬儀が行われるか否かに関わらず、一般的に行われている儀式です。
なお、宗派や宗教によっては末期の水を行わない場合もあるため、その際は行わない旨を病院に伝えましょう。

清拭・着替え・死化粧

末期の水の後、看護師や病院提携の業者がご遺体の身づくろいをしてくれます。
そうした処置は「エンゼルケア」と呼ばれます。

なお、病院でのエンゼルケアは保険適用外で、病院によって費用が異なります。
費用はエンゼルケアの内容や病院によって大きな差があり、1万円から5万円程度です。

清拭

まず、ご遺体をアルコールやお湯で丁寧に拭きます。
その後、体液が漏れないよう口・鼻・耳・肛門に脱脂綿を詰めます。
こうした処置は「清拭(せいしき)」と呼ばれます。

着替え

ご遺体をきれいにした後、新しい衣装に着替えさせます。
白い浴衣を用意する場合が多いですが、故人が好んでいた衣類などを選ぶ場合もあります。
希望がある場合は、着替えのための服を準備しておきましょう。

死化粧

弔問客に故人の安らかな顔を見てもらうために、死化粧を行います。
死化粧では、ご遺体の髪を整え、爪を切り、髭や産毛を剃ります。
また、病気で顔がやつれていた場合は、頬に脱脂綿を入れるなどして元気だった頃の姿に近づけるようにします。

女性にはお化粧をするのが一般的ですが、病院によっては行わない場合もあります。
必要な場合は葬儀業者に依頼するか、遺族が行いましょう。
なお、以前は女性だけにお化粧が行われていましたが、現在は男性でも行われる場合があります。

湯灌やエンバーミングを行う場合もある

ご遺体をきれいにするために、湯灌(ゆかん)やエンバーミングを行うことも可能です。
希望する場合は、手続きについて葬儀業者と相談しましょう。

湯灌

湯灌は、納棺の前にご遺体を入浴させて洗浄することです。
ご遺体をきれいにするとともに、来世への旅立ちに備えて現世の汚れや煩悩を落として身を清める意味があります。

主に葬儀業者によって行われ、給排水装置を積んだ専用の車両が利用される場合もあります。
費用は5万円から10万円程度が目安です。
なお、近年は湯灌をするケースが減少しており、病院のエンゼルケアで済ませることがほとんどです。

エンバーミング

エンバーミングは、ご遺体を消毒・殺菌・修復して長期保存を可能にする処置です。
専用の施設にご遺体を搬送して処置してもらうのが通常です。

ご遺体は腐敗が進行してしまうため長期間の保存ができませんが、エンバーミングを行えば2週間程度の保存が可能です。
また、ご遺体を生前の姿のように修復するため、きれいな状態で葬儀の参列者とお別れでき、遺族の心の傷を癒すことができます。

ただし、エンバーミングには15万円から20万円程度の費用がかかります。
火葬が主流の日本では、エンバーミングはあまり一般的ではありません。

遺体の霊安室に一時的に安置

エンゼルケアを施したご遺体は、病院の霊安室に一時的に安置されます。
病院の霊安室はスペースが限られており、できるだけ速やかにご遺体を別の場所に搬送するよう求められます。

法律では死後24時間以内の火葬は禁止されています。
また、火葬場へ搬入する場合は納棺が必要であり、病院で納棺が許可されるケースはほぼありません。
そのため、ご遺体を一度別の場所に安置する必要があります。

ご遺体の安置場所には、自宅・葬儀業者の安置施設・民間の安置施設の3つの選択肢があります。
自宅の状況や家族の都合に合わせて安置場所を選びましょう。

ご遺体の搬送準備を行う

ご遺体の安置場所を決めたら、ご遺体を搬送する業者に連絡します。
葬儀業者が決まっていれば、その業者がご遺体を安置場所まで搬送してくれます。

葬儀業者が決まっていない場合は、ご遺体の搬送だけを業者に依頼することもできます。
その場合は、搬送だけを頼むことを明確に業者に伝えましょう。

なお、自家用車での搬送も可能ですが、衛生面の問題やご遺体が傷むリスクがあります。
業者はドライアイスなどでご遺体の保存を行ってくれますが、個人の搬送ではそうした処置をすぐに行うのは困難です。
自家用車でご遺体を搬送するのはデメリットが多く、業者に依頼することをおすすめします。

死亡診断書を受け取る

搬送する準備が整ったら、死亡診断書を病院に発行してもらい、費用を清算します。

家族が亡くなった場合は、故人が住民登録をしていた市町村区役所に7日以内に死亡届を出す必要があります。
死亡診断書がなければ死亡届が受理されず、火葬や埋葬の許可もおりません。

また、死亡診断書は保険金や遺族年金の手続きの際にも必要になります。
役所に提出した死亡診断書は返却されないため、あらかじめ複数枚発行してもらうことをおすすめします。

また、死亡診断書の記載事項に間違いがないか、受取時にはしっかりとチェックしましょう。
万が一誤りがあると、訂正に時間がかかり手続きが煩雑になります。

test

ご遺体を安置する

安置場所を自宅にした場合は、布団の上に白いシーツを敷き、ご遺体を寝かせます。
その際は、宗教の方式によって北枕や西枕などの方向を決めます。
布団の上に魔除けとして刃物を置き、守り刀とする場合もあります。

安置する部屋は、仏壇のある部屋が最適とされています。
また、ご遺体の傷みを抑制できるため、エアコンのある部屋が適しています。
ご遺体を安置したら、搬送業者が用意したドライアイスを使って腐敗を防ぎます。

安置したご遺体の枕元には「枕飾り」を設置します。
枕飾りは、弔問客が礼拝するための簡易的な祭壇として必要です。
葬儀業者を利用していれば、枕飾りは葬儀業者が準備してくれます。
また、搬送だけを依頼した場合でも、オプションで枕飾りを用意してくれる業者がほとんどです。

自宅以外の施設に安置する場合は、基本的に業者がご遺体の管理をしてくれます。
そのため、遺族の負担は大きく軽減されます。

「枕飾り」は、ご遺体を安置しておく際に枕元に飾る供物台です。 日常生活では目にする機会がほとんどないものであり、枕飾りを行う理由やどう...

親族や菩提寺に連絡

ご遺体を安置した後、菩提寺や危篤時に連絡しなかった親族に連絡をします。

搬送前に親族に連絡してしまうと、臨終後の非常に忙しい時間に電話が殺到したり、病院に親族が訪ねてきたりして手続きに支障をきたす場合があります。
そのため、ご遺体の安置後、準備がある程度整ってから連絡するのが一般的です。

菩提寺や懇意にしている宗教施設がある場合は、親族の他界を伝えます。
菩提寺へは、安置後ではなく搬送前に連絡しても問題ありません。
ただし急ぐ必要はないため、先方の迷惑にならない時間を選んで連絡しましょう。

仏教の葬儀では、安置後にご遺体の枕元で僧侶に読経してもらう「枕経」を行うのが一般的です。
菩提寺がある場合は、連絡した際に枕経や葬儀の日時について相談します。
枕経を依頼する際には、故人の名前・享年・生年月日・死亡時間などを伝える必要があるため、間違えないようメモをひかえておきましょう。

「枕経」とは、ご遺体を安置した後に行う仏教の儀式のひとつです。 枕経は「枕勤め」とも呼ばれ、ご遺体を病院から搬送して自宅などに安置し、...

ご遺体の安置場所はどこにすべき?

ご遺体を安置する場所は、状況に応じて遺族が決定します。
安置場所には、自宅・葬儀業者や斎場の安置施設・民間の安置施設の3つがあります。
それぞれのメリットとデメリットをよく考慮して安置場所を選ぶようにしましょう。

こちらの記事でも詳しく解説しています。

人の死は突然にやってきます。 病院や施設で亡くなった場合は、ご遺体を速やかに安置場所に搬送することが求められます。 安置場所によ...

自宅での安置

以前は自宅での安置がほとんどでした。
現在は外部施設での安置も増えましたが、現在でも主要な安置場所です。

自宅安置のメリット

自宅での安置は、ご遺体と一緒に過ごす時間が長くとれます。
故人や家族にとって最も慣れた場所であり、落ち着いて最後のお別れができます。
また、施設利用料が必要ないため、安置費用がドライアイス代の1日1万円程度しかかかりません。

「葬儀のご遺体用のドライアイスって必要なの?」 「ドライアイス代って普通はいくらくらいかかるものなの?」 「ドライアイス代を...

自宅安置のデメリット

自宅安置の場合、ご遺体の搬送や葬儀業者の出入りによって家族の死が近隣に知られてしまいます。
そのため、家族葬などで静かに葬儀を行いたい場合は問題になることもあります。

また、マンションやアパートなどの集合住宅では、ご遺体の安置が難しい場合があります。

さらに、ドライアイスのみでご遺体の保存を行うため、安置可能な期間が3日程度と短い点にも注意が必要です。

葬儀業者や斎場の安置施設

搬送前に葬儀業者が決まっていれば、葬儀業者の安置施設に直接搬送することもできます。
また、一旦自宅で安置した後、葬儀業者の施設に再度移す場合もあります。

葬儀業者の安置施設のメリット

業者の安置施設を利用すれば、ご遺体の管理を業者に任せることができ、負担が軽減されます。
また、冷蔵設備の整っている施設であれば、1週間程度ご遺体を保存できます。

葬儀業者の安置施設のデメリット

葬儀業者の安置施設を利用すると、施設利用料がかかります。
また、面会や弔問の時間が限られているケースがほとんどで、ご遺体と過ごす時間は十分にはとれません。

民間の安置施設

ご遺体の安置だけを行う民間の施設が、都市部を中心に存在しています。
葬儀業者が決まっておらず自宅での安置も難しい場合や、火葬場に搬送するまでの一時的な安置場所としてよく利用されています。

メリットとしては、自由に付き添いができる施設が多い点が挙げられます。
しかし、施設利用料がかかり、施設によっては高額になる場合があります。

葬儀業者が決まっていない場合のご遺体の搬送はどうすればいい?

ご遺体の搬送前に利用する葬儀業者が決まっていれば、その業者がご遺体の搬送から安置まですべて行ってくれます。
しかし、葬儀業者が決まっていない場合は、ご遺体を病院に長く置いておけないため、搬送業者を早急に決める必要があります。
自家用車での搬送はリスクが高く、あまりおすすめできません。

葬儀業者が決まっていない場合は、ご遺体の搬送だけを業者に依頼するのもひとつの手です。
その際は、搬送だけを依頼する旨を業者に明確に伝えましょう。

搬送前に葬儀を依頼する業者を決める方法もありますが、忙しい時間の中で業者や葬儀プランを吟味するのは困難です。
また、病院で紹介される葬儀業者は費用が高額なケースが多く、十分な比較をせずに葬儀すべてを依頼するのは避けるべきです。

ご遺体の搬送費用に関しては、国土交通省の指導のもとで基準が明確に定められており、業者間の差はあまりありません。
葬儀業者が決まっていない場合は、とりあえずご遺体の搬送だけを依頼して、葬儀業者の選定は安置後にゆっくりと行うのがおすすめです。

なお、病院からのご遺体の搬送を、病院が紹介した業者以外の業者に依頼するのも当然可能です。
よりサービスの良い業者を利用したい場合は、搬送だけを依頼する場合でも複数の業者を比較して選びましょう。

現在の日本では、約8割の人が病院で亡くなっています。 病院で亡くなると、病院に出入りしている葬儀業者が遺族に対して営業行為を行うことが...

まとめ

病院で亡くなった後には、末期の水・清拭・着替え・死化粧などが行われます。
その後、葬儀や火葬までの間、別の場所にご遺体を安置する必要があります。

安置場所は、自宅・葬儀業者の安置施設・民間の安置施設から選択します。
住宅事情や、それぞれのメリット・デメリットを考慮して選びましょう。

臨終時に葬儀業者が決まっていれば、ご遺体の搬送もその業者が行ってくれます。
業者が決まっていない場合は、搬送だけを依頼することも可能です。
ご遺体を安置したら親族や菩提寺などに連絡し、本格的な葬儀の準備を始めましょう。

家族が亡くなった際には、遺族は非常に忙しくなります。
いざというときにスムーズに手続きを進められるよう、事前に安置までの流れをしっかりと把握しておくことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

家族葬で通夜なしだと流れはどうなる?喪主が注意すべき点は何?

NO IMAGE

枕経の流れは?服装はどうしたらいい?出席者は誰になるの?

NO IMAGE

家族葬のお通夜の流れはどうなるの?喪主が注意すべき点は何?

NO IMAGE

納棺式の流れは?服装はどうしたらいい?出席者は誰になるの?