家族葬の香典返しの金額相場はいくらくらいなの?

 

葬儀で香典を受け取った場合は、香典の金額に応じた品物をお返しする香典返しを行うのがマナーです。

近年では、一般の弔問客をお断りして限られた親族のみで執り行う家族葬が増えています。
家族葬では香典を辞退することが多いですが、香典をいただいた場合は身内であっても香典返しをするのが通常です。
また、香典返しは四十九日の法要後に行われるのが一般的でしたが、近年では香典返しを葬儀当日に渡す「当日返し」も増えています。

「家族葬の香典返しにはいくらくらいの品物を選ぶべき?」

「家族葬の香典返しと一般葬の香典返しの金額の違いは?」

「家族葬の香典返しを葬儀当日に行う場合の注意点は?」

葬儀を家族葬で行いたいと考えている人の中には、こうした疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。

今回はそうした疑問を解消するために、家族葬における香典返しの金額相場や、家族葬で当日返しを行う際に用意する品物の金額などについて、詳しく解説します。

test

家族葬での香典返し

近年では、家族葬で葬儀を執り行うケースが増えています。
家族葬は、親族や極めて親しい友人などの限られた近親者で行う葬儀の形式です。

家族葬では香典を辞退する場合が多い

家族葬では、会社や近隣住民などの儀礼的な弔問客の参列を断り、香典や供花を辞退するのが一般的です。
家族葬で香典を辞退する場合は、香典返しは基本的に必要ありません。

家族葬は、限られた近親者のみでゆっくりと故人とお別れできるのがメリットです。
香典を受け取ると受付が必要になるほか、お礼の挨拶などで喪主が忙しくなります。
また、後日の香典返しの品物を手配するのにも手間がかかります。

家族葬はできるだけシンプルに葬儀を行いたいという遺族の希望で行われることが多く、香典の受け取りや香典返しの準備などの手間を省くのも目的のひとつです。
そのため、家族葬では香典を辞退するケースが多くを占めます。

香典の辞退についてはこちらの記事でまとめてあります。

近年は、限られた近親者だけで葬儀を執り行う家族葬が増えています。 家族葬では、香典や弔問を辞退することが多く、弔電も辞退する場合があり...

家族葬で香典返しをする場合は?

家族葬であっても、香典を辞退しない場合があります。
また、香典を辞退する方針でその旨を伝えてあっても、香典を送ってきたり香典を持参して受け取りを希望する弔問客が現れたりする場合があります。

家族葬で事前に香典をお断りする方針を明確にしていたとしても、香典を受け取った場合は香典返しをするのが一般的です。
また、それは相手が親族などの身内であっても変わりません。

なお、香典をいただいた際に「香典返しは不要」の旨を伝えられている場合には、後日香典に対するお礼状を出します。

お通夜や葬儀の際に香典をいただいた場合は、四十九日の法要後に香典返しを行います。 近年は家族葬を行って香典を辞退するケースも増えていま...

家族葬の香典返しの目安はいくらくらい?

香典返しの金額の相場をみていきましょう。
香典返しの金額は受け取った香典の金額に応じて変わり、その目安は家族葬であっても一般葬であっても基本的に違いはありません。

ただし、家族葬の場合は故人と関係が深い出席者が多いため、1人あたりの香典金額が高めになります。
そのため、一般葬よりも1人あたりの香典返しの金額が高額になるケースが多いです。

一般的な葬儀の香典返しの相場

香典返しの品物の金額は、「半返し」が基本です。
ただし、場合によっては「3分の1返し」などになることもあります。

例えば1万円の香典を受け取った場合は、半返しであれば5,000円程度の、3分の1返しであれば3,000円から3,500円程度の品物をお返しします。

半返しが基本

以前は地域によって香典返しの目安にも違いがあり、関東では半返し、関西では3分の1返しが一般的でした。
しかし、現在では半返しの考え方が全国的に広がっているほか、人の移動が盛んになったことで全国各地から弔問客が集まることも増えてきました。
そのため、半返しで香典返しを行うのが日本全国で一般的になっています。

3分の1返しの場合もある

現在は全国的に半返しが基本とされていますが、3分の1返しなどでも構わないケースがあります。

例えば、親族から多額の香典を受け取ったケースが挙げられます。
そうした場合の香典には葬儀費用の足しにしてほしいという気持ちが込められており、半返しにしなくても構わないとされています。
家族葬の香典はこうしたケースに該当することが多く、ほとんどの香典返しが半返しではなく3分の1程度になる場合もあります。

また、一家の稼ぎ頭が亡くなり、幼い子供と配偶者が残された場合なども、3分の1返しのケースに該当します。
そうした際の香典には今後の生活や葬儀費用に使ってほしいという気持ちが込められており、必ずしも半返しの必要はないと考えられています。

なお、これらの香典返しの金額相場は、あくまでも一般論です。
地域や親族の考え方によって望ましい金額が変わる場合があるため、香典返しの金額を決める際には親族や葬儀業者とよく相談することをおすすめします。

家族葬の香典の相場は?

参列者が持参する香典の相場は、家族葬であっても一般葬と変わりません。
一般的な香典の額は、以下の通りです。

・故人が参列者本人の親:5万円から10万円
・配偶者の両親:3万円から5万円
・兄弟姉妹やその配偶者:3万円から5万円
・祖父母など:1万円から3万円

このほか、おじ・おば・いとこ・おい・めい・子供の嫁ぎ先などの場合は、1万円から3万円程度が相場とされています。

なお、職場関係は5,000円から1万円、友人の家族は5,000円、近隣住民の場合は3,000円から1万円程度ですが、家族葬の場合はこうした参列者の出席を断るのが一般的です。

家族葬の香典返しの相場

家族葬の場合は参列者が親族中心であり、香典の平均金額も高めになります。
そのため、香典返しの品物も一般葬の場合に比べて高額になるケースが多いです。
ただし、親族からの高額な香典の場合は、3分の1程度の香典返しでも構わないとされています。

なお、限られた少人数で家族葬を行う場合などは、当事者間の話し合いによって香典返しの金額が大きく変化することがあります。
葬儀費用にあててほしいとの考えから、相手が香典返しを辞退するケースもあるでしょう。

家族葬の参列者は身内が中心であり、香典返しの額や品物についての打ち合わせが行えれば、互いにとって理想的です。
打ち合わせが行えず金額に迷った場合は、一般的な相場とされる半返しや3分の1返しを選ぶとよいでしょう。

test

「当日返し」が増えている

近年の葬儀では、香典返しの品物を葬儀の当日に渡す「当日返し」が増えています。
当日返しは「即日返し」や「即返し」などとも呼ばれます。

香典返しは、参列者への感謝の気持ちを表すとともに、葬儀が無事終了したことの報告の意味も込めて行われてきました。
そのため、四十九日の法要が終わった後にお返しの品を送るのが、本来の香典返しの形式です。

しかし、近年では後日の送付や受け取りの手間を省くために、葬儀当日に香典返しの品物を渡すケースが増えてきました。

家族葬での当日返し

家族葬で香典を受け取る方針の場合に、香典返しを当日行うケースがあります。

前述の通り、家族葬の参列者は親族が中心であり、香典金額が高めになるのが一般的です。
そのため、当日返しの品物もそれを踏まえた金額のものを用意すべきです。

一般的な葬儀で当日返しが行われる場合は、参列者の香典金額を鑑みて2,000円から3,000円前後の品物が選ばれています。
しかし、家族葬の場合にそうした金額のものを選ぶと、いただいた香典金額に見合わないものをお返しすることになってしまいます。
そうした場合は後日改めてお返しをする必要があるため、香典返しを送付する手間を省くという当日返しのメリットが薄れてしまいます。

家族葬で香典返しを当日行う場合には、参列者の顔ぶれと香典の金額相場を考慮して、予想される香典額に見合った品物を用意するようにしましょう。
香典金額の予想が難しい場合や、参列者によって金額に差があることが予想される場合は、当日返しを行わずに、従来通り四十九日の法要後にお返しするのもひとつの手です。

高額な香典を受け取った場合は後日改めてお返しする

香典返しは半返しや3分の1返しが基本とされており、当日返しを行う場合でもそれは変わりません。
高額な香典を受け取った場合は、当日返しとの差額分を後日改めてお返しするのが一般的です。

例えば、3万円の香典をいただいた場合、半返しであれば15,000円分、3分の1返しであれば1万円分の品物をお返しするのがマナーです。
当日返しに5,000円分の品物を用意していた場合は、半返しの場合は1万円程度の品物を、3分の1返しの場合は5,000円程度の品物を後日改めてお返しします。

追加の品物を送付するタイミングは、当日渡しを行わないケースと同じく、四十九日の法要後が一般的です。

当日返しを行う場合は会葬返礼品との区別をつける

葬儀の際には、参列に対するお礼として会葬返礼品を用意するのが一般的です。
会葬返礼品は、当日返しの品物とは別に用意します。

当日返しの品物を会葬返礼品と勘違いされてしまい、「香典返しを行わなかった」として参列者からお叱りを受けたケースが報告されています。
そうした事態に陥らないよう、会葬返礼品と当日返しの品物は別に用意して、一緒に渡すのがおすすめです。
会葬返礼品を2つ渡すことはないため、勘違いを防ぐことができます。

また、その際には、当日返しの品物と会葬返礼品の区別がつくようにしておきましょう。
会葬返礼品は500円から1,000円程度が相場で、かさばらない手軽なものが選ばれます。
会葬返礼品と当日返しの品の区別をつけることで、当日返しの品を会葬返礼品と間違えるケースを防ぐことができます。

なお、香典を辞退する家族葬では、親族と相談のうえで会葬返礼品を省略することがあります。

家族葬の香典返しの品物は?

香典返しは古くからの習慣であり、ふさわしいものと不適切とされるものがあります。
そうした香典返しの品物の基準は、一般葬であっても家族葬であっても変わりません。

香典返しに適した品物・不適切な品物

香典返しは不幸に関わる品物なので、長く残らないものが主に選ばれます。
定番の品としては、食べたらなくなる食品や、洗剤や石鹸などの消耗品、タオルなどの日用品が挙げられます。

また、香典返しに不適切とされる品物には、「なまぐさもの」とされる肉や魚、祝い事に使用されるお酒・昆布・鰹節、金額がはっきりわかる金券などが該当します。

近年はカタログギフトが人気

近年は香典返しにカタログギフトを選ぶケースが増えています。
カタログギフトであれば相手に好きなものを選んでもらえるため、遺族が品物選びに悩むことがなくなります。
また、カタログはかさばらないため、香典返しを当日行う際にも便利です。

さらに、カタログギフトは豊富な価格帯が用意されているため、いただいた香典金額に応じたカタログを選べるのが魅力です。
カタログギフトを選べば、高額な香典をいただいた場合の金額調整が簡単に行えます。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

お通夜や葬儀などで香典を受け取った場合は、「香典返し」をするのがマナーです。 香典返しは、参列者や香典を送ってくれた人への感謝とともに...

宗教によって「香典返し」のタイミングが異なる

香典返しには葬儀が無事行われた報告の意味があり、香典返しは一般的に忌明けに送付されます。
宗教によって忌明けのタイミングは異なるため、当日返しを行わない場合や、当日返しと香典額との差額分を忌明けのタイミングでお返しする場合には注意が必要です。

神式やキリスト教式の忌明け

仏式は一般的に四十九日の法要後なのに対して、神式の場合は「五十日」、キリスト教の場合は「1ヵ月後」が忌明けのタイミングです。
仏式以外で葬儀を行う際には、香典返しを行うタイミングにも注意しましょう。

仏式以外でも「香典返し」の金額の目安は同じ

香典返しは仏教由来のしきたりですが、現在の日本では神式の葬儀でも香典返しと同様のお返しが行われます。
なお、神道の場合は「御玉串料」や「御霊前」などが仏式の香典にあたるため、香典返しではなく「御玉串料などの返礼品」などと呼ぶのが正確です。

キリスト教の場合は香典ではなく「御花料」と表書きします。
また、カトリックの場合は「御ミサ料」です。
キリスト教には香典返しの習慣はありませんが、香典返しの習慣が根付いている日本では、仏式と同様のお返しが行われるのが一般的です。

神式やキリスト教式におけるお返しにおいても、仏式と同様の基準で金額や品物が選ばれています。
仏式以外の葬儀でも、お返しは半返しや3分の1返しが一般的です。

まとめ

葬儀で香典をいただいた場合は、香典返しをするのがマナーです。
家族葬では香典を辞退するケースが多いですが、香典を受け取った場合は家族葬であっても香典返しを行います。

香典返しの金額は、香典金額の「半返し」が基本です。
ただし、親族からの高額な香典の場合は「3分の1返し」でもよいとされています。

なお、香典返しの金額は地域や親族の考え方によっても異なるため、事前に葬儀業者や親族と相談しておくことをおすすめします。

近年は、香典返しを葬儀当日に行う「当日返し」が増えています。
家族葬の場合は1人あたりの香典金額が高めになるため、当日返しの品物も一般葬よりも高額な品物を準備するのが通常です。
当日返しの品物では見合わない高額な香典を受け取った場合は、後日改めてお返しの品を送付します。

香典には、遺族を思いやって励ます気持ちが込められています。
香典返しは、そうした気持ちに対する感謝を表すものです。
家族葬では香典を辞退する場合も多いですが、香典を受け取った場合は風習にのっとった香典返しをしっかりと行い、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

家族葬だと訃報はどこまでお知らせしたらいいの?会社は?

NO IMAGE

通夜なし家族葬のメリット・デメリットとは?喪主が考えるべきことは何?

NO IMAGE

家族葬で香典・弔問・弔電を辞退したい場合ってどうしたらいいの?

NO IMAGE

葬儀でご遺体にドライアイスを使用する目的は何?

NO IMAGE

病院で死亡した時に葬儀社が決まっていない場合ってどうしたらいいの?

NO IMAGE

病院に葬儀業者を紹介されたけど断ることはできるの?断り方はどうしたらいい?