小さなお葬式で永代供養はできるの?費用は?お寺は選べるの?

 

永代供養は、遺族や子孫に代わって寺院や霊園が遺骨を預かり、供養と管理を行ってくれる供養方法です。
火葬された後の遺骨はお墓に納める場合が多いですが、近年は永代供養が選ばれるケースも増えています。

葬儀業者の仲介サービスを行っている「小さなお葬式」は、永代供養を行う寺院・霊園を探せる「OHAKO(おはこ)」というサービスを提供しています。
このサービスを利用すれば、永代供養を一般的な相場よりも大幅に安い価格で依頼できます。

OHAKOのサービスは、小さなお葬式で葬儀を行った場合はもちろん、他の葬儀業者で葬儀を行った場合や、既にあるお墓から遺骨を移す場合などでも利用可能です。

今回は、永代供養に関する基本情報や、小さなお葬式が提供するOHAKOのサービス内容、OHAKOを利用して寺院や霊園を探す際の注意点などについて、詳しく解説します。

小さなお葬式の永代供養を見てみるならこちらをどうぞ

test

永代供養とは?

まずは、永代供養について確認しておきましょう。

永代供養とは、寺院や霊園が遺骨を預かり、遺族や子孫に代わって供養や管理を行ってくれる供養方法です。
現在もお墓に納骨するのが一般的ですが、お墓は購入や維持に費用がかかり、遺族や子孫が管理する必要があります。
永代供養を依頼して最初に費用を払えば、以後は維持費や管理の手間がかかりません。

永代供養は、身寄りのない方や後継ぎのない方の供養方法として一般的でした。
しかし、近年では家族がいる場合でも、「家族に負担をかけたくない」といった理由や費用面の理由から、永代供養を選ぶケースが増えています。

永代供養のお墓にはいくつかのタイプがある

ひとくちに永代供養といっても、遺骨を納めるお墓にはいくつかのタイプがあります。
永代供養を申し込む前には、どういったタイプなのかをしっかりと確認しておくことが大切です。

合祀墓

永代供養のお墓のタイプのひとつに、合祀墓があります。
「合祀(ごうし)」は「合葬(がっそう)」とも呼ばれ、骨壷から遺骨を取り出し、他の人の遺骨と一緒に埋葬する方法です。

合祀墓に納める場合は、他の人の遺骨と混ざってしまうため、遺骨を後から取り出すことはできません。
その一方で、合祀墓は骨壷のための個別のスペースが必要ないため、費用が安いのが魅力です。

集合墓

集合墓は、納骨スペースが個別に用意されているお墓です。
それぞれに小さな石碑や石塔が建てられており、ひとつのお墓にまとめられています。
集合墓に納められた遺骨は、一定期間は個別に管理されていますが、その期間が過ぎると他の遺骨と一緒にされて合祀墓に納められます。
個別に遺骨が管理される期間は寺院・霊園によって異なるため、事前の確認が重要です。

個別型

個別型は、納骨スペースが完全に分けられており、埋葬後も遺骨を取り出せるタイプです。
スペースが必要なため、合祀墓よりも費用が高額になります。
なお、多くの場合「10回忌まで・33回忌まで・50回忌まで」などと個別に遺骨が管理される期間が決まっており、その後は他の遺骨と合祀されます。

永代供養の費用は寺院・霊園によって大きく異なる

永代供養の費用は、お墓のタイプや寺院・霊園によって大きく異なります。
合祀墓の場合は数万円から10万円程度、納骨堂の場合は10万円程度から100万円程度と幅があります。
個別型のお墓の場合は150万円以上するケースもあります。

永代供養を検討する際には、お墓のタイプや供養方法、費用などを事前によく確認することが大切です。

test

「小さなお葬式」とは?

続いて、小さなお葬式について確認しておきましょう。

小さなお葬式は、割安な葬儀プランを提供している葬儀ブランドで、全国の葬儀業者を紹介する仲介サービスを行っています。
小さなお葬式はあくまで仲介サービスであり、直接葬儀を行うわけではありません。

小さなお葬式を運営している会社は、「株式会社ユニクエスト」です。
永代供養を行う寺院や霊園を探せる「OHAKO」や、僧侶を定額で手配する「てらくる」、全国の斎場を探せる「葬儀本.com」といった葬儀関連のサービスを数多く提供しており、低価格葬儀のパイオニアとして注目されています。

永代供養先を探せるサービス「OHAKO(おはこ)」

小さなお葬式を運営している会社は、「OHAKO」というサービスを提供しています。

OHAKOは、納骨先を探す手助けをするサービスです。
OHAKOでは、希望の地域や納骨方法を入力して検索すると、該当する墓地・寺院・霊園などが価格を明示した上で提示されます。
その中には、永代供養を行ってくれる寺院や霊園も含まれており、選んだ施設に永代供養を依頼することができます。

また、OHAKOはお墓や納骨堂だけでなく、樹木をお墓に見立てた「樹木葬」が行える施設も紹介しているほか、海に遺骨を撒く「海洋散骨」にも対応しています。

OHAKOの永代供養のメリット

OHAKOのサービスを利用すれば、永代供養を行ってくれる寺院や霊園を簡単に探すことができます。
また、OHAKOには費用やサービスに関わる多くのメリットがあります。

最安価格5.5万円で永代供養が可能

OHAKOで永代供養先を探す大きなメリットとして、費用が安いことが挙げられます。

OHAKOでは最も安いプランの場合、5.5万円で永代供養を依頼できます。
永代供養には数十万円の費用がかかるのが一般的であり、5.5万円は破格の安さです。

また、OHAKOではさまざまな価格帯の寺院・霊園が紹介されています。
OHAKOは永代供養の費用を抑えたい人だけでなく、幅広い選択肢から寺院・霊園を選びたい人にも適したサービスです。

費用が明示されている

OHAKOでは、永代供養の費用が明確に提示されています。
最安値の5.5万円のプランでは、それ以外の一切費用がかからず、年間の管理費や施設使用料などは必要ありません。

OHAKOで紹介されている寺院・霊園の中には年間の管理費などが必要なところもありますが、その場合はかかる費用が明示されています。
OHAKOの永代供養では提示されている費用以外は一切かからず、必要な費用が分かりやすいのが特徴です。

2年間の個別安置期間が設定されている

OHAKOの基本的なプランでは、「2年間の個別安置期間」が設定されています。

個別安置期間は、永代供養を依頼した遺骨を他の人の遺骨と一緒にせずに、個別に管理しておく期間のことです。
費用の安い永代供養では他の遺骨と一緒に納骨されるのが通常で、一緒に納骨されると遺骨を取り出せなくなります。
しかし、OHAKOの個別安置期間中であれば、永代供養をやめて遺骨を取り出し、埋葬方法を変更することも可能です。

臨終後や葬儀後は慌しく、ゆっくりと家族で埋葬方法について話し合う機会が取れない場合があります。
時間が経ってから埋葬方法についての考え方が変わる場合もあるでしょう。
そうした場合でも、OHAKOを利用して2年間の個別安置期間中であれば、埋葬方法を変更してお墓に納めたり、海洋散骨を行ったりすることが可能です。

また、個別安置期間は、寺院・霊園と相談の上で2年以上に延長することが可能です。
ただし、その場合は追加の費用がかかります。

全国の寺院や霊園が選べる

小さなお葬式と同じく、OHAKOのサービスも全国47都道府県に対応しています。
希望の地域を入力して検索すれば、利用可能な寺院や霊園が一覧で表示されます。

ただし、表示される寺院はOHAKOと提携している施設に限られており、提携施設の数は地域によって偏りがあります。
特に永代供養を行う寺院や霊園は偏りが大きく、地域によっては提携している施設がない場合もあります。

OHAKOは小さなお葬式で葬儀を行っていなくても利用可能

OHAKOのサービスは、小さなお葬式に付帯しているサービスではありません。
そのため、別の業者で葬儀を行っていた場合でも利用可能です。

別の業者で葬儀を行って納骨先が決まっていないケースや、葬儀業者が決まっていて納骨先だけを探したいケースなどで利用すると、寺院や霊園を簡単に探すことができます。

また、既存のお墓から遺骨を移してお墓を撤去する「墓じまい」をするケースでの利用も多くみられます。
OHAKOではお墓の移転を代行してくれる「お墓のお引越し」サービスも提供しているため、墓じまいを考えている場合は利用を検討してみるのもひとつの手です。

小さなお葬式の生前契約で永代供養を依頼する場合

喪主を頼める家族がいない人の中には、自分の葬儀方法や永代供養を依頼する寺院を事前に決めておきたいと考えている人が多くいます。
そうした人のために、小さなお葬式では、生きているうちに葬儀から納骨までを事前に契約できる「生前契約」のプランを提供しています。

葬儀から納骨までを小さなお葬式に依頼するプランは、「任せてあんしんプラン」という名前です。
任せてあんしんプランは、葬儀の際に僧侶を呼ばない方式で「248,000円」、僧侶を呼ぶ方式で「325,500円」で利用できます。

そうした生前契約を申し込んだ際には、納骨方法として複数の選択肢を選ぶことができ、その中には永代供養もあります。
永代供養を選択した場合は、永代供養を依頼する寺院を所定の選択肢の中から選ぶことができます。

また、任せてあんしんプランの納骨費用は5万円に設定されていますが、その費用は上記のプラン料金に含まれています。
小さなお葬式の生前契約を利用する場合は、永代供養で追加の費用はかかりません。

なお、選べる寺院は小さなお葬式と提携している寺院に限られるため、希望の寺院を選べない場合や、希望の寺院を選択した場合に費用が追加で必要になる場合があります。

OHAKOを利用する際の注意点

安価で非常に便利なOHAKOのサービスですが、利用する際にはいくつか注意しておきたい点もあります。

提携している寺院や霊園は限られている

OHAKOでは全国47都道府県の寺院・霊園が紹介されていますが、紹介されるのはOHAKOと提携している施設のみです。

OHAKOと提携している施設の数は地域によって大きな偏りがあります。
特に永代供養を行ってくれる施設を探す場合、地域によっては提携している施設がなく、1件も表示されない場合があります。

そうした場合は、「居住地以外の寺院に永代供養を依頼する」「OHAKO以外の検索サービスを利用する」「自分で永代供養を行ってくれる寺院・霊園を探す」などを検討する必要があります。

依頼先を事前によく確認する

小さなお葬式は非常に評判の良いサービスであり、同じ運営会社によるOHAKOにおいても高品質なサービスが提供されています。
しかし、小さなお葬式やOHAKOはあくまでも仲介サービスです。
実際に永代供養を行うのは紹介を受けた寺院・霊園であり、しっかりとした供養を行ってくれるかどうかは選んだ施設によって異なります。

OHAKOを利用する際には、あくまでも仲介サービスであることを頭に入れて、依頼先の寺院や霊園をしっかりと吟味することが大切です。
ネットで調べるだけでなく、実際に足を運んで雰囲気や僧侶・スタッフの対応などを確認してみるのもおすすめです。

永代供養の注意点

OHAKOの利用に限らず、永代供養を依頼する際にはいくつか注意すべき点があります。

菩提寺がある場合は事前に相談する

菩提寺がある場合は、他のお寺に永代供養を頼むとトラブルになる恐れがあります。
菩提寺がある場合は、トラブルを避けるために自分や家族の納骨方法について事前に菩提寺と相談しておくことが大切です。

一度合祀されたら遺骨を取り出せない

合祀墓に納骨されると、他の人の遺骨と一緒になってしまうため、後から遺骨を取り出すことができなくなってしまいます。
喪主や近親者がいない場合は問題ありませんが、家族や親族が複数いる場合に相談せずに合祀してしまうと、「お墓に納めてあげたかった」「遺骨の一部を分けて欲しかった」といったトラブルが起こる場合があります。

永代供養を検討する際には、一度合祀されると遺骨を取り出せないことを頭に入れておき、家族や親族と相談して慎重に決めることをおすすめします。

将来的に合祀になるケースが多い

永代供養といっても、遺骨を個別に管理する期間が限定されているのが一般的です。
施設によって期間は異なりますが、33回忌などのタイミングで他の遺骨と一緒にされるケースがほとんどです。

集合墓や個別型のお墓は永代供養の費用が高額ですが、最終的には合祀されます。
そのことをしっかりと頭に入れた上で依頼するようにしましょう。

遺族の心情を考えた上で相談して決める

お墓は、故人との絆を確認できる大切な場所であり、残された遺族の悲しみを癒す場所でもあります。
自分のお墓が不要だと考える人が増えていますが、遺族がお墓を希望する場合もあります。
永代供養を申し込む際には、残される遺族の心情にも配慮して、事前に家族・親族とよく話し合っておくことが大切です。

まとめ

葬儀仲介サービス大手の「小さなお葬式」は、永代供養を行う寺院・霊園を探せる「OHAKO(おはこ)」のサービスを提供しています

OHAKOを利用すれば、小さなお葬式で葬儀を行っている・いないに関わらず、永代供養を引き受けてくれる施設を簡単に探すことができます。

OHAKOでは、最も安いプランの場合、5.5万円で永代供養を依頼できます。
また、必要な費用が明示されており、2年間の個別安置期間も設定されているため、安心して利用できます。

さらに、小さなお葬式は、自分の葬儀と遺骨の処置を生前に依頼しておく「生前契約」のサービスを提供しています。
生前契約を依頼すれば、所定の寺院の中から永代供養を依頼する寺院を選ぶことができます。
しかも、永代供養を選んだことによる追加の費用はかかりません。

永代供養はお墓の管理費用や手間がかからず、遺族の負担を軽減することができます。
しかし、お墓は遺族にとって故人を偲ぶ大切な場所です。
永代供養を依頼する場合は、事前に家族や親族と相談しておくことが重要です。

永代供養を依頼する際には、小さなお葬式が提供するOHAKOを利用すると、安価で利用できる施設を簡単に探すことができます。
永代供養を検討している人は、OHAKOを積極的に利用してみることをおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

小さなお葬式の永代供養を見てみるならこちらをどうぞ

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

小さなお葬式で海洋散骨はできる?費用はどのくらいかかるの?

NO IMAGE

家族葬なら小さなお葬式とイオンのお葬式どっちがいい?費用などを徹底比較

NO IMAGE

小さなお葬式の生前契約や早割ってデメリットはないの?注意する点はある?

NO IMAGE

小さなお葬式で追加料金が発生したりする?低料金だけど大丈夫?

NO IMAGE

小さなお葬式でできるだけ安く葬儀をあげるコツって何かある?