葬儀で使う棺桶の値段の相場はいくら?サイズや種類はどういうのがあるの?

 

ご家族が亡くなった際には、ご遺体を納める棺が必要になります。
ご遺体を死装束で整えてから、故人が愛用していたものなどと一緒に棺に納める儀式を納棺といいます。
納棺の儀式はご遺族と故人にとって大切な時間であり、棺は葬儀に欠かせないものです。
また、火葬してもらうためにも納棺は必要です。

棺の準備は葬儀業者が行ってくれますが、どういった棺にするのかは葬儀プランを選ぶ際にご遺族が決める必要があります。
ご家族が亡くなった際は平常心を保つのが難しいのに加え、手続きなどで非常に忙しくなります。
棺選びで後悔しないためにも、どういった種類があるのか、費用がどれくらいかかるものなのかについて、事前に知識を深めておくことが大切です。

今回は、棺の種類やその価格相場、棺の選び方などについて、詳しく解説します。

test

棺桶は葬儀に必須

棺桶は、ご遺体と一緒に火葬場で焼かれて後には残りません。
そのため、棺桶は必要ないのではと思う方がいるかもしれません。
しかし現在の日本では、棺にご遺体を納めないケースはほぼなく、棺桶は葬儀に必須です。

日本の火葬場では、ご遺体を棺桶に入れた状態でなければ火葬を行ってくれません。
また、安置室が併設されている火葬場もありますが、そうした安置室を利用する際にもご遺体が納棺された状態であることが求められます。
病院での納棺が認められるケースもほぼないため、病院から火葬場に直接ご遺体を搬送することは難しく、一旦どこかにご遺体を移してから納棺する必要があります。

棺桶にはどんな種類がある?

棺桶には非常に多くの種類があります。
一般的な棺の種類としては、天然木棺・フラッシュ棺・エンバー棺・エコ棺・折りたたみ棺・キリスト棺があります。
それぞれの特徴をみていきましょう。

なお、宗教・宗派や地域のしきたりなどによって、使用される棺の種類が異なる場合があります。
そのため、事前にどういった種類が望ましいのか確認しておくことをおすすめします。

天然木棺

木製の棺は、古くから一般的に利用されている棺の種類です。
天然木を使用したものの場合、材質は桐・もみ・檜が主で、檜が一番高額です。
装飾の少ないシンプルなものから、細かい彫刻が施された芸術品のような棺までさまざまな種類があり、価格にも大きな幅があります。

フラッシュ棺

2枚のベニヤ板を貼り合わせた板材で作られた木棺をフラッシュ棺といいます。
フラッシュ棺は表面を美しく見せるため、表面に布などを貼り付けてあるものが一般的です。

フラッシュ棺には、模様がある布やパステルカラーの布を貼り付けた「布張棺」や、表面に桐などの天然木を薄くスライスしたものを貼り付けた「突板貼り合板棺」、木目を印刷した紙を貼り付けた「プリント合板棺」があります。

中でも布張棺は、故人の好きだった色を選んだり、祭壇の花に色を合わせたりできるため人気があります。
また、ビロードや絹織物などを貼り付けた高級な布張棺も増えています。

エンバー棺

エンバー棺は、エンバーミングを施したご遺体と対面することを目的とした棺です。
エンバーミングは、ご遺体に消毒・保存・修復処理を施すことをいいます。
長期間の衛生的な保存が可能になるほか、ご遺体を生前のようなきれいな状態に保てます。

エンバー棺は棺の蓋がアクリル製の透明なものが多く、中には蓋が二重になっているものもあります。
エンバー棺は開口部が広くご遺体がよく見えるため、多くの人と一緒に対面しながら最後のお別れをすることができます。

エコ棺

エコ棺は、環境に配慮してダンボールや間伐材で作られている棺です。
CO2排出量が通常の棺の1/3程度までカットされているほか、購入すると1棺につき10本の木がモンゴルに植林されるものもあります。
故人が環境問題にこだわりのあった方であれば、エコ棺を選ぶのも良いかもしれません。

折りたたみ棺

折りたたみ棺は、簡単に組み立てることができる棺です。値段も経済的で、シンプルな葬儀を行いたい場合によく選ばれています。
折りたたみ棺は葬儀業者が取り扱っているほか、通信販売でも購入可能です。
なお、葬儀業者によっては取り扱っていないところもあります。

キリスト棺

キリスト教の葬儀の場合は、棺も仏式や神式のものと異なるものが選ばれます。
日本のキリスト棺はベニヤ板に布を貼り付けたフラッシュ棺が一般的で、黒色や白色の棺がよく利用されます。
これも布張棺と同じく、使う布地によって価格に大きな幅があります。

なお、日本ではキリスト棺が使われるケースが少ないため、一般的な棺と比べて値段が高めです。

棺の形状にもさまざまなものがある

棺の形状にもさまざまなものがあります。
棺の材質などと同じく、宗教・宗派や地域のしきたりなどによって望ましい形状が異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

平棺(ひらかん)

蓋の部分が平らな標準的な棺桶です。長方形をしており、箱型やキャスケット型とも呼ばれます。

山型棺

蓋の上部が台形に盛り上がっている棺です。平棺に比べて大きく立派に見えるのが特徴です。

アール棺

蓋の上部が曲線的に盛り上がっている棺です。形状が似ているためカマボコ棺とも呼ばれます。

インロー棺(印籠棺)

蓋の縁が二段になっていて、棺の本体に覆いかぶさるような構造になっている棺をインロー棺といいます。
名前の由来は水戸黄門などで有名な「印籠」で、蓋の重なり方が印籠の構造と似ていることから名付けられました。
多くの場合、蓋は山型棺やアール棺の盛り上がった形状をしており、棺が大きく立派に見えるよう工夫が施されています。

test

棺桶のサイズは?

棺はご遺体を納めるものであり、身体の大きさは人によって大きな差があります。
また、火葬には納棺が必須です。
そのため、あらゆるご遺体に対応できるよう、非常に大きなサイズの棺も用意されています。

身長よりも大きめのサイズを選ぶ

棺のサイズを選ぶ場合は、故人の身長よりも10cm-15cm程度大きめのものを選びます。
これは、ご遺体の足首が死後硬直によって「つま先立ち」のような状態になるためです。
また、ご遺体の頭部と棺の内壁との間が狭いと窮屈に見えてしまいます。
棺のサイズは、故人の身長よりも大きめの余裕をもったサイズを選びましょう。

なお、棺のサイズがやや小さかった場合には、ご遺体のひざを曲げてあぐらをかくような状態や、脚を交差させた状態にして棺に納める場合もあります。

標準的なサイズは6尺(180cm)

最も利用の多い基本的な棺のサイズは6尺(180cm)です。
棺のサイズは「尺」で記載されていることが多く、ややわかりにくいかもしれません。
最近は「cm」で記載されている場合も多いですが、1尺は約30cmと覚えておきましょう。

ほかにも6.25尺(189cm)の棺や6.50尺(194cm)の棺があり、ご遺体のサイズに合わせたものが選ばれます。

なお、特大棺と呼ばれる棺は、長さ195cm・幅65cm・高さ49cm程度のもので、通常のものより横幅や高さがあります。
特大棺であれば、身長190cm・体重200kg程度のご遺体まで利用可能です。

こうした特大棺でも無理な場合は物理的に納棺ができないため、特例として納棺せずに火葬します。
その際は、板状の木材にご遺体を乗せた上から、金襴などの織物や布で覆って火葬するのが一般的です。

サイズによっては棺の種類などが制限される

大きなサイズの棺でないとご遺体が入らない場合は、棺の種類やデザインなどを自由に選べない場合があります。
脚を曲げるなどの方法もありますが、デザインを優先するよりも、ご遺体が窮屈でないサイズの棺を選ぶことをおすすめします。

また、棺のサイズによっては近隣の火葬場が使えない場合があります。
近年建設された火葬場であれば大抵は特大棺を火葬できますが、古い火葬場の場合は入らないケースがあります。
その場合は別の火葬場に搬送することになり、搬送距離が長くなるため費用が高めになります。

さらに、大きな棺や棺に入らないほどご遺体が大きい場合は、搬送する際に通常よりも人手が必要になり、その分の人件費がかかります。
また、ご遺体を搬送する寝台車や霊柩車も大きな車両を使用する必要があります。
そのため、ご遺体が大きい場合は搬送費用が通常よりも高くなるケースがあります。

棺桶の価格相場は?

棺桶には非常に多くの種類があり、その価格もさまざまです。
2万円程度の安価なものから、200万円以上もする高額なものまで幅広い棺があります。
大まかな価格の目安は、以下の通りです。

・天然木棺:5万円-200万円以上
・フラッシュ棺:2万円-40万円
・エンバー棺:14万円-40万円
・エコ棺:5万円-25万円
・折りたたみ棺:1.5万円-2.5万円

同じ材質の棺であっても、デザインや形状、葬儀業者によって価格に差があります。
個別に棺だけを購入するケースはあまりないため、ほかの商品のように市場価格が定まっていません。
棺を選ぶ際は、費用をよく確認したうえで納得できるものを選びましょう。

棺桶の費用は葬儀プランに含まれている?

棺の費用が葬儀プランに含まれているか否かは、葬儀業者やプランによって異なります。
葬儀プランに棺桶代が含まれており、あらかじめ決まった中から棺を選ぶ場合もあれば、完全に棺の代金が別計算の場合もあります。
また、基本の棺が決まっており、変更する場合は追加料金がかかるケースもあります。

葬儀プランを選ぶ際には、棺桶代の計算方法や、プラン内で選べる棺桶の種類などについてよく確認することが大切です。

なお、故人が生前準備していた特注の棺の使用や、ご遺族が別途購入した棺の使用ももちろん可能です。
その場合は、棺を用意してあることを申し込み前に葬儀業者に伝えましょう。

また、ご遺体の搬送を行っている業者の多くは、オプションとして棺を販売しています。
特に搬送が長距離になる場合には、ドライアイスによる保冷効果を高めるために、棺に納めた状態での搬送を勧められるケースがあります。
搬送業者が取り扱う棺は2万円-4万円程度のものが多いですが、そうした棺を利用するのもひとつの手です。

棺桶の選び方

葬儀に使用する棺桶を故人が生前に決めている場合もありますが、多くの場合はご遺族が決定します。
宗教や宗派、地域などによって望ましい棺の種類が変わってくるため、棺を決める前に懇意にしている宗教関係者の方や葬儀業者と相談することをおすすめします。

サイズから決める

棺を選ぶ際には、まずは棺のサイズから決めましょう。
サイズによっては、棺のデザインや形状の選択肢が狭まる場合があります。
棺のサイズは、故人の身長よりも10-15cm程度大きめのものを選択します。

サイズが決まったら、選べる棺の中から「価格・材質・形状」などを総合的に判断して棺を決定します。
故人の好きだった色や模様などがあれば、それに近いものを選ぶのもよいでしょう。

葬儀全体の雰囲気を考えて選ぶ

棺の模様やデザインを選ぶ場合には、葬儀の祭壇や葬儀場の雰囲気を考慮に入れたうえで選ぶことをおすすめします。
特に花祭壇などを利用する場合は、棺の色やデザインもそれに合わせて選ぶのが通常です。
迷った場合は葬儀業者に相談して、ふさわしい素材やデザインについてアドバイスしてもらいましょう。

葬儀プランである程度決まっていることもある

比較的安価な葬儀プランでは、使用できる棺があらかじめ決まっていたり、選べる選択肢が狭かったりするケースがよくあります。
特定の棺を使用したいと考えている場合は、その棺が葬儀プランで使用できるのか事前にしっかりと確認しておきましょう。
なお、葬儀プランや業者によっては、追加料金を支払って棺の種類を変更できる場合があります。

棺は灰になることを忘れずに

棺の種類はさまざまであり、価格にも大きな幅があります。
故人のご遺体をなるべく立派な棺に納めたいと考える人が多く、費用との兼ね合いで迷うことも多いでしょう。

ただし、棺は火葬でご遺体と一緒に灰になるものであり、後には残りません。
また、葬儀で最も大切なのは故人への思いであり、棺が高級だからといって葬儀が素晴らしいものになるとは限りません。

葬儀プランや棺の種類は亡くなってから早い段階で決めなければならないことが多く、冷静な判断ができずに業者に勧められるまま高額なものを選んでしまいがちです。
棺は灰になることを忘れずに、高額なものが本当に必要なのかを熟慮したうえで、棺や葬儀プランを選択することをおすすめします。

まとめ

棺桶は葬儀に欠かせないものです。
ご遺体を棺に納める納棺の儀式は、ご遺族にとって大切な時間です。
また、火葬してもらうためにも納棺は必須です。

棺には材質・形状・装飾などによってさまざまな種類があり、費用も2万円程度から200万円以上のものまで大きな幅があります。
葬儀プランに含まれている場合もあるので、費用や選べる棺の種類を申し込む前によく確認しましょう。

種類の多さや価格帯の広さから、棺選びで迷ってしまう方も多いでしょう。
ご家族が亡くなられた際に冷静でいることは難しく、多くの選択肢の中から選ぶのは大変です。
事前にどういった種類の棺があるのか、費用はどれくらいなのかを把握したうえで、ある程度の方針を決めておくと、いざという時にスムーズに手続きを行うことができます。
また、宗教・宗派・地域などによって使用される棺の種類が異なるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

棺は故人が最後に休まれる場所です
故人を心穏やかに送り出すためにも、どういった棺を選ぶのか、どの程度の価格のものにするのかなどを、あらかじめ決めておくことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

葬儀の食事 精進落としの料理内容や平均金額はいくらくらい?

NO IMAGE

葬儀の枕飾りって何?枕飾り一式の費用の相場はいくらくらい?

NO IMAGE

通夜の日に葬儀場に宿泊することは可能なの?宿泊料金はどのくらいするの?

NO IMAGE

寝台車や霊柩車の費用はいくら?種類によって料金は違うの?

NO IMAGE

生前に遺影写真を作成する方法とは?費用はどのくらいかかるの?

NO IMAGE

葬儀の生花祭壇の費用の相場はいくら?種類によって価格は違うの?