通夜の食事 通夜振る舞いの料理内容や平均金額はいくらくらい?

 

お通夜では、僧侶の読経と弔問客による焼香の後に、「通夜振る舞い」と呼ばれる食事の席が設けられます。
通夜振る舞いの形式は地域によって異なり、近年では簡略化されることも増えてきました。しかし、弔問客への感謝を示す場であるとともに、故人と一緒にとる最後の食事の意味もあり、葬儀におけるとても大切な時間です。

身内の葬儀はそう頻繁にあるものではなく、実際に葬儀を行う際に通夜振る舞いの料理や料金に関して悩む人も多くみられます。
事前に通夜振る舞いについて知っておけば、いざというときにスムーズに内容を決めることができます。

「通夜振る舞いにはどんな料理を選ぶべきなの?」
「料理の金額は一人あたりどれくらいが目安?」
「通夜振る舞いをしない葬儀もできるの?」
こんな疑問をもっている人が多いのではないでしょうか。

今回は、そうした通夜振る舞いに関する疑問を解消するために、通夜振る舞いの基本知識から、よく選ばれている料理、通夜振る舞いの費用の相場、通夜振る舞いを省略する場合などについて、詳しくご紹介します。

test

通夜振る舞いとは?

お通夜では、僧侶の読経と弔問客による焼香の後に、弔問客を別室に案内して食事や飲み物がふるまわれます。
これを「通夜振る舞い」といいます。

通夜振る舞いは、葬儀・法事の食事である「お斎(おとき)」のひとつです。
お斎は飲食を楽しむ宴会ではなく、故人を偲んで思い出を語り合う静かな席にするのが一般的です。

通夜振る舞いの意味

通夜振る舞いでは、弔問に対するお礼を述べて弔問客をもてなし、故人に関する思い出を語り合って故人を偲びます。
通夜振る舞いには、以下のような意味があるといわれています。

・弔問客へのお礼とおもてなし
・焼香後のお清め
・故人を偲ぶ供養のための食事会
・故人とともにする最後の食事

近年では簡略化されることも多くなりましたが、現在でもお通夜では通夜振る舞いが行われるのが一般的です。
また、通夜振る舞いが行われなくとも、その代わりとして折詰や商品券などを準備して、弔問客に持ち帰ってもらうのがマナーとされています。

通夜振る舞いの流れ

通夜振る舞いは、最初に喪主が挨拶を行い、弔問へのお礼などを述べます。
その後に会食が行われますが、故人の思い出を語る場であるため、ゆっくりと食事が行われるのは稀です。
特に喪主や親族は、弔問客をもてなすために忙しい時間を過ごします。
途中から参加する人や料理をいただいた後で退席する人などがいるため、通夜振る舞いの席はあわただしい雰囲気になる場合が多いでしょう。

翌日に葬儀を控えているため、通夜振る舞いは1時間から2時間程度でお開きになるのが一般的です。
最後に喪主が挨拶をして、お礼とともに明日の葬儀の予定などを伝えて終わります。

参列者は順次帰宅しますが、喪主や遺族が見送りをする必要は特にないとされています。
弔問客も故人や遺族と親しい間柄でなければ長居をするのは避けて、30分程度で退席するのがマナーとされています。

読経や焼香は19時頃に終わるスケジュールが多く、そうしたケースでは通夜振る舞いを21時頃には終わらせるようにするとよいでしょう。

形式は地域によって異なる

葬儀の風習は地域によって異なり、通夜振る舞いの形式も地域によってさまざまです。

関東地方では、遺族や親族はもちろん、会社・学校関係者や近所の方などの一般の弔問客も通夜振る舞いに参加するのが一般的です。
それに対して関西地方では、多くの場合一般の弔問客には参加案内をせず、遺族や親族、特に関係が深かった関係者だけで通夜振る舞いが行われる傾向があります。

また、式場係に弔問客を受付から焼香、通夜振る舞いの席へと順次誘導してもらう簡略化された形式でお通夜が行われる場合もあります。
その場合は、通夜振る舞いに関しても弔問客が順次参加・順次退席する形式で行われます。
こうした簡略化されたお通夜は、都市部を中心に定着しています。

さらに、地域によっては通夜振る舞いが行われない習慣の地域もあります。
地域によって望ましい通夜振る舞いの形式は異なるため、葬儀業者や地域の葬儀に詳しい人に事前に相談しておくことをおすすめします。

通夜振る舞いの料理にはどんなものを選ぶべき?

かつては49日が終わるまで、肉や魚を食べるのを避けるのが一般的でした。
そのため、通夜振る舞いでも精進料理が用いられていました。
現在はそうした習慣が行われることは稀で、多くの場合肉や魚を用いた料理が選ばれています。

大皿料理が基本

通夜振る舞いは落ち着いて料理を食べる場になることが少なく、弔問客は順次退席するのが一般的です。
そのため、手軽につまめるサンドイッチやオードブルなどの大皿料理を用意して、各自が小皿にとって食べてもらう形式が通常です。
また、お通夜に参加する人数の予測が立てづらいことも、大皿料理が好まれる理由のひとつです。

料理は、寿司や刺身、煮物、天ぷらなどの和食が提供されることが多く、大皿の中華料理などが選ばれる場合もあります。
あらゆる年齢の弔問客が参加することが考えられるため、どの年代の人でも食べられるよう複数種類の料理を準備できると理想的です。
そのため、さっぱりとした和食と、若い人向けの揚げ物などを組み合わせた料理が提供されるケースが多くみられます。

葬儀業者に手配を依頼する場合が多い

葬儀会社を利用して葬儀場などでお通夜を行う場合、通夜振る舞いの料理についても葬儀業者に依頼するのが一般的です。
その場合は、ある程度定番化された、通夜振る舞いに適した料理を葬儀業者が選んでくれます。
通夜振る舞いに故人の好きだった料理などの特定の料理を出したい場合は、葬儀業者に相談してみましょう。

自宅などでお通夜を行う場合は、地方では喪家で料理をつくることも多いですが、都会では仕出し店に依頼したり葬儀業者に頼んだりするのが一般的です。

葬儀場でお通夜を行う場合は、料理の持込が禁止されていることが多く、自分たちで料理を準備するのはあまり歓迎されません。
料理を持ち込みたい場合は、事前に葬儀業者や式場に問い合わせて許可をとってから行うようにしましょう。

test

通夜振る舞いに用意すべき飲み物は?

お酒は死の穢れを清めるとされており、ビールや日本酒などのアルコールを用意するのが一般的です。
なお、車を運転する人も多いため、無理にすすめることのないようにしましょう。

お酒を飲まない人のために、お茶やジュースも多めに用意しておきましょう。
最近では、ノンアルコールビールを準備しておくケースも多くみられます。

通夜振る舞いの料理はどれくらい用意すればいい?

お通夜は参列する人数の予測が立てづらいため、通夜振る舞いの料理の分量は悩みどころです。

一般的には、親族・一般参列者・お手伝いの人数によって料理の分量が決められます。
親族とお手伝いの人は、一般参列者の帰宅後にゆっくりと通夜振る舞いの食事を食べる場合があり、その場合は親族とお手伝いの人数分料理を用意します。
一般参列者は通夜振る舞いに参加しない場合があり、参加してもゆっくりと食べるケースは少ないため、参列者の5割から6割程度の分量を用意すれば丁度良い量になります。

例えば、親族とお手伝いがあわせて30名、一般参列者が100名程度の場合、一般参列者の分は50名から60名分用意して、合計で80名から90名分程度の料理を頼むのが一般的です。
なお、参列者の帰宅後に親族やお手伝いの人が食事をとらない場合は、より分量が少なくなります。

より簡単な計算方法としては、「参列者の3分の2程度」準備するのがひとつの目安といわれています。

葬儀業者に依頼する場合は、参列者の大まかな人数を伝えれば、業者が適切な量を見積もってくれます。
参列者の人数が不明な場合は、人数が多かった場合に備えてやや多めに料理を準備するのが一般的です。

通夜振る舞いの金額はいくらくらいが目安?

通夜振る舞いの料理は、「一人あたり2,000円から4,000円程度」が一般的な目安とされています。

ただし、葬儀の規模や故人の生前の交友関係などによっては、より豪華な料理が適切な場合もあります。
逆に限られた身内での葬儀の場合は、通夜振る舞いを簡略化して料理の金額を抑えるケースが多くみられます。
料理の内容や金額は、家族や葬儀業者と相談したうえで、葬儀にみあったものを選ぶようにしましょう。

なお、通夜振る舞いの費用の総額は、参列者の人数や葬儀の規模、料理の内容によって大きく異なります。
財団法人日本消費者協会が実施している「葬儀についてのアンケート調査」では、通夜振る舞いや精進落としなどの飲食接待費の全国平均が報告されています。
それによれば、飲食接待費の平均は2014年で339,000円、2017年で306,000円であり、近年はやや減少傾向にあります。

僧侶は通夜振る舞いに同席してもらうべき?

お通夜でお経を上げてもらった僧侶には、できれば通夜振る舞いに同席してもらいましょう。
事前に通夜振る舞いを行うことを伝えて、参加の可否を確認しておきます。
参加してくれる場合は、通夜振る舞いが始まる際に最上位の席に案内します。

僧侶が通夜振る舞いを欠席する場合は御膳料を渡す

寺院の都合や遺族への配慮などにより、僧侶が通夜振る舞いを欠席する場合も多くあります。
その場合は、料理の代わりに「御膳料(おぜんりょう)」を渡します。

御膳料の封筒は、無地で水引やのしの無いものを使用します。
表書きは「御膳料」とし、毛筆や筆ペンを使って通常の濃さで記入します。
薄墨は悲しみの感情を表現するものであり、お寺に不幸があったわけではないので使用しません。

渡すタイミングについては明確な決まりはなく、お通夜の前か後に渡すのが一般的です。
お車代を渡す場合には、御膳料と一緒に渡しましょう。
御膳料が必要かどうかは通夜振る舞いに僧侶が出席するか否かで変わるので、事前に確認しておくことが大切です。

御膳料の金額の目安は?

御膳料の金額については、お布施などと同じく明確な決まりはありません。
事前に葬儀業者に目安を確認しておくとよいでしょう。

なお、一般的には5,000円から10,000円程度が目安とされています。

通夜振る舞いは必ず行うとは限らない

通夜振る舞いは古くからの習慣ですが、近年では葬儀の形式が多様化しており、通夜振る舞いが簡略化されるケースも多くなっています。
また、食事会場を用意できないなどの理由から、通夜振る舞いが省略されることもあります。

通夜振る舞いが行われない場合は、通夜振る舞いの食事の代わりとして、お酒や折詰、商品券などの「粗供養品」を持ち帰ってもらうのがマナーとされています。
粗供養品の内容については、弔問客の顔ぶれを考慮して、葬儀業者と相談して決めるようにしましょう。

家族葬の通夜振る舞いは一般葬と違う?

家族葬は、家族やごく親しい友人などの近親者のみで行う葬儀です。
限られた人数だけで行われるため、当事者の意向によってさまざまな形式で葬儀を行うことが可能です。

家族葬では通夜振る舞いを省略するケースや、お通夜自体を省略した一日葬が行われるケースも珍しくありません。
家族葬で通夜振る舞いを行う場合でも葬儀によって内容が大きく異なり、一般葬と同じように行う場合もあれば、参加者で別の場所に移動して食事会を行う場合もあります。

また、家族葬では参列者の人数と顔ぶれがあらかじめ決まっているため、一般的な葬儀に比べて料理の分量や内容を決めやすいという利点があります。

家族葬を行う場合は、通夜振る舞いを行うかどうかも含めて、家族で葬儀の内容についてしっかりと話し合っておきましょう。

なお、通夜振る舞いを行う場合は、家族葬であっても喪主の挨拶などを行うのが一般的です。
僧侶への御膳料などの対応も一般葬と変わらないため、忘れずに準備するようにしましょう。

まとめ

通夜振る舞いは、お通夜において僧侶の読経と弔問客の焼香の後にふるまわれる食事のことです。

通夜振る舞いは故人を偲ぶ場であり、弔問客が順次退席する形式がほとんどです。
そのため、参列者ごとに料理を用意するのではなく、それぞれが小皿に取って食べる大皿料理が提供されるのが一般的です。
しっかりと食事をすることは稀なので、参列者の3分の2程度の少な目の量を用意するのが目安とされています。

お酒には清めの意味もあるため、飲み物にはお酒も用意しましょう。
お酒を飲まない人のために、お茶やジュースも準備します。

通夜振る舞いの料理の金額は、一人あたり「2,000円から4,000円程度」が相場です。
ただし、葬儀の規模などによって適切な金額は異なるため、事前に家族や葬儀業者と相談して料理や金額を決めましょう。

通夜振る舞いは、弔問客をもてなし、故人とともに最後の食事をする大切な時間です。
故人を静かに送り出せる良い葬儀になるよう、通夜振る舞いの形式や料理の内容について、あらかじめ考慮しておくことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

葬儀の枕飾りって何?枕飾り一式の費用の相場はいくらくらい?

NO IMAGE

葬儀で使う棺桶の値段の相場はいくら?サイズや種類はどういうのがあるの?

NO IMAGE

葬儀のご遺体用のドライアイス代の相場はいくら?どのくらいもつものなの?

NO IMAGE

葬儀の生花祭壇の費用の相場はいくら?種類によって価格は違うの?

NO IMAGE

枕経のお布施の相場はいくら?他に費用はかかるの?

NO IMAGE

通夜の日に葬儀場に宿泊することは可能なの?宿泊料金はどのくらいするの?