小さなお葬式で海洋散骨はできる?費用はどのくらいかかるの?

 

海洋散骨は、遺骨を海に撒く葬送方法です。
遺骨はお墓に納める場合が多いですが、従来の宗教やしきたりにこだわらず「自然に帰りたい」と考える人が近年増えており、海洋散骨も一般的になってきています。
また、海洋散骨を行えば、埋葬やお墓の維持にかかる費用や遺族の負担を軽減することができます。

葬儀業者の仲介サービスを行っている「小さなお葬式」は、海洋散骨にも対応しています。
小さなお葬式は、さまざまな納骨方法に対応した「OHAKO(おはこ)」というサービスを提供しており、OHAKOを利用すれば海洋散骨を安価で依頼することができます。

今回は、海洋散骨についての基本情報から、小さなお葬式に海洋散骨を依頼した場合の費用や手続きの流れ、海洋散骨のメリット・デメリットなどについて、詳しく解説します。

小さなお葬式の海洋散骨を見てみるならこちら

test

海洋散骨とは?

散骨は、ご遺体を火葬した後の遺骨を粉末状にして、海・空・山などにそのまま撒く葬送方法をいいます。
海洋散骨の場合は、海に遺骨を撒きます。

現在も遺骨はお墓に納める場合が多いですが、近年は葬儀や埋葬方法に対する考え方が多様化しており、海洋散骨も一般的な葬送方法になりつつあります。
海洋散骨は、日本や世界の多くの著名人や有名人の葬儀でも行われている葬送方法です。

海洋散骨は業者に依頼するのが一般的

現在の日本には、散骨自体を禁止する法律がありません。
そのため、個人で散骨を行っても、方法が適切であれば罪に問われることはありません。
法務省も散骨について、「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り、問題ない」とする公式見解を発表しています。

しかし、散骨を行う場所や方法によっては、法律に抵触する場合や周囲とトラブルになる場合があります。
例えば、散骨を行う際には2ミリ以下の粉末状に砕き、遺骨だと分からないようにする必要があります。
そうしないと、刑法第190条の遺骨の遺棄に該当してしまい、罪に問われる場合があります。

また、遺骨を公共の場で撒くことに強い抵抗を感じる人も多くいます。
そのため、安易に散骨を行うと民事訴訟を起こされる恐れがあるほか、自治体によっては散骨を条例で禁止しているところもあります。

散骨は個人で行うことも可能ですが、トラブルを避けるために業者に頼むのが一般的です。
業者は単に海に撒くだけでなく、献花・献酒・献水などのセレモニーも行ってくれます。

海洋散骨のタイプ

業者に依頼する場合の散骨方法は、いくつかのタイプに分けられます。

個別散骨

個別散骨は、遺族のみで船を貸し切って散骨する方法です。
乗船するのが遺族のみのため、落ち着いて散骨の儀式を行うことができます。
しかし、船の費用を一家族で負担する必要があるため、他の方法に比べて高額です。
個別散骨の費用は、20万円から30万円程度が相場です。

合同散骨

合同散骨は、一艘の船を複数の家族が共同で利用して散骨を行う方法です。
船の費用を複数の家族で分担できるため、個別散骨よりも費用が安く済みます。
ただし、他の家族と合同で行う関係上、乗船できる人数や日程が制限される場合があります。
合同散骨の費用は、10万円程度が一般的です。

委託散骨

委託散骨は、遺族が乗船せず業者に散骨を委託する方法です。
遺族が自ら散骨することはできませんが、費用を安く抑えることができます。
散骨が行われたことを証明するために、証明書や散骨時の写真が後日遺族に届けられるのが一般的です。
委託散骨の費用は、5万円程度が相場です。

なお、小さなお葬式に海洋散骨を依頼する場合、行われるのはこの委託散骨です。
小さなお葬式は、個別散骨や合同散骨には対応していません。

test

海洋散骨を希望するのはどんな人?

海洋散骨は、以下のような人に選ばれています。

・お墓の維持管理の負担を遺族にかけたくない人
・死後は海に帰って大自然の一部になりたいと考える人
・自分のお墓は不要だと考えている人
・お墓や永代供養に費用をかけたくない人
・身寄りがなくお墓の管理を任せる人がいない人

以上に該当する人は、海洋散骨を検討してみることをおすすめします。

小さなお葬式では海洋散骨が可能

葬儀業者の仲介サービスを行っている「小さなお葬式」は、海洋散骨にも対応しています。
小さなお葬式は安価な葬儀サービスを提供しており、海洋散骨も比較的安価で利用可能です。

小さなお葬式とは?

まずは「小さなお葬式」について確認しておきましょう。
小さなお葬式は、割安な葬儀プランを提供している葬儀ブランドで、全国47都道府県の葬儀業者を紹介する仲介サービスを提供しています。
なお、小さなお葬式はあくまで仲介業者であり、実際に葬儀を行うのは紹介された葬儀業者です。

小さなお葬式を運営している会社は「株式会社ユニクエスト」です。
同社は小さなお葬式を中心とした葬儀に関わるさまざまなサービスを提供しており、低価格葬儀のパイオニアとして各種メディアにも取り上げられています。

さまざまな納骨方法に対応した「OHAKO(おはこ)」

小さなお葬式の運営会社は、「OHAKO(おはこ)」というサービスを提供しています。

OHAKOは、墓地・霊園・納骨堂などの納骨先を探す手助けをするサービスです。
希望する費用や地域、埋葬方法などの条件を入力すれば、条件に合致するお寺や霊園が利用価格とともに一覧表示されます。

また、OHAKOは海洋散骨にも対応しており、OHAKOを利用すれば比較的安価で海洋散骨を依頼することができます。

小さなお葬式での海洋散骨の費用

小さなお葬式が提供するOHAKOを利用すると、海洋散骨を「55,000円」で依頼することができます。
この費用には、遺骨を細かく粉砕する費用から、献花などの散骨時のセレモニーの費用、散骨証明書や散骨時の写真を収めたアルバムの費用など、すべての費用が含まれています。

なお、遺骨の一部を身近に置いて供養したい場合は、遺骨の一部を小さな骨壷に入れて自宅に送り返してくれるサービスを利用することも可能です。
その場合は、追加で21,000円が必要です。

小さなお葬式で葬儀を行わなくても海洋散骨を依頼できる

OHAKOのサービスは、小さなお葬式に付帯したものではありません。
そのため、葬儀の際に小さなお葬式を利用していなくても、海洋散骨を依頼することができます。

OHAKOのサービスは、他の葬儀業者で葬儀を行った場合のほか、既存のお墓を撤去する「墓じまい」を行った場合などでも利用可能です。

生前契約の場合も海洋散骨を選べる

小さなお葬式では、喪主を頼める家族がいない人のために、自分の葬儀から納骨までを事前に契約できる「生前契約」のプランを提供しています。
生前契約を行っておけば、臨終後に小さなお葬式が葬儀から遺骨の処置まですべて行ってくれます。
この生前契約でも、遺骨の処置方法として海洋散骨を選ぶことができます。

葬儀から遺骨の処置まで小さなお葬式に依頼するプランは、「任せてあんしんプラン」といいます。
任せてあんしんプランの料金は、葬儀の際に僧侶を呼ばない方式で「248,000円」、僧侶を呼ぶ方式で「325,500円」です。

このプランでは納骨費用が50,000円に設定されていますが、その費用は上記のプラン料金に含まれています。
そのため、小さなお葬式の生前契約を利用する場合、海洋散骨を選ぶことによる追加の費用はかかりません。

小さなお葬式での海洋散骨の流れ

小さなお葬式のOHAKOのサービスを利用して海洋散骨を行う際の流れをご紹介します。

手順その1:OHAKOに海洋散骨を依頼する

OHAKOのホームページの依頼フォームまたは電話で海洋散骨を依頼します。

このとき、海洋散骨を行う海域を選択します。
海域には多くの選択肢があり、北は北海道の小樽から南は沖縄本島・石垣島まで、日本各地の海を選ぶことができます。

また、遺骨の一部を少しだけ残しておきたい場合は、遺骨の一部を小さな骨壷に入れて自宅に送ってくれるサービスを追加で依頼します。

依頼後、小さなお葬式からメール・FAX・郵送などで以後の手続きに関する案内が届きます。

手順その2:料金支払後に遺骨と証明書を送る

続いて、届いた案内に従って料金を支払います。
支払方法はクレジットカードと銀行振込から選べます。

料金支払後、遺骨と必要書類をダンボール箱に入れて郵送します。
同封する必要書類は、「遺骨の身元証明書」と「依頼者の身元証明書」の2種類です。
遺骨の身元証明書には、「火葬許可証・埋葬許可証・死亡届出書・改葬許可証・除籍謄本のいずれかのコピー」が該当します。
依頼者の身元証明書は、「健康保険証・運転免許証・住民票・戸籍謄本のいずれかのコピー」が必要です。

遺骨と書類はゆうパックの着払いで発送し、発送は必ず料金を振り込んだ後に行います。

手順その3:実施日の連絡を受ける

遺骨を送ると、小さなお葬式側で遺骨を細かく砕く「粉骨」が行われます。
選択した海域で散骨を行う7名分の遺骨が集まってから散骨が行われるため、散骨の実施が先延ばしになる場合もあります。
なお、散骨の実施日を指定することはできません。

実施日が決定したら、小さなお葬式から連絡があります。
なお、天候などによって実施日が変更になる場合もあります。

手順その4:散骨の実施

散骨の実施日に、所定の海域で散骨が行われます。
遺骨を海に撒いた後、季節の花が献花され、献酒や献水も行われます。
その際の様子は写真で記録され、写真は後日自宅に送付されます。
最後に散骨を行ったスタッフが黙祷を捧げて、散骨の儀式は終了です。

手順その5:散骨証明書・アルバムが届く

後日、散骨を行ったことを証明する書類とアルバムが届きます。
散骨証明書には、散骨したポイントの位置情報が記されています。
また、アルバムには散骨の様子を撮影した写真が収められており、しっかりと散骨が行われたことを確認できます。

以上が、小さなお葬式に海洋散骨を依頼した際の流れです。
必要書類を用意して骨壷と一緒に送るだけなので、手続きは非常に簡単です。

海洋散骨のメリット・デメリット

海洋散骨には費用面などのメリットもありますが、その一方でデメリットもあります。
一般的な海洋散骨のメリットとデメリットをご紹介します。

海洋散骨のメリット

海洋散骨には、以下のようなメリットがあります。

・お墓にかかる費用を削減することができる
・お墓を管理する必要がなくなり遺族の負担を軽減できる
・宗教や宗派にこだわらない家族らしい葬送が行える
・家族がいない人でも安心して利用できる
・「大自然に帰りたい」という希望をかなえることができる

海洋散骨のデメリット

海洋散骨には多くのメリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。

・一度散骨したら遺骨を取り戻せない
・お墓参りで故人を偲ぶことができない
・家族が一緒にお墓に入ることができない
・家族や親族の理解を事前に得ておく必要がある

海洋散骨を行ってしまえば遺骨が手元に残らないため、葬送方法を後で変更することはできません。
後悔しないためにも、海洋散骨を依頼する前に、以上のメリット・デメリットをよく比較・検討しておくことが大切です。

小さなお葬式に海洋散骨を依頼するメリット・デメリット

海洋散骨を小さなお葬式に依頼する場合のメリット・デメリットについても確認しておきましょう。

メリット

主なメリットには、手続きの簡単さが挙げられます。
手続きは、小さなお葬式に依頼して料金を支払い、必要書類と一緒に遺骨を送るだけです。
また、費用も55,000円と委託散骨の標準的な価格で依頼できます。
さらに、散骨できる海域を多くの場所から選べるため、故人の好きだった場所などを選びやすい点も魅力です。

デメリット

デメリットとしては、提供されるサービスが委託散骨のみであり、直接遺族が散骨することができない点が挙げられます。
また、海洋散骨だけが対象であり、山への散骨や空中での散骨には対応していません。

小さなお葬式は、基本的にシンプルな葬儀サービスを提供しており、サービスの範囲が限られるのは仕方ありません。
遺族による散骨や、山・空中への散骨を希望する場合は、別の業者に依頼する必要があります。

海洋散骨は家族・親族の理解を得たうえで行う

海洋散骨を業者に依頼する際には、事前に家族・親族の理解を得ておくことが大切です。

海洋散骨を行う人が増えてきましたが、自分の親族が散骨をするとなると抵抗感を覚える人もいます。
従来のしきたりにこだわりのある人が親族にいる場合、相談せずに海洋散骨を行うと後でトラブルになる恐れがあります。

また、当人はお墓が必要ないと考えていても、遺族が必要とする場合があります。
お墓は故人を偲ぶ大切な場所です。
お墓がないと心の拠り所がなくなって不安や寂しさを感じてしまい、死を受け入れるのが難しくなることも考えられます。

海洋散骨を選ぶ際には、しっかりと家族・親族で話し合っておき、十分に理解を得たうえで依頼するようにしましょう。

まとめ

近年、葬送方法に海洋散骨を選ぶ人が増えています。

葬儀仲介サービス大手の「小さなお葬式」は、さまざまな納骨方法を手助けする「OHAKO」のサービスを提供しており、OHAKOは海洋散骨にも対応しています。
OHAKOの海洋散骨サービスは、小さなお葬式で葬儀を行っている・いないに関わらず利用可能です

OHAKOを利用すれば、海洋散骨を「55,000円」で依頼できます。
これには、散骨証明書や散骨時の写真を収めたアルバムなどの費用も含まれており、追加の費用は一切かかりません。
手続きも基本的に必要書類と遺骨を送るだけなので、とても簡単です。

また、小さなお葬式は、自分の葬儀と遺骨の処置を生前に依頼しておく「生前契約」のサービスを提供しています。
そうした生前契約サービスを利用する場合でも、遺骨の処置方法として海洋散骨を選ぶことができます。
遺骨の処置費用はプラン料金に含まれているため、海洋散骨を選んでも追加の費用はかかりません。

海洋散骨には、お墓の費用や遺族の負担を減らせるといった多くのメリットがあります。
その反面、遺族がお墓参りで故人を偲べないなどのいくつかのデメリットもあります。
そのため、海洋散骨を依頼する際には、家族・親族と十分に話し合いを行い、しっかりと理解を得ておくことが大切です。

小さなお葬式のOHAKOを利用すれば、安価で簡単に海洋散骨を依頼できます。
海洋散骨を考えている方は、利用を積極的に検討してみることをおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

小さなお葬式の海洋散骨を見てみるならこちら

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

家族葬なら小さなお葬式とイオンのお葬式どっちがいい?費用などを徹底比較

NO IMAGE

小さなお葬式でできるだけ安く葬儀をあげるコツって何かある?

NO IMAGE

小さなお葬式の生前契約や早割ってデメリットはないの?注意する点はある?

NO IMAGE

小さなお葬式で永代供養はできるの?費用は?お寺は選べるの?

NO IMAGE

小さなお葬式で追加料金が発生したりする?低料金だけど大丈夫?