寝台車や霊柩車の費用はいくら?種類によって料金は違うの?

近年、病院や施設で亡くなる方が増えています。
病院などで亡くなった場合は、自宅もしくは遺体を安置できる葬儀場などに遺体を速やかに移動させなければなりません。

遺体を運ぶ際に主に利用されるのは「寝台車」と呼ばれる車です。
遺体を運ぶ車といえば霊柩車が知られていますが、病院などから搬送する場合は、寝台車が利用されます。

「寝台車と霊柩車の違いは何?」
「寝台車と霊柩車の費用はどれくらいかかるの?」
「なるべく費用を安くする方法は?」

今回は、こうした遺体の搬送に関する疑問について、詳しく解説していきます。

test

寝台車とは?

まずは、寝台車についてご説明します。
遺体を運ぶ車といえば霊柩車が知られており、寝台車は耳慣れない言葉かもしれません。

寝台車は、遺体を病院などから自宅、自宅から葬儀会場へと運ぶ際に主に使用される車です。
「バン型霊柩車」や「搬送車」とも呼ばれます。
多くの場合、後部座席が撤去されたバン型の車両が使われます。
病院では納棺しないのが通常であり、担架などに乗せた状態の遺体を運べるよう出し入れ可能なストレッチャーが設置されています。

霊柩車とは?

寝台車が病院などからの遺体の搬送に主に利用されるのに対して、霊柩車は遺体が納められた棺を火葬場まで運ぶ際に用いられる車のことをいいます。

以前は「宮型霊柩車」と呼ばれる豪華な宗教的装飾を施した車両が利用されていました。
しかし、目立ちすぎることや葬儀に対する考え方の変化から、宮型タイプの利用は減少しています。

近年は、「洋型霊柩車」と呼ばれるステーションワゴンや高級乗用車を改造した車両が増えているほか、火葬場への棺の搬送に関しても寝台車が用いられるケースが増えています。
また、大型バスやマイクロバスを改造した「バス型霊柩車」もあり、北海道などで主流になっています。

寝台車は葬儀業者が所有しているケースがほとんどですが、霊柩車を所有していない葬儀業者もあります。
そうした葬儀業者は、霊柩車での火葬場への搬送を行う専門業者を利用しています。

寝台車と霊柩車

霊柩車は棺を火葬場に運搬するための車両であり、寝台車は火葬場への運搬以外の遺体の搬送に主に用いられる車両です。

ただし、寝台車が火葬場への運搬に使えないというわけではありません。
霊柩車に比べて寝台車は料金が低く設定されており、比較的定額な葬儀プランでは火葬場への運搬にも寝台車を利用する場合があります。

法令上は寝台車と霊柩車の区別はない

寝台車と霊柩車は用途や外見の違いで別のものとして扱われていますが、法令上の区別はありません。
法令上はどちらも遺体を運搬する「霊きゅう自動車」であり、寝台車は「バン型霊柩車」とも呼ばれています。

寝台車と霊柩車に法令上の区別はなく、葬儀業界や世間一般的に名称が使い分けられているだけです。
そのため、寝台車を火葬場への搬送に利用しても何も問題はありません。

寝台車と霊柩車は緑ナンバー

遺体は法令で「貨物」とされています。
霊柩車や寝台車を使用する霊柩運送業は、「一般貨物自動車運送事業(霊柩限定)」の許可を得なければ営業できません。
そのため、寝台車や霊柩車には緑色の8ナンバーがついています。

あまりよくない葬儀業者の中には、白ナンバーの車両で遺体を運んでいる業者もあります。
白ナンバーで遺体を運ぶこと自体は違法ではありませんが、業者が白ナンバーの車で搬送して料金を請求するのは違法行為です。
業者を利用する際はナンバーをチェックして、緑ナンバーの車両を使用しているか確認しましょう。

test

寝台車と霊柩車の料金システム

寝台車や霊柩車の料金は、国土交通省に届出をして適正と認められたものが適用されています。
料金は国土交通省の指導の下で明確に基準が定められており、料金の自由な変更や無料での遺体の搬送はできません。
そのため、同じタイプの霊柩車や寝台車を利用すれば、業者や地域間で料金にそれほど大きな差はありません。

料金システムの基本は「基本料金+走行距離料金+諸費用」

料金システムは、基本料金に走行距離による料金が加算される仕組みになっています。
タクシーの利用料金と同じようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。

基本料金は寝台車と霊柩車のタイプや大きさによって異なり、豪華な宮型霊柩車や高級車は基本料金が高く、バン型の寝台車は安めです。
走行距離料金は、10kmごとに料金が加算されるシステムです。

走行距離に基づく料金は、「葬儀業者の車庫」から計測が開始され、遺体の受取先を経由して遺体の搬送先までの距離で計算されます。
遺体搬送後に車庫に戻るまでの料金は加算されません。
そのため、遺体の受取先から離れた距離にある業者に依頼すると、料金が高めになります。

なお、実際に遺体の搬送を行う場合には、「基本料金+走行距離料金」に加えて、遺体の搬送に使うシートや布団代、遺体が傷まないためのドライアイスの費用などの諸費用がかかります。
移動先が高層マンションであったりエレベーターがなかったりして搬送に手間がかかる場合には、その分料金が加算されます。

また、一箇所で待機している時間が30分以上あると「車両留置料」と呼ばれる待機料金がかかります。
さらに、午後10時から午前5時までの夜間は「夜間作業料」が加算されます。

費用が葬儀プランに含まれているかチェック

寝台車や霊柩車の料金は、多くの場合葬儀プランの中に含まれています
しかし、中には別途請求される場合もあります。

葬儀社に依頼する前には料金の明細を確認することが重要ですが、寝台車や霊柩車の料金が含まれているのかについてもしっかりとチェックしましょう

寝台車の費用

寝台車の料金システムは明確に決められており、業者や地域によって差はあるものの、そこまで大きな金額差はありません。

寝台車の基本料金は10kmまでの場合、昼間で15,000-16,000円程度、夜間で19,000円程度です。
そこに諸費用などが加算され、40,000円程度になるのが一般的です。
病院などから離れている業者を利用した場合や搬送距離が長い場合などは、料金が高めになります。

搬送先の状況や時間帯にも左右されますが、大まかな目安としては、同じ距離のタクシー料金の10倍程度といわれています。

霊柩車の費用

霊柩車の料金システムの基本は、寝台車と変わりません。
ただし、寝台車と比べて車両が豪華であり、料金は高めです。
霊柩車と寝台車の間には基本料金に数万円の差があり、距離による加算料金も寝台車よりも高額です。

葬儀プランに設定されている霊柩車のタイプを豪華なものに変更すると、割増料金がかかる場合があります。
また、葬儀プランに定められている走行距離を超えた場合にも料金が追加されます。

葬儀費用を抑えたい場合は、霊柩車の車種の選定にも気を配りましょう。
車種や距離によって料金が大幅に変わってくるため、相場については一概にはいえません。
参考までに大まかな価格例を挙げると、10kmまでの基本料金で、

・バン型の寝台車:15,000円
・普通車型の寝台車:23,000円
・宮型霊柩車:40,000円から70,000円
・洋型霊柩車:25,000円から70,000円

といった価格が提示されています。
実際に利用する場合には、これらに走行距離による料金や諸費用が加算されます。
葬儀プランを決定する際には、霊柩車の車種や料金をよく確認しましょう。

自分で遺体を運ぶ場合

遺体の搬送は業者に依頼するのが通常ですが、家族が自家用車で運ぶことが禁止されているわけではありません。
業者が白ナンバーの車で搬送して料金を請求すれば違法ですが、家族が運ぶ場合の法律上の規制はありません。

ただし、自分で搬送する場合は、医師の「死亡診断書の原本」を必ず携帯する必要があります。
警察の職務質問などを受けた際に、事件性がないことを証明する必要があるためです。

病院では納棺されないのが通常であり、尿や血液といった体液が遺体からでてくる場合があります。
そのため、遺体を包むシートや布団が必須です。
また、細菌感染などのリスクがあるため、手袋の着用などの十分な注意が必要です。
さらに、業者は遺体が傷むのを防ぐためのドライアイスなどを使用してくれますが、個人の搬送ではそうした処理は困難です。

自家用車で遺体を運ぶことも可能ではありますが、デメリットが多く、業者に依頼するのが安心です。

なお、車が汚れるからといって、レンタカーで遺体を運んではいけません。
非常識ですし、臭いや体液による汚れがつくとレンタカー会社から苦情がくる場合があります。
自分で搬送する場合には、必ず自分が所有している車を使用しましょう。

なるべく費用を抑えるためには?

遺体の搬送に関する費用を抑えるためのポイントをいくつかご紹介します。

基本料金が安い車種を選ぶ

寝台車や霊柩車は、車種によって料金が大きく異なります。
豪華な宮型タイプや高級車を使った洋型タイプは、料金が高額です。
費用を抑えるためには、比較的価格が安めの車種を選ぶことが重要です。

火葬場への搬送は霊柩車が使用されることが多いですが、寝台車で行っても問題なく、寝台車を火葬場への搬送に使用する葬儀プランも増えています。

距離が近い業者を利用する

寝台車や霊柩車の料金は、「業者の車庫から」の距離で計算されています。
そのため、病院や自宅などから離れた場所に車庫がある業者を利用すると、その分料金が高くなります。
葬儀プランに組み込まれている場合には業者の変更は難しいですが、葬儀業者が決まっていない状態で病院から遺体を搬送する場合などには、距離が近い業者を選ぶのがおすすめです。

また、自宅から離れた場所で亡くなってしまうケースもあります。
寝台車の利用料金は業者の車庫からの距離で計算されるため、自宅付近の業者に依頼すると遠隔地までの往路の料金も加算されてしまい、料金が高額になります。

遠隔地に遺体がある場合は、遺体の近くの業者を利用しましょう。
遺体搬送後に車庫まで戻る復路の距離に関しては、料金には加算されません。

遺体が遠くにある場合は寝台車以外の利用を検討

寝台車は距離によって利用料金が加算されるため、遺体が自宅から非常に遠い場所にあると費用が高額になります。
飛行機による輸送の方が安くなるケースもあるので、場合によっては陸路以外の輸送方法も検討しましょう。

また、亡くなった地域で火葬を行うのもひとつの選択肢です。
火葬した後に葬儀を行う形式を「骨葬」と呼びます。
骨葬は東北や九州などの一部地域で一般的なほか、規模が大きく準備に時間がかかる葬儀でも骨葬が行われる場合があります。
骨壷であれば新幹線や自家用車などでの輸送が可能で、費用を大きく抑えることができます。

病院や警察で紹介される葬儀業者は値段が高め

遺体の搬送は葬儀を行う業者に依頼するのが一般的ですが、病院などからの遺体の搬送だけを別の会社に依頼することもできます。

病院や警察には遺体を長く置いておけず、自宅などに早めに搬送する必要があります。
葬儀を行う業者が決まっているケースでは、病院や警察などからの搬送もその葬儀業者が行ってくれます。

葬儀業者が決まっていないと、病院が提携している業者を紹介される場合がありますが、断っても問題ありません。
病院や警察で紹介される業者は割高であることが多く、亡くなった直後は冷静な判断が難しいため、葬儀まで依頼してしまうと費用が高額になりかねません。
紹介された業者を断って別の業者に葬儀まで依頼してもいいですし、自宅などへの搬送だけを依頼して、葬儀は別の葬儀業者で行うこともできます。

費用を抑えたい場合は、病院などで紹介された業者をそのまま利用するのではなく、しっかりと別業者と料金を比較したうえで選ぶようにしましょう。

事前に葬儀社を決めておく

病院からの搬送を別会社に依頼することもできますが、搬送と葬儀を別々の業者に依頼すると、費用はどうしても割高になります。
そのため、亡くなる前に葬儀業者を決めておき、病院からの搬送もその業者に任せることができれば理想的です。
事前に葬儀業者を決めておけば、亡くなった際に連絡するだけで、病院からの搬送をスムーズに行ってくれます。
状況によっては難しい場合もありますが、可能であれば葬儀業者をあらかじめ決めておくと費用を抑えることができます。

まとめ

霊柩車は遺体が納められた棺を火葬場に運ぶための車であり、寝台車は火葬場への運搬以外の運送に主に用いられている車です。
ただし、法令上の違いはなく、寝台車を火葬場への運搬に利用することも可能です。

霊柩車と寝台車の料金は、車種や走行距離で決まります。
そのため、基本料金の安い車種や病院などから近い業者を選ぶと費用を抑えることができます。
霊柩車と寝台車の料金は一定の基準に基づいて決定されているため、基本的には業者や地域間で大きな差はありません。

遺体の搬送は亡くなってから早めに行う必要があります。
いざというときに慌てないためにも、また費用をなるべく抑えるためにも、利用できる近隣の葬儀業者について事前に調べておくことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

葬儀のご遺体用のドライアイス代の相場はいくら?どのくらいもつものなの?

NO IMAGE

ご遺体の安置場所はどこにすべき?期間は?料金はどのくらいかかるの?

NO IMAGE

通夜の食事 通夜振る舞いの料理内容や平均金額はいくらくらい?

NO IMAGE

葬儀の枕飾りって何?枕飾り一式の費用の相場はいくらくらい?

NO IMAGE

葬儀で使う棺桶の値段の相場はいくら?サイズや種類はどういうのがあるの?

NO IMAGE

葬儀の食事 精進落としの料理内容や平均金額はいくらくらい?