家族葬の香典返しに添えるお礼状の文例とは?注意点は何があるの?

 

お通夜や葬儀の際に香典をいただいた場合は、四十九日の法要後に香典返しを行います。
近年は家族葬を行って香典を辞退するケースも増えていますが、家族葬であっても香典を受け取った場合は香典返しをするのがマナーです。

香典返しを郵送する際には、家族葬でも一般葬でもお礼状を添えます。
香典返しのお礼状には、喪家としてだけでなく、故人に代わってお礼を述べる意味もあります。
故人のためにも、礼儀を欠くことのないよう注意する必要があります。

今回は、香典返しに添えるお礼状の書き方をご紹介します。

test

香典返しのお礼状の意味

お礼状の文章をみていく前に、お礼状の意味や内容を把握しておきましょう。

現在の日本では、葬儀で香典を受け取った場合、香典返しをするのがマナーです。
葬儀当日に香典返しをする「当日返し」も増えつつありますが、当日返しをしなかった場合は、四十九日の法要の後に香典返しの品物とお礼状を送付します。

香典返しは、参列や香典へのお礼と、葬儀が無事終了したことの報告を兼ねて行われます。

手渡しの場合お礼状は不要

香典返しは、直接訪問して手渡しするのが正式です。
それが困難な場合に、直接挨拶する代わりとしてお礼状を添えます。
そのため、家族葬などで香典返しをする人が限られており、香典返しを全員に直接手渡しする場合は、お礼状は必要ありません。
香典返しにおいては、直接会ってお礼や忌明けの報告をするのが最も良い方法です。

なお、手渡しする場合でも、会社関係者などの場合は、不在の場合を考えてお礼状を添えておくのが一般的です。

お礼状だけを送る場合がある

近年は変化しつつありますが、四十九日が過ぎるまでの忌中は慶事への参加を控えるのが基本であり、周囲も慶事に招くことを控えます。
香典返しのお礼状には、四十九日の法要が無事終了し、忌明けしたことを報告する意味があります。
そのため、香典返しを葬儀当日に行った場合などでも、参列へのお礼と忌明けの報告を兼ねてお礼状を送る場合があります。

また、香典を受け取る際に「香典返しの辞退」の旨を伝えられた場合でも、四十九日後に香典に対するお礼状を送るのが一般的なマナーです。

家族葬でも香典返しを行う

近年は近親者のみで家族葬を行うケースが増えてきましたが、身内からの香典であっても香典返しを行うのが一般的です。

また、家族葬では香典を辞退するケースが多いですが、どうしても受け取って欲しいと希望する弔問客が現れる場合や、香典が送られてくる場合があります。
故人や遺族を思う気持ちを頑なに断るのは失礼にあたるため、そうした場合は香典を受け取り、後日香典返しをします。
その際に郵送で香典返しを行う場合は、お礼状を添える必要があります。

なお、家族葬ではお礼状を送る相手が近親者であることが多いため、あまり堅苦しい文章では相手に違和感を与える場合もあります。
お礼状を送る相手との関係性にあわせた文章を用意できれば理想的です。

お通夜や葬儀などで香典を受け取った場合は、「香典返し」をするのがマナーです。 香典返しは、参列者や香典を送ってくれた人への感謝とともに...
葬儀で香典を受け取った場合は、香典の金額に応じた品物をお返しする香典返しを行うのがマナーです。 近年では、一般の弔問客をお断りして...

香典返しのお礼状の基本構成

香典返しのお礼状の基本的な構成をみていきましょう。
香典返しには、お礼・報告・品物の送付の連絡などの意味があり、それらをしっかりと文章で伝えることが大切です。

・書き出しの挨拶

「謹啓 先般 亡父 (名前)儀 葬儀に際しましては…」
といった挨拶文を最初に記します。
関係性を示す言葉を入れるのが通常で、祖父であれば「亡祖父」と書きます。

・戒名と四十九日法要が無事済んだことの報告

香典返しのお礼状には、無事四十九日の法要が済んで忌明けしたことを報告する目的があります。
そのため、故人の戒名と法要が無事終了したことを記載します。
なお、柔らかい文章で作成する場合などでは、戒名を記載しないこともあります。

・故人との生前のお付き合いに対する感謝

生前のご厚誼に関して改めてお礼を述べるのも一般的です。
なお、文章が長くなるため省略される場合があります。

・香典返しの品物を送ることの報告

続いて、香典返しの品物を届ける旨を記載します。
香典返しの品物を贈らず、お礼状だけ送付する場合は、この項目は省略します。

香典返しの品物として故人の好物だったものを贈る場合に、「故人が生前好きだった○○をお送りいたします。これを食べて少しでも故人を偲んでいただければありがたく思います」などの文章を添えることもあります。

・書面でお礼を述べることについてのお詫び

香典返しは、直接会って手渡すのが正式な作法とされています。
そのため、書面での略儀であることをお詫びする文章を記載します。

・日付などと喪主名

文章の最後を文頭に合わせた「謹白」「敬具」などで締めくくります。
そして、和暦での日付と喪主名を記載します。
一般的な葬儀では喪主名の後に「親戚一同」と記載することが多いですが、家族葬では送る対象が親戚のことが多く、記載しないほうが適切でしょう。

以上が香典返しのお礼状の基本的な構成です。
家族葬の場合は、香典返しのお礼状を出す相手も近親者が多く、相手に合わせて近況報告などの文章を入れる場合もあります。

test

ただし、そうした場合でも上記の基本的な項目は欠かさないようにしましょう。

お礼状の文章の注意点

香典返しのお礼状には、書き方に一定の基準があります。
基準に外れたお礼状を出すと失礼にあたるため、文章を作成する際には注意しましょう。
なお、葬儀業者に相談すれば、ひな形となる文章例を提示してくれます。

句読点は使わない

香典返しのお礼状の文面には、「、」「。」といった句読点は用いません。

書状はもともと毛筆で書かれ、縦書きの書状では句読点を用いません。
香典返しのお礼状は基本的に縦書きであり、印刷されたものであっても句読点を使わないのが通常です。

また、句読点には文章に区切りをつける意味があります。
句読点を使わないことで、法事がつつがなく進行するようにとの思いや、スムーズに進行したことを報告する意味がこめられているともいわれています。

季節の挨拶は行わない

香典返しのお礼状では、季節の挨拶は使用しないのが一般的なマナーです。
「拝啓・敬具」「謹啓・謹白」といった頭語と結語のみを使用するようにしましょう。

忌み言葉を用いない

「忌み言葉」は、使うと「縁起が悪い」と受け取られてしまう言葉のことをいいます。
葬儀での喪主の挨拶などではそうした忌み言葉を使わないよう注意する必要があることが知られていますが、香典返しのお礼状でも忌み言葉を避ける必要があります。

主な忌み言葉には、不幸が繰り返されることを連想させる「重ね言葉」があります。
重ね言葉の代表的なものには、「ますます・たびたび・いよいよ・かえすがえす・重々・くれぐれも・再び」などがあります。

また、「死亡・死去・急死」などの直接的な表現は避けて、「永眠・他界」といった言葉を用いるべきとされています。

頭語・結語や敬語を正しく使う

香典返しのお礼状に限りませんが、頭語・結語や敬語を正しく使うことが大切です。
文頭と文末には、「拝啓・敬具」「謹啓・謹白」といった頭語と結語を使用しましょう。

また、「逝去(せいきょ)」は「死ぬ」の敬語であり、使用すると身内である故人に対して敬語を使うことになるため不適切です。
死を意味する直接的な表現も避けるべきともされており、「永眠・他界」といった言葉を使用するようにしましょう。

お礼状は1枚に収める

葬儀においては、「重なる」ことは不幸が重なることを連想させるため、避けるべきとされています。
そのため、お礼状は1枚に収めるべきとされています。

封筒も二重になっていないものを使う

香典返しのお礼状では、二重になっている封筒も縁起が悪いとされています。
そのため、一重の無地の封筒を使用します。

墨の濃さは地域の慣わしに従う

香典返しのお礼状の文字の墨の濃さは、地域によって異なります。

弔事の手紙は、「悲しみの涙で墨が薄まった」という意味で薄墨を使います。
しかし、香典返しのお礼状は四十九日の忌明け後に出すものであり、基本的には薄墨を使わずに濃い墨を使用します。
濃い墨を使うのは「悲しみの気持ちも落ち着きました」という意味や「故人を深く思ってしっかりと墨をすった」という意味もあるとされています。

しかし、地域によっては、葬儀に関する手紙すべてに薄墨を使う風習のところもあります。
香典返しのお礼状を送る際には、地域の風習を葬儀業者や詳しい親族などに確認しておきましょう。

第三者にチェックしてもらう

以上のようなポイントを押さえたうえで文章を作成したら、念のため葬儀に詳しい年長者や葬儀業者などの第三者にみてもらい、間違ったところがないか確認してもらうと安心です。
相手に失礼のないよう、古くからの慣習に従ったお礼状の文章を作成しましょう。

香典返しのお礼状の文例

参考までに、香典返しに添えるお礼状の文例をご紹介します。
なお、実際には縦書きになることに注意してください。
以下は、仏教の場合の一般的なお礼状の文例です。

謹啓
先般 亡父 ○○(故人の俗名)儀 永眠に際しましては
ご多用の中にもかかわらずご会葬を賜り
かつご丁重なるご厚志を賜り厚く御礼申し上げます
おかげをもちまして ○月○日
△△△△△△△△(戒名)
四十九日の法要を滞りなく相営むことができました
生前に故人が賜りましたご厚情に改めて感謝申し上げます
つきましては 供養のしるしに心ばかりの品をお届けいたしますので
ご受納くださいますようお願い申し上げます
本来であれば拝眉の上御礼申し上げるべきとは存じますが 失礼ながら書中をもって
ご挨拶申し上げます
謹白

平成○○年○月○日
△△□□(喪主名)

家族葬にもさまざまな形式があり、改まった文章がふさわしい場合は以上のような文章が適しています。
より柔らかい表現としては、以下のような文例が挙げられます。

拝啓
先般 亡父 ○○(故人の俗名) 永眠に際しましては
ご丁寧なお心遣いをたまわり 誠にありがとうございました
おかげをもちまして ○月○日に四十九日法要を滞りなくすませることができました
生前 故人が皆様にどれだけ支えられていたかと思うと感謝にたえません
親しくしていただいた皆様にお見送りいただき 故人もきっと喜んでいるでしょう
つきましては 供養のしるしとして心ばかりの品をお送りいたしますので
ご受納くださいませ
今後ともなにとぞ よろしくお願い申し上げます

敬具
平成○○年○月○日
△△□□(喪主名)

以上の文例では、「書面でお礼を述べることについてのお詫び」については文章が硬くなってしまうため省略しています。

特に家族葬では、近親者に対して香典返しをすることが多いです。
一般的な文章でも問題ありませんが、親しい間柄の人にはより表現を柔らかくするなど、関係性を考慮して気持ちが伝わりやすい文章を用意できれば理想的です。

仏式以外で葬儀を行った場合は?

「香典」は仏式の葬儀の際に用いられるものであり、香典返しも仏教由来の習慣です。
しかし、現在の日本では、神式やキリスト教式で葬儀を行った場合でも、香典返しと同様のお返しをするのが一般的です。

仏式の場合は四十九日後の忌明けに香典返しを行いますが、神式やキリスト教式の場合は忌明けの時期が異なることに注意が必要です。
また、「忌明法要」「四十九日法要」は仏教の用語であり、神式やキリスト教式の場合は使用しないよう注意します。

神式の場合

神式の場合、仏教の四十九日に該当するのは「五十日祭」です。
また、「供養」は仏教で用いる用語なので使用せず、「偲び草」という言葉を用います。
仏教で「供養のしるしに」と記載した部分が、「偲び草のしるしに」となるので注意しましょう。

香典返しのお礼状の基本項目に関しては、仏式のお礼状と変わりはありません。
文章中の用語に気を配り、神式にふさわしい文章になるよう注意しましょう。

キリスト教式の場合

本来、キリスト教には香典返しの習慣はありません。
しかし、香典返しの習慣が根付いており、参列者も仏教徒などが多い日本では、仏式と同様のお返しが行われるのが一般的です。

キリスト教式では、「永眠」ではなく「昇天」といいます。
また、キリスト教式において四十九日法要に該当するのは、カトリックでは「追悼ミサ」、プロテスタントでは「記念集会」です。
お礼状の文章では、宗教や行った儀式に応じた用語を使用するようにしましょう。

さらに、キリスト教の場合は「1ヵ月後」が忌明けになるため、香典返しを送るタイミングにも気をつけましょう。

なお、神式やキリスト教式の香典返しにおいても、品物は仏式と同様の基準で選ばれることが多いです。
香典返しの金額相場についても、宗教に関わらず「半返し」や「3分の1返し」が一般的です。

まとめ

葬儀で香典をいただいた場合は、四十九日の法要後に香典返しをします。
香典返しを郵送する場合は、お礼状を添えます。

家族葬では香典を辞退するケースも多いですが、香典を受け取った場合は、一般葬と同じく香典返しをするのがマナーです。
家族葬においては近親者に送ることが多く、親しい関係であれば柔らかい文章のお礼状にすると気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

香典返しは参列や香典への感謝とともに、葬儀を滞りなく終えて忌明けしたことの報告の意味があります。
香典返しのお礼状では、そうした基本的な内容を押さえた文章にする必要があります。

また、書き方に関するルールもあり、「句読点を使用しない」「忌み言葉を使わない」といったことに注意する必要があります。
さらに、お礼状は1枚に収めて、封筒も一重のものを使うのが慣わしです。

望ましいお礼状の形式や文章中の用語は、地域や宗教、宗派などによっても異なります。
香典返しのお礼状を作成する際には、地域の風習に詳しい親族や葬儀業者に形式や用語を確認することをおすすめします。

香典返しのお礼状は、故人に代わってお礼を述べる意味もあります。
失礼のないようにするために、また感謝の気持ちをしっかりと伝えるために、香典返しのお礼状の基本や注意点を確認しておくことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

家族葬の香典返しにおすすめの品物は何?タブーなものはあるの?

NO IMAGE

病院で死亡した時に葬儀社が決まっていない場合ってどうしたらいいの?

NO IMAGE

病院紹介の葬儀社に葬儀を依頼すると損する?依頼してはいけない6つの理由

NO IMAGE

家族葬の香典返しの金額相場はいくらくらいなの?

NO IMAGE

家族葬だと訃報はどこまでお知らせしたらいいの?会社は?

NO IMAGE

病院に葬儀業者を紹介されたけど断ることはできるの?断り方はどうしたらいい?