家族葬の香典返しにおすすめの品物は何?タブーなものはあるの?

 

お通夜や葬儀などで香典を受け取った場合は、「香典返し」をするのがマナーです。
香典返しは、参列者や香典を送ってくれた人への感謝とともに、無事法要が済んだことの報告を兼ねて贈り物をすることをいいます。

家族葬では香典を辞退するケースが多く、香典を受け取らない場合は香典返しの必要はありません。
しかし、香典を受け取る方針の場合や、辞退する方針でも個別に香典を渡された場合は、通常の葬儀と同様に香典返しをするのがマナーです。

香典返しは古くから行われている風習であり、ふさわしい品物と不適切とされる品物があります。
香典返しは感謝の気持ちを伝えるものであり、相手になるべく喜ばれ、失礼のないものを選びたいものです。

今回は、香典返しの定番の品物や、タブーとされている品物、近年の香典返しの傾向や注意点などについて、詳しくご紹介します。

test

香典返しとは?

香典返しの品物についてみていく前に、まずは香典返しの意味を確認しておきましょう。

昔は不幸があった際に、親戚や近隣の住民が協力して葬儀を執り行い、故人の供養をしていました。
時代が変わって葬儀を執り行うのが遺族中心となると、協力して供養を行う気持ちが香典や供物に形を変えて、葬儀やお通夜の際に渡されるようになりました。
香典には、不幸があった家族を励ます周囲の人の気持ちが込められています。

香典を受け取った遺族は、そうした気持ちに対するお礼とともに、無事法要を済ませることができた報告を兼ねて、四十九日が過ぎた後に香典返しを贈るのがマナーとされています。

ただし、近年では後日の送付や相手の受け取りの手間を省くために、当日に香典返しをするケースも増えています。
また、できるだけ早くお返しを済ませたいという考え方から、初七日のタイミングで香典返しを行う場合もあります。

香典返しは感謝の気持ちを伝えるものであり、なるべく相手に喜ばれるものを選びたいものです。

家族葬の香典返し

家族葬においては、香典を辞退するケースが多くみられます。
香典返しの手続きの負担を減らすのも家族葬の目的のひとつであり、香典・供花などを辞退する場合が多くを占めます。

香典の辞退についてはこちらの記事でまとめてあります。

近年は、限られた近親者だけで葬儀を執り行う家族葬が増えています。 家族葬では、香典や弔問を辞退することが多く、弔電も辞退する場合があり...

しかし、香典を受け取る方針の場合や、辞退する方針であっても個別に香典を渡された場合は、通常の葬儀と同様に香典返しを行います。
その際の手続きや選ぶ品物は、通常の葬儀と変わりません。

香典返しの金額についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

葬儀で香典を受け取った場合は、香典の金額に応じた品物をお返しする香典返しを行うのがマナーです。 近年では、一般の弔問客をお断りして...

香典返しに適した品物

香典返しで定番とされている品物をご紹介します。
なお、香典返しについては、地域の慣習によって望ましい品物が異なる場合があります。
香典返しの品物を選ぶ際には、失礼のないよう詳しい親族や葬儀業者と相談して決めることをおすすめします。

保存のきく食品

香典返しは葬儀に関わる品物です。
「不幸をあとに残さない」という考え方があるため、長く相手の手元に残る品物はふさわしくありません。

そのため、「食べたらなくなる」食品がよく選ばれています。
また、贈り物全般に通じる考え方として、相手方がいつ消費してもいいように「日持ちのするもの」を送るのが好ましいとされています。

具体的には、お茶・コーヒー・紅茶・砂糖・海苔・椎茸・調味料・乾麺・お菓子などが一般的です。
砂糖は白装束を連想させるため、香典返しにふさわしい品物とされています。

香典返しは相手への感謝の気持ちを伝えるためのものです。
相手の好みを考えるとともに、自分が同じものをもらって嬉しいと思えるような品物を選ぶことが大切です。

石鹸や洗剤などの日用品

食品と同じく、「使うとなくなる」消耗品も香典返しの定番のひとつです。
具体的な品物には、石鹸・洗剤・入浴剤などがあります。

布製品

仏式などの葬儀では白装束で故人が旅立つことから、「白いもの」も香典返しにふさわしいとされています。
そのため、タオル・ハンカチ・シーツなどの布製品もよく選ばれています。
これらは生活必需品であるとともに、ある程度の期間で交換される消耗品であり、長く残るものではありません。

布製品を香典返しの品として利用する際には、高級感のあるものやこだわりのある品がよく選ばれています。
タオルなどの布製品は日用品であり、どの家庭にもあるものです。
そのため、ありきたりの品では贈り物としてあまり適していないという考え方があります。

例えば、高品質で知られる今治タオルや有名ブランドの品の人気があります。
そうした高級タオルは日用品として購入する機会が少ないですが、「もらったら嬉しい」品物であり、贈り物に適しています。

漆器・陶器

漆器や陶器なども香典返しの定番のひとつとされています。

漆器には「不幸を塗りつぶす」という意味があるほか、色直しをする品物であり「二度と不幸がないように」との願いが込められています。

また、古くはご遺体を埋葬しており、人間は土に帰るという意味から、土製品である陶磁器が選ばれる場合もあります。
香典返しに選ばれる陶器には美濃焼・有田焼・九谷焼などのさまざまな種類があります。

ただし、食器には各家庭の好みもあるため、選ぶ際には注意しましょう。
近年ではカタログギフトの品物のひとつとして提示されることが増えています。

金物

古くから、光るものは魔除けとして用いられてきました。
その風習から、ステンレス製品・アルミ製品・銅製品なども香典返しにふさわしい品とされています。

なお、台所用品にも各家庭の好みがあるため、近年ではカタログギフトの形での提示が増えています。

故人が好きだった品物

香典返しにふさわしい品物の中から、故人が生前好きだった品を選ぶケースもよくみられます。
その際には、手紙をつけて故人の好みの品であることを説明するのが一般的です。

test

香典返しに向かない品物

香典返しにおいてタブーとされている品物や、適切でないとされる品物も多くあります。
相手に不快な思いをさせないよう、品物を選ぶ際には注意しましょう。
なお、地域の慣習によっても、香典返しに不適切とされる品物が異なる場合があります。

長く残るもの

「不幸をあとに残さない」という考え方から、長くあとに残るものは香典返しに不適切とされています。
例えば、家具や置物などのインテリア用品は香典返しとして選ぶべきではありません。

肉や魚

肉や魚は「四つ足生臭もの」と呼ばれ、古くから葬儀にふさわしくないものとされてきました。
近年は葬儀での食事に肉や魚が使われるのが当たり前になっていますが、香典返しにおいては今も変わらずタブーの品物とされています。

ただし、タブーとされるのは生の状態の肉や魚であり、缶詰などの加工品についてはあてはまらないと考えるのが一般的です。
缶詰の詰め合わせなどが選ばれるケースもあるため、あまり神経質になる必要はありません。

また、生の状態であってもカタログギフトの品物のひとつとして提示する場合には、贈られた人が選ぶことになるため失礼にはあたらないとされています。

お酒

お酒は神事などを行う際のお供え物として用いられることが多く、香典返しの品としては不適切とされています。
また、お酒には個人の好みがあり、飲まない人もいるため、大勢に贈る品物としてはあまり適していません。

なお、お酒も肉や魚と同じく、カタログギフトの品物のひとつとして提示する場合はマナー違反になりません。

お祝い事に使われる品物

結婚式などのお祝い事に使用される品物も、香典返しにはふさわしくありません。

例えば昆布は、繁殖力が旺盛なことや「よろこんぶ」という語呂あわせから、結婚式の引出物などによく利用されます。
また、鰹節は夫婦の象徴と考えられており、こちらも慶事の品として有名です。
こうしたお祝い事に関連した品物は、香典返しの品物として選ぶのは避けるべきです。

金券

金額がはっきりと相手にわかってしまうものも、不適切とされています。
そのため、ギフト券や商品券などで香典返しをするのは、あまりおすすめできません。

近年では考え方の変化から金券を選ぶケースもありますが、目上の方や古くからの風習を重んじる方に金券でお返しすると、失礼に当たる場合があります。
香典返しに金券を選ぶのは、避けたほうがよいでしょう。

近年はカタログギフトが人気

近年は、香典返しにカタログギフトを選ぶケースが増えています。

カタログギフトは多くの商品の中から相手が好きなものを選べるため、不要なものを贈ってしまう心配がありません。
また、相手の嗜好や家族状況などを考えて品物を個別に選ぶ手間が省けます。
贈られた側も、自分の好みの品物を選べるのは嬉しいものです。

肉や魚、お酒といった直接贈るのはタブーとされている品物も、カタログギフトの中から相手が選ぶのであれば失礼にはあたらないとされています。

さらに、以下のようなメリットもあります。

・金券とは異なり金額がわからない
・保存がきかない生鮮食料品なども提示できる
・当日返しをする際に荷物にならない
・幅広い価格を選べるため香典の額に応じて細かい対応が可能

カタログギフトには利点が多く、近年特に人気を集めています。

なお、カタログギフトは品物を選んでから受け取るまでに時間がかかります。
そのため、すぐに手に取ることのできる別の品物を添えるケースもあります。
そうした品物には、タオルやお菓子などの手軽なものを選ぶのが一般的です。

「当日返し」が増えている

香典返しには法事が無事終了したことを報告する意味があり、四十九日後に行うのが一般的でした。
しかし、近年では送付や相手の受け取りの手間を省くために、葬儀の当日にお返しする「当日返し」が増えています。
当日返しは「即日返し」や「即返し」とも呼ばれます。

当日返しに適した品物・適さない品物

当日返しを行う場合でも、ふさわしい品物やタブーとされる品物は通常の場合と変わりません。

ただし、当日持ち帰ってもらうため、軽くてかさばらない品物が喜ばれる傾向があります。
葬儀場の受付はスペースが限られており、渡す際や準備の際の利便性を考えても、あまり大きなものを選ぶのは避けたほうがよいでしょう。
カタログギフトは荷物にならないため、当日返しが増えている近年では特に人気があります。

高額な香典を受け取った場合は後日改めてお返しする

当日返しは、事前に個別の香典の金額が分からないため、すべての人に同じ品物を渡します。

香典返しは香典の3分の1から半分程度をお返しするのがマナーとされています。
そのため、当日渡しの品物に見合わない高額な香典を受け取った場合は、後日改めて香典返しをするのが一般的です。

仏教以外も香典返しをするのが一般的

香典返しはもともと仏式のしきたりですが、神式やキリスト教式においても香典返しと同様のお返しをするのが、現在の日本では一般的です。

品物の選択も、仏式の場合に準じた基準で行われる場合が多いです。
「なまぐさもの」に関する風習は仏教のものですが、受け取る相手のことを考えて肉や魚、お酒などは選ばないのが通常です。

近年では、神式やキリスト教式においても、相手に選んでもらうカタログギフトの人気が高まっています。

品物を選ぶ際に注意したいポイント

これまで解説した以外にも、香典返しの品物を選ぶ際に注意したいいくつかのポイントがあります。

同じ品物の繰り返しはなるべく避ける

香典返し以外でも、四十九日の法要や一周忌、三回忌などで品物を贈る場合があります。
そうした際には、同じような品物を続けて選ぶのはなるべく避けたいものです。

例えば、香典返しにお茶やコーヒーを選んだ場合は、次回はカタログギフト、その次は乾麺や調味料を選ぶなど、同じような品物の繰り返しにならないようにするのが一般的です。
香典返しの品物を選ぶ際には、それ以降の贈り物とのバランスも考えたうえで決定することをおすすめします。

各家庭に配慮したバラエティ豊かなものを

以前は祖父母と両親、孫が同居している大家族が多かったため、同じ品物がたくさん入っている詰め合わせ商品がよく選ばれていました。

しかし、近年では核家族化が進み、単身世帯の割合も増えています。
そのため、さまざまな種類が少量ずつ入った詰め合わせ食品や、大きさの異なる複数種類のタオルが入ったタオルセットなどがよく選ばれるようになっています。

香典返しを選ぶ際には、相手の家族状況などにも配慮して、なるべくバラエティ豊かなものを選ぶことをおすすめします。

地域の慣習を確認しておく

望ましい香典返しの品物は、地域の慣習によって異なる場合があります。
地域の慣習と異なる香典返しをすると、失礼にあたる場合があるため注意が必要です。

特に近年は喪主が地域を離れて生活している場合も多く、葬儀を行う際には地域の慣習を事前によく確認しておくことが大切です。
香典返しの品物についても、あらかじめ望ましい品物を年長者や葬儀業者に確認したうえで選ぶことをおすすめします。

まとめ

香典返しは、葬儀の参列者などに感謝の気持ちを伝える古くからの慣習です。
香典返しの品物には、適したものと不適切なものがあります。

家族葬では香典の受け取りを辞退するケースが多いですが、香典を受け取った場合は、通常の葬儀と同じく香典返しをするのがマナーです。

香典返しでは、「不幸をあとに残さない」という考え方から、食品や日用品などの消耗品を選ぶのが定番です。
その一方で、長く残るものや、肉や魚などの「なまぐさもの」、お酒は不適切とされています。
また、慶事に使われる品物や、金額がはっきりとわかる金券なども避けるべきです。

近年では、相手に自由に品物を選んでもらうカタログギフトの人気が特に高まっています。
近年増えている香典の当日返しにも適しているため、カタログギフトを選択するのもひとつの手です。

なお、香典返しの品物は、地域の慣習によってふさわしい品物が変わる場合があります。

感謝の気持ちがしっかりと伝わるよう、事前に周囲や葬儀業者とよく相談したうえで、香典返しの品物を選ぶことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

病院に葬儀業者を紹介されたけど断ることはできるの?断り方はどうしたらいい?

NO IMAGE

病院紹介の葬儀社に葬儀を依頼すると損する?依頼してはいけない6つの理由

NO IMAGE

家族葬だと訃報はどこまでお知らせしたらいいの?会社は?

NO IMAGE

家族葬で香典・弔問・弔電を辞退したい場合ってどうしたらいいの?

NO IMAGE

通夜なし家族葬のメリット・デメリットとは?喪主が考えるべきことは何?

NO IMAGE

病院で死亡した時に葬儀社が決まっていない場合ってどうしたらいいの?