葬儀の枕飾りって何?枕飾り一式の費用の相場はいくらくらい?

 

「枕飾り」は、ご遺体を安置しておく際に枕元に飾る供物台です。
日常生活では目にする機会がほとんどないものであり、枕飾りを行う理由やどういったものが飾られるのかについて、ご存知の方は少ないのではないでしょうか。

家族が亡くなった際には平常心を保つのが難しく、その状況の中で葬儀の準備を行うのはとても大変です。
枕飾りなどの葬儀に関わる知識を事前に備えておくことは、いざという時に準備をスムーズに行うためにとても重要です。

今回は、枕飾りが一体どういったものなのかといった基本的なことから、宗教別の枕飾りの様式、枕飾りの費用や設置方法まで、詳しくご紹介します。

test

枕飾りとは?

枕飾りは、ご遺体を自宅などに安置する場合に、通夜や葬儀までの間ご遺体の枕元に置く供物台のことをいいます。
枕飾りには、いくつかの意味があります。

・故人が旅立たれる際に必要なものをお供えする供物台
・弔問客が礼拝するための簡易的な祭壇
・枕飾りを終えた後の「枕勤め」に必要

枕飾りを終えた後に僧侶に読経を行ってもらうことで故人が成仏するという教えがあり、その読経を枕勤めといいます。
枕勤めは、「枕経(まくらぎょう・まくらきょう)」とも呼ばれます。
また、身体から離れて間もない魂は、食欲や睡眠欲などに対する執着が強く残っていると考えられており、その執着を解くために枕飾りや枕勤めが必要とされています。

関連記事になります。合わせてご覧ください。

「枕経」とは、ご遺体を安置した後に行う仏教の儀式のひとつです。 枕経は「枕勤め」とも呼ばれ、ご遺体を病院から搬送して自宅などに安置し、...

宗教・宗派によって枕飾りは異なる

枕飾りは、宗教や宗派によって内容が大きく異なります。
それぞれのご家庭の宗教や宗派に合わせたものを準備しましょう。

仏教の枕飾り

まずは仏教の一般的な枕飾りをご紹介します。
仏教では、白木の小台もしくは白い布を被せた小台に、以下のものを設置します。

・香炉:線香を1本立てて台の手前に置く
・花瓶:樒(しきみ)を1本挿して台の左奥に置き、水は入れない
・燭台:火のついたロウソクを立てる
・枕団子:皿などに白い紙を敷いた上に置く
・一膳飯:故人が使用していた茶碗にご飯を山盛りにして箸を立てる
・水:湯呑みもしくはコップに水を入れる
・鈴(りん):台の右手前に置き、故人を供養する際に鳴らす
・線香

花瓶

花瓶に挿す「樒(しきみ)」は仏事に用いられる花で、毒があるため悪いものを寄せ付けないといわれています。
なお、樒がない場合は菊や百合、水仙などを1本挿します。
水は入れず、枯れさせるのがしきたりです。

枕団子

枕団子は、うるち米の粉で作った団子です。
お供えする個数は6個が一般的ですが、地域によって異なります。
地域によって7個・10個・13個・49個など大きな差があり、故人の年齢の数だけお供えする場合もあります。
自宅に安置する場合はご遺族が準備するのが通常でしたが、近年では業者が枕団子を準備するケースもあります。

一膳飯

一膳飯は、この世に未練が残らないようにとの想いや、あの世への旅立ちの際のお弁当の意味があり、山盛りであるほど良いとされています。
故人が生前使っていたお茶碗を使用し、地域によっては出棺の際にそのお茶碗を割って処分します。
近年は葬儀業者が枕飾りの設置をすることがほとんどですが、一膳飯のご飯についてはご遺族が準備することが多いです。
大まかな目安としては、お茶碗にすりきり一杯程度の生米を炊くと、一膳飯の分量のご飯が炊き上がります。

なお、仏教でも宗派によって準備するものが異なります。
特に浄土真宗では亡くなられてすぐに成仏すると考えられており、枕団子・一膳飯・水などは飾りません。

枕屏風

枕飾りと同時に、枕屏風が置かれる場合もあります。
枕屏風は、故人の枕元に屏風を逆さまにして設置するため、「逆さ屏風」とも呼ばれます。

葬儀においては、日常とは逆のことを行う風習があり、「逆さごと」と呼ばれます。
ご遺体の装束を左前に着せたり、足袋を左右逆に履かせたりするのが逆さごとの代表例です。
逆さ屏風も、それに従って上下逆さまに置かれます。

ただし、屏風がある家庭が少なくなったこともあり、枕屏風の設置は省略されることが多くなりました。

test

神道の枕飾り

神道の枕飾りでは、神道の儀式で使う八足机と呼ばれる白木の台を使用します。
八足机の上に「三方(神事において使われる、神饌を載せるための木製の台)」をのせ、三方には水・洗米・塩・お神酒をのせてお供えします。
また、三方の両脇にロウソクを立てた燭台と榊(さかき)を生けた花瓶を置きます。

神道においては、常饌と呼ばれる食べ物をお供えする場合があり、故人の好物をお供えすることが推奨されています。
仏教では生臭いものをお供えしてはいけませんが、神道では肉や魚をお供えしても大丈夫です。

キリスト教の枕飾り

キリスト教には、枕飾りを設置する習慣はありません。
しかし日本では、十字架・聖書・白い花・燭台・パン・水といったものを準備して、仏教や神道と同じように枕飾りを行う場合もあります。

また、これらとともに聖油が配置される場合もあります。
聖油は、「病者の塗油(別名:終油の秘跡)」と呼ばれるキリスト教の儀式の際に、神父によって故人の顔に塗布されるものです。

枕飾りの費用はいくらくらい?

業者に依頼する場合

近年では、枕飾りの準備を業者に依頼するケースが多くなっています。
そしてほとんどの場合、枕飾りの費用は葬儀プランに含まれています。
ご遺体の搬送時に既に葬儀業者が決まっている場合は、病院からのご遺体の搬送や枕飾りの設置も葬儀業者が行ってくれます。

枕飾りの費用は業者によって異なり、「1万円から3万円程度」が一般的な目安です。
また、宗教や宗派、物品のグレードなどによっても価格は変化します。

業者の中には、葬儀プランの申し込みを行うと枕飾りをサービスとして無料で行ってくれるところもあります。
そのため、葬儀を行う業者を早めに決めておき、ご遺体の搬送・安置・枕飾りの設置から葬儀までひとつの業者で行ってもらうと、別々の業者に依頼するよりも割安になるケースがあります。

また、業者によって枕飾りの設置のみを行うところから、お供え物を準備してくれるところまでサービス内容はさまざまです。
葬儀業者を選ぶ際には、枕飾りについてどこまでやってくれるのか、自分で準備するものはあるのかなど、事前に詳細をよく確認しましょう。

自分で枕飾りを準備する場合

枕飾りの準備を業者が行うことが増えましたが、香炉などが自宅にある場合は、自分で準備すると費用を抑えることができます。

枕飾りの物品を新たに購入する場合は、物品のグレードによって費用が大きく変化します。
また、宗教によっても費用は変わります。
神道などに比べて仏教は準備するものが多く、仏具の価格も高めです。

病院や施設にはご遺体を長く置いておけず、早急に自宅などに搬送するよう要求されます。
そのため、亡くなった後に枕飾りを店舗などで購入するのは、時間的に困難な場合が多いでしょう。
また、事前に購入しておく場合でも、今後使用する可能性があるのかなどを考慮する必要があります。

購入する時間・手間・費用などを総合的に判断して、自分で枕飾りを準備するか業者に頼むかを決めるようにしましょう。

枕飾りの配置方法

枕飾りを行うタイミングや配置方法などをご紹介します。

枕飾りはいつ行う?

枕飾りは、自宅などにご遺体を安置した際に設置します。
近年ではご遺族が枕飾りを準備することが減り、葬儀業者が行うケースが多くなっています。

葬儀を依頼する業者が決まっている場合は、その業者がご遺体の搬送から安置、枕飾りの準備まですべて行うのが通常です。
枕飾りの料金も、葬儀プランに含まれていることがほとんどです。

また、葬儀業者が決まっておらず、ご遺体の搬送だけを業者に依頼した場合でも、大抵の業者は枕飾りのセットを持参しており、安置の際にオプションで枕飾りの設置を行ってくれます。
その際の費用は業者によって異なり、1-3万円程度が目安です。

枕飾りはいつまで置いておく?

枕飾りは、通夜や葬儀が始まるまでの臨時の祭壇であり、その後は必要ありません。
一膳飯や枕団子などは多くの場合、出棺前の最後のお別れの際に死出の旅のお弁当として棺に納められます。

枕飾りはどこに置く?

ご遺体は仏間あるいは座敷に安置され、故人の頭を北に向けます。
北枕で安置するのは釈迦の涅槃の姿に由来するものですが、西方浄土に向けて安置するという考えから西枕でもよいとされています。

枕飾りは、その名の通り安置したご遺体の枕元に置かれるのが通常です。
ただし、枕元に置くのが必須というわけではなく、部屋のつくりに応じてご遺体の右横や、場合によっては足元に置かれることもあります。

業者に依頼する場合に準備するものは?

枕飾りの設置を業者に依頼した場合は、仏教の線香・香炉・鈴、神道の三方・八足机などの物品は葬儀プランに含まれており、業者が準備してくれます。
そのため、業者に依頼する場合は事前に準備するものはほぼありません。

仏教の一膳飯や枕団子、神道のお酒・洗米・塩などはご遺族が準備することが多いですが、枕団子なども業者が用意してくれるケースがあります。
葬儀業者によって対応が異なるため、依頼する際には自分で用意する必要があるものを聞いておくとよいでしょう。

枕飾りに関する風習

枕飾りに関する風習や作法をご紹介します。
ただし、近年では行われない場合もあり、安全面などを考慮して柔軟に運用されているのが実情です。

枕飾りの火は絶やさない

枕飾りのロウソクや線香の火は、絶やさないようにするのが一般的です。
これは、灯りをともして故人の魂が迷わないようにする意味や、香をたくことでその場を清浄にするという意味があります。
古くは虫除けや消臭という実用的な意味もありました。
線香の灯りが複数あると故人の魂が迷ってしまうといわれているため、線香は1本だけにします。

火がついている間は喪主以外のご遺族が交代で火をみる習慣がありましたが、近年では長時間もつロウソクや線香があり、負担が軽減されています。
また、地震などの災害時への備えもあり、火を消して睡眠をとることが推奨される場合もあります。

なお、火が消えてしまっても、再度点火すれば問題ありません。
火が消えてしまうと悪いことが起こるという伝承もないので心配しないようにしましょう。

神棚封じを行う

神棚封じとは、ご家族が亡くなった際に、家庭内の神社ともいえる神棚を死から遠ざけるために行うものです。
特にご遺体を神棚のある部屋に安置して枕飾りを行う場合は、作法として神棚を閉じておく必要があります。
なお、ご遺体を神棚のある部屋以外に安置する場合でも、神棚封じは行われます。

神棚封じを行う際には、神棚の扉を閉めて半紙などの白い紙を貼ります。
封印は故人と関わりの深い人は行うべきではないとされていますが、近年はご遺族が行うケースも多いようです。
葬儀業者に依頼すれば、多くの場合神棚封じも行ってくれます。

お茶碗を割って処分する

枕飾りは、ご遺体が葬儀会場に搬送されるまでの臨時の祭壇です。
一膳飯や枕団子は多くの場合、出棺前の最後のお別れの際に棺に入れられます。

地域によってはその際に、一膳飯に使用していた故人のお茶碗を割って処分する場合があります。
これは、故人が愛用していたお茶碗が残っていると、魂が成仏できないかもしれないという理由によるものです。
現在はお茶碗を割って処分するにしろ、お別れの際に割るのは一般的ではありません。

火葬場に向かう際に霊柩車はクラクションを鳴らしますが、これはお茶碗を割る音の代わりとしての意味もあります。

枕飾りについて事前に確認しておく

枕飾りには、宗教・宗派などによって大きな違いがあります。
また、枕飾りはご遺体を安置する際に設置するため、早い段階で必要になります。

ご家族が亡くなった直後は平常心ではいられず、準備することが多いためとても忙しくなります。
故人の宗教・宗派ではどういった枕飾りを行うのかを事前に確認しておくと、いざというときに慌てずに済みます。
万が一に備えて、懇意にしている宗教施設の方や葬儀業者に相談しておくことをおすすめします。

まとめ

枕飾りは、安置したご遺体の枕元に置く供物台です。
弔問客のための祭壇などの意味があり、自宅などに安置した際に必要になります。

枕飾りの費用は、ほとんどの場合葬儀プランに含まれています。
また、ご遺体の搬送だけを業者に依頼した場合でも、多くの場合オプションで枕飾りを行ってくれます。

枕飾りにかかる費用は業者やサービスなどによって異なり、1万円から3万円程度と幅があります。
葬儀業者の中には葬儀プランに申し込むと枕飾りを無料で行ってくれるところもあり、ご遺体の搬送や安置からひとつの業者に任せれば割安になる場合があります。

枕飾りは宗教・宗派などによって違いがあります。
ご家族が亡くなった際は非常に忙しくなるため、事前にどういった枕飾りをするのか確認しておくことが大切です。
亡くなったご家族を静かに送り出すためにも、どういった枕飾りを行うのか、枕飾りを葬儀業者に依頼するのかなどを、あらかじめ決めておくことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

葬儀で使う棺桶の値段の相場はいくら?サイズや種類はどういうのがあるの?

NO IMAGE

枕経のお布施の相場はいくら?他に費用はかかるの?

NO IMAGE

ご遺体の安置場所はどこにすべき?期間は?料金はどのくらいかかるの?

NO IMAGE

葬儀の食事 精進落としの料理内容や平均金額はいくらくらい?

NO IMAGE

葬儀のご遺体用のドライアイス代の相場はいくら?どのくらいもつものなの?

NO IMAGE

通夜の日に葬儀場に宿泊することは可能なの?宿泊料金はどのくらいするの?