親が危篤状態になったらしておくべきことは何?

 

家族が危篤状態にあるという連絡を受けた場合に、冷静でいるのは難しいものです。
高齢で施設に入所していた場合や、病気で入院していた場合もあれば、突然の事故で危篤状態に陥るケースもあるでしょう。
場合によって状況は異なりますが、家族の危篤に直面する機会は人生でそうあるものではなく、気が動転したりパニックになったりするのは自然なことです。

しかし、危篤状態はいつ死が訪れてもおかしくない状態です。
ショックで何もできず親族への連絡が遅れてしまっては、親族が臨終に立ち会えなくなる恐れもあります。
大切な家族の危篤はつらいことですが、家族として迅速に行わなければならないことが多くあります。

今回は、家族が危篤状態に陥った場合に行うべきことや、その際の注意点について解説します。

test

危篤とはどういう状況のこと?

危篤に対して正しく対応するために、まずは危篤がどういった状態なのか把握しておきましょう。

危篤とは、容態が悪化していつ亡くなってもおかしくない状態のことをいいます。
ごく稀に危篤状態から回復する場合もありますが、基本的には回復の見込みがない状態で危篤の連絡が行われます。

なお、危篤状態は昏睡状態とは必ずしも一致しません。
危篤状態であっても意識がある場合や、一時的に意識を取り戻す場合があります。

危篤状態がどの程度続くかは場合によって異なり、医師も正確な予測はできません。
数時間で亡くなってしまう場合もあれば、1週間以上危篤状態が続くことも珍しくありません。
特に若い人の場合は生命力が強いため、危篤状態が長く続くケースがよくみられます。

危篤状態がいつまで続くかは誰にもわからず、すぐに亡くなってしまう場合もあるため、危篤の連絡を受けた場合は速やかに駆けつけることが大切です。
また、危篤状態が長く続く可能性があることを頭に入れて、付き添う場合は病院に泊り込むための準備をする必要があります。

冷静さを保つことが何より重要

非常に難しいことですが、家族の危篤の連絡を受けた際には、パニックを起こさずできるだけ冷静さを保つことが重要です。

危篤時には、生命維持の方法などについて医師から決断を迫られるケースがあり、後悔しない判断を行うためには冷静さを保つ必要があります。
また、慌てていると駆けつける際の交通事故などのリスクが高まるほか、親族への連絡漏れなども起こりやすくなります。

家族の危篤時には、できるだけ慌てずに冷静さを保ち、すべきことをひとつひとつ着実に行っていくことが大切です。

危篤状態の連絡を受けたらすべきこと

家族の危篤の連絡を受けた際に行う必要があることと、その際の注意点をご紹介します。

親族や親しい友人に連絡する

危篤の連絡を受けたら、まずは家族や親族などに連絡します。
また、危篤者と特に親しい友人がいれば、親族以外でも連絡する場合があります。

危篤の連絡は3親等までが基本とされていますが、必ずしも全員に連絡する必要はありません。
危篤の際に優先して連絡するのは「最期に立ち会ってほしい人」です。
危篤者との関係性を考慮して、連絡すべきか否かを判断しましょう。

3親等までの親族は、以下の通りです。

1親等父母・義父母・子供・子供の配偶者
2親等兄弟姉妹とその配偶者・配偶者の兄弟姉妹・祖父母・義祖父母・孫・孫の配偶者
3親等「おい・めい」とその配偶者・「おじ・おば」とその配偶者・曽祖父母・ひ孫とその配偶者

なお、病院に駆けつける人数があまりに多いと、病院やほかの患者に迷惑がかかります。
危篤時に病院に来てもらう人数は、できる限り少なくすることをおすすめします。

家族葬を行う場合は連絡範囲に注意

亡くなる前に不謹慎と思われるかもしれませんが、危篤の連絡をする前にどういった形式で葬儀を行うのか方針を確認しておくことが大切です。

参列者を限定した家族葬で葬儀を行いたい場合には、葬儀の参列者以外に危篤や訃報の連絡をせず、葬儀後に知らせるのが通常です。
葬儀の方針を確認せずに多くの人に連絡してしまうと、参列者の人数を制限した家族葬が行いにくくなる場合があります。

急な病気や事故で危篤状態になった場合は難しいですが、高齢者や重い病気で入院している場合は、葬儀の方針や危篤時の連絡範囲をあらかじめ決めておくと連絡がスムーズに行えます。

連絡手段は電話が中心

危篤を伝える際の連絡手段は電話が一般的です。
危篤の連絡は急を要するものであり、メールやFAXなどではいつ読まれるかわかりません。

相手との関係性にもよりますが、基本的に危篤の連絡は深夜や早朝でも問題ありません。
危篤状態はいつ亡くなってもおかしくない状態であり、なるべく早く連絡することが大切です。
深夜や早朝に連絡する際には、「こんな時間にご連絡して申し訳ありません」とお詫びの言葉を添えたうえで、用件を手短に伝えましょう。

また、勤務中などで携帯電話がつながらない場合は、勤務先に連絡して呼び出してもらいましょう。

必要事項を手短に伝える

危篤の連絡は素早く行う必要があるため、内容は手短に伝えましょう。
まずは、「誰が危篤状態なのか」と「電話している自分は危篤者とどういう関係にあるのか」を伝えます。
そして、病院に来てもらいたい場合は、その場所と連絡先、来てもらいたい時間を明確に伝えましょう。

連絡相手の状況に配慮する

危篤の連絡をする際には、連絡を受ける人の状況にも配慮することが大切です。
関係が近い親族であっても、病気の療養中であったり妊娠中であったりした場合は、相手の体調を考慮して連絡を控えた方がいい場合があります。
また、伝える相手が高齢者の場合も注意が必要です。

危篤の連絡をするか否かは、周囲とも相談のうえで、相手の状況に配慮して決めましょう。

遠方に住んでいる人に連絡する場合も配慮が必要

遠方に住んでいる親族などに連絡する場合も、特に注意が必要です。
遠方から来てもらうと時間がかかるほか、交通費や宿泊費も必要です。
危篤状態がどれくらい続くかは場合によって異なるため、最期に立ち会ってもらおうとすると負担が大きくなる場合があります。

遠方の親族に連絡する場合には、危篤者の容態や相手の状況をよく考慮して、すぐに来てもらうのか待機してもらうのかを慎重に判断しましょう。

test

病院に駆けつける

危篤はいつ亡くなってもおかしくない状態であり、できる限り速やかに病院に駆けつける必要があります。
ただし、慌てた結果事故などが起こることのないよう注意する必要があります。

危篤状態がどれだけ続くかは場合によって大きく異なり、思いのほか長くなるケースもよくあります。
一度病院に駆けつけるとその場を離れることが難しくなるため、病院に泊り込むことができるよう準備をしてから向かうことをおすすめします。

病院に駆けつけてから親族への連絡を行う場合は、連絡先のリストなども忘れずに持参しましょう。

勤務先や学校に連絡する

親族への連絡が済んで病院に駆けつけたら、勤務先や学校にも連絡して、家族が危篤状態であることを伝えます。
危篤は、慶弔休暇の対象となる親族の死亡には該当していないため、会社に連絡する場合は総務などではなく直属の上司に連絡して休暇の許可を得ましょう。

危篤状態の期間は場合によって大きく異なり、数週間以上続く場合もあります。
危篤者にずっと付き添う場合、その間は会社や学校を休むことになります。
仕事への影響を考慮すると、勤務先に状況をしっかりと伝えておくことはとても重要です。
数日以上会社を休む場合には、定期的に状況を連絡しましょう。

ある程度の現金を準備しておく

病院に駆けつけたあとに容態が安定して、病院を離れることができるのであれば、臨終後に備えてある程度の現金を準備しておきましょう。
臨終後に必要になるお金には、病院への支払いや葬儀費用、病院への交通費などがあり、駆けつけた人の飲食費や宿泊費を負担するケースもあります。

金融機関は名義人が死亡したことがわかると、口座からお金を引き出せないように凍結してしまいます。
入院費や葬儀費用を本人の口座のお金を使って支払う予定の場合には、凍結される前に金融機関から引き出して準備しておきましょう。
ただし、そうした場合は、後でトラブルにならないよう家族の了解を得たうえで行い、使った費用の領収書はしっかりと保管しておく必要があります。

菩提寺などの宗教施設や葬儀業者の連絡先を確認

危篤は基本的に回復の見込みがない状態です。
臨終後のことを考えて、菩提寺や懇意にしている宗教施設があればその連絡先を確認しておきましょう。
実際に連絡するのは臨終後で構いませんが、菩提寺が遠方にある場合などは早めに連絡しておくとスムーズに対応してくれます。

なお、キリスト教では息のあるうちに儀式を行うため、危篤状態になったらすぐに教会に連絡する必要があります。

また、葬儀業者に事前相談をしていた場合は、臨終後に速やかに連絡をとれるよう電話番号を確認しておきましょう。

危篤状態が長くなる場合は?

危篤状態がどれくらい続くのかは場合によって大きく異なり、数週間以上続く場合もあります。

体調に十分に注意する

危篤者に付き添って病院に泊り込むのは、肉体的にも精神的にも負担が大きく、体調を崩しがちです。
危篤者が亡くなった場合は葬儀の準備などでさらに忙しくなるため、体調には十分注意する必要があります。
危篤状態が長く続く場合は、身体を壊さないよう睡眠や食事に特に気を配りましょう。

親族と協力して交代での付き添いを検討する

危篤状態が続いている間、家族全員がずっと病院に詰めていると、全員が一斉に疲労してしまいます。
臨終に立ち会いたいという気持ちもあるでしょうが、体調を崩してしまってはいけません。
危篤状態が長引く場合には、家族や親族でよく相談して、交代で付き添いを行うことも検討すべきです。

時間の余裕があれば葬儀業者を検討しておく

臨終後は、非常に忙しくなります。
病院にはご遺体を長く置いておけず、速やかに自宅などに搬送することを求められます。
ご遺体の搬送は、葬儀業者などに依頼する必要があります。

そのため、危篤状態が続いて時間的な余裕がある場合は、利用する葬儀業者を事前に検討しておくと臨終後の手続きがスムーズに行えます。
ただし、亡くなる前に葬儀の資料を取り寄せたり見積もりを依頼したりすると、「縁起でもない」と家族や親族が問題視する場合があります。

ほかの家族や親族に知られないように葬儀業者を検討したい場合は、その旨を葬儀業者に明確に伝えましょう。
ほとんどの葬儀業者は、そうした希望にしっかりと対応してくれます。
資料請求をした場合は葬儀業者とわからない封筒で資料を送付してくれますし、電話連絡の場合は別の社名で連絡してもらうことも可能です。
また、業者によっては家族に知られない場所での相談に応じてくれる場合もあります。

臨終前に葬儀業者を検討する場合は、家族や親族の心情にも配慮して準備を進めるようにしましょう。

まとめ

危篤状態は、容態が悪化して死の直前にある状態です。
数時間程度で亡くなってしまう場合もあるため、危篤の連絡を受けたら素早く対応する必要があります。

危篤の連絡を受けたら、まずは親族などの身近な人に連絡します。
ただし、家族葬を行いたい場合は、連絡する範囲に注意する必要があります。

危篤の連絡を受けたら速やかに病院に駆けつけることが重要ですが、危篤状態が長く続く場合もあるため、病院に泊り込む準備をしてから向かうことをおすすめします。

また、危篤者に付き添うと会社を休むことになるため、勤務先にも状況をしっかりと伝えておきましょう。

危篤状態がどれくらい続くのかは場合によって大きく異なり、数週間以上続く場合もあります。
長引く場合は、体調を崩さないよう十分に注意しましょう。
家族や親族と協力して、交代で付き添いをするのもひとつの手です。

臨終後は非常に忙しくなるため、時間の余裕があれば葬儀業者を事前に検討しておくことをおすすめします。
その際は、ほかの家族に知られないよう葬儀業者に配慮してもらうことも可能です。

家族の危篤の連絡を受けた場合に冷静さを保つのは難しいですが、
事故や連絡ミスなどを防ぐためにできる限り落ち着くことが重要です。
今回の記事を参考に、すべきことをひとつずつ着実に実行することをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

親が危篤状態だけど仕事を休むことはできるの?有休がない場合は?

NO IMAGE

親が危篤状態になったら葬儀の準備はどうしたらいいの?