通夜なし家族葬のメリット・デメリットとは?喪主が考えるべきことは何?

 

近年は、家族の形態や葬儀に対する価値観の変化により、従来の形式にとらわれない葬儀が行われるケースが増えてきました。
限られた親族のみで行う家族葬や、お通夜を省略して葬儀・告別式だけを行う一日葬は、そうした新しいタイプの葬儀の代表例です。

家族葬にすれば、親族のみでゆっくりと故人とお別れできます。
また、一日葬にすればお通夜にかかる費用を節約できます。
しかし、家族葬や一日葬にはデメリットもあり、よく検討しないでそうした形式を選んだ結果、トラブルになったケースや予期せぬ出費が発生したケースも報告されています。

家族葬や一日葬を行いたい場合は、そうした葬儀形式のメリットだけでなく、デメリットもしっかりと把握したうえで選ぶことが大切です。

今回は、家族葬と一日葬のメリット・デメリットや、そうした葬儀形式を選ぶ際の注意点をご紹介します。

test

家族葬と一日葬とは?

メリットとデメリットをみていく前に、家族葬と一日葬について確認しておきましょう。

家族葬とは?

家族葬は、家族などの限られた近親者で行う葬儀の形式です。
会社や近隣住民などの儀礼的な弔問客の参列を断るとともに、多くの場合香典や供花を辞退します。

家族葬は新しい形態の葬儀であり、「家族」の範囲には明確な決まりはありません。
故人と特に親しかった友人が参列するケースもあります。
また、人数についても制限はなく、故人や遺族の意向で参加者の範囲は変わります。
なお、家族葬の一般的な規模は、5人から30人程度です。

一日葬とは?

一日葬は、お通夜を行わずに葬儀・告別式のみを行う葬儀形式のことをいいます。
一般的な葬儀では、お通夜を行った次の日に葬儀・告別式を行い、2日間にわたって儀式が行われます。
それに対して一日葬は、お通夜を省略して葬儀・告別式のみを1日で執り行います。

近年の葬儀では、お通夜は主に一般の弔問客が故人とお別れする儀式になっています。
そして次の日の葬儀・告別式は、遺族が中心の儀式になるのが一般的です。
これは、葬儀・告別式が昼に行われ、一般の弔問客が参列しにくいことが影響しています。

一般の弔問客をお断りする家族葬では、お通夜を行う意味がやや薄れてきています。
そのため、家族葬を中心として、お通夜を省略する一日葬の形式で葬儀を行うケースが増加しています。

通夜なしの家族葬の流れについてはこちらの記事をご覧ください。

近年、限られた近親者のみで葬儀を行う家族葬が増えています。 また、近年のお通夜は、主に一般の弔問客がお別れする場になっており、一般の弔...

家族葬のメリット・デメリット

家族葬のメリット・デメリットをみていきましょう。
葬儀業者の宣伝などではメリットばかりが強調されがちですが、デメリットもあわせて把握しておかないと、思わぬトラブルや費用負担の増加を招く場合があります。

家族葬のメリット

ゆっくりとお別れできる

一般の弔問客が参列する葬儀では、喪主や遺族が挨拶や接待をする必要があります。
特に喪主は非常に忙しくなり、故人を偲ぶ時間はなかなかとれません。

近親者のみの家族葬であれば、弔問客に気を遣うことが少なくなります。
そのため、一般葬よりもリラックスすることができ、アットホームな雰囲気でゆっくりと故人を送り出すことができます。

葬儀費用を抑えられる

家族葬は限られた人数で行われるため、一般葬よりも規模が小さくなり、その分費用を抑えることができます。

葬儀費用の中で人数によって変動するのは、主に通夜振る舞いや精進落としなどにかかる飲食接待費です。
また、葬儀の規模が小さくなると、式場の費用や葬儀業者のプランが安くなる場合があります。

人数を把握しやすく無駄な費用を削減できる

一般葬の場合は、参列者の人数を把握するのが難しいため、通夜振る舞いの料理や会葬返礼品を多めに準備する必要があります。

それに対して家族葬の場合は、事前に参列者が把握できるため、料理などの費用の無駄が発生しにくくなります。

香典を辞退する場合は返礼の手間がかからない

家族葬では、香典を辞退するケースが一般的です。

香典を受け取った場合は、その金額の3分の1から半額程度の品物を香典返しとして送るのが通常です。
香典を受け取らなければそうした返礼の手間を省くことができ、負担が軽減されます。

自由な形式での葬儀も可能

近年では、音楽葬などの無宗教葬で故人を送り出すケースが増えています。
一般の弔問客のいる葬儀では、そうした従来の形式にとらわれない葬儀の実施は比較的困難です。
参加者が限定されている家族葬であれば、自由な形式の葬儀が行いやすくなります。

家族葬のデメリット

多くのメリットのある家族葬ですが、その反面デメリットもあります。
家族葬を行う前にはデメリットをしっかりと把握しておき、対策を考えておく必要があります。

直接お別れできなかった人が不満を感じる場合がある

家族葬は参列者を限定するため、参列できない親戚や友人がでてきます。
そして、そうした人が故人と直接お別れできないことを不満に思う場合があります。

故人の意思であることを告げれば、友人や知人の場合は事後報告でも理解が得られるケースが多いです。
しかし、親族の場合は事後報告では困難なこともあり、特に注意が必要です。

家族葬では、訃報を知らせる対象を葬儀の参列者に限定するのが一般的です。
しかし、親族に関しては、参列してもらわない場合でも事前に連絡して了解を得ておくことをおすすめします。

周囲の理解が得られない場合がある

家族葬で葬儀が行われることも増えてきましたが、未だ広く認知されているとはいえません。
そのため、会社関係者や近所の人、友人、知人などを葬儀に招かないことに関して、反感をもつ人が現れる可能性があります。

そうした人に対しては、故人の意思であることや家族葬を選んだ理由を丁寧に説明する必要があります。

葬儀後の弔問客が多くなる

一般葬の場合は、多くの関係者に葬儀の場でお別れしてもらえます。
しかし、家族葬の場合はそうはいきません。

家族葬を行った場合、多くの弔問客がお別れのために個別に自宅を訪れて、その対応に追われてしまう場合があります。
また、香典を断る方針であっても香典を届ける人がいるため、そうした場合は返礼品を手配する必要があります。
故人を思って訪れる弔問客はありがたい存在ですが、葬儀後の手続きが滞ったり日常生活に支障がでたりする恐れがあります。

多くの弔問客が予想される場合は、葬儀とは別に「お別れ会」などを行うケースもあります。

費用負担が増える場合がある

家族葬では香典を辞退するケースが多く、香典による収入が見込めません。
参列者を制限することで飲食接待費は削減できますが、ご遺体の搬送料や祭壇費用、お布施などは一般葬と同じ額が必要です。

そのため、一般葬を行った場合と比べて、遺族の純粋な持ち出し額が増えてしまうケースもあります。
「費用が安い」というイメージのある家族葬ですが、場合によっては出費が増える可能性があることを頭に入れておきましょう。

test

一日葬のメリットとデメリット

一日葬は、お通夜を省略した葬儀です。
家族葬と同様に一日葬の場合も、メリットとデメリットをよく考慮したうえで行う必要があります。

一般の弔問客を招いて一日葬を行うケースは少ないため、ここでは家族葬でお通夜を省略した場合について解説します。

一日葬のメリット

喪主や親族の負担が大きく軽減される

通常の葬儀は2日間にわたって行われますが、一日葬はその名の通り1日のみです。
そのため、一日葬は通常の葬儀に比べて、喪主や遺族の心身の負担を軽減することができます。
特に参列者に高齢者がいる場合は、負担が軽減できるのは大きなメリットです。

また、2日間にわたる一般葬の場合、遠方の親族は葬儀場の近くで宿泊する必要があります。
一日葬であれば、そうした宿泊の費用や手配する手間を省くことができます。

葬儀費用が抑えられる

一日葬では、お通夜にかかる費用を削減することができます。
主に削減できる費用は、お通夜の通夜振る舞いや会葬返礼品といった飲食接待費です。

また、一日葬ではできるだけシンプルに葬儀を行いたいという遺族の希望が強く、葬儀・告別式後の精進落としも省略されるケースが多いです。
そうした場合は、精進落としの費用も削減することができます。

直葬よりも丁寧にお別れできる

近年では、お通夜だけでなく葬儀・告別式も省略して、火葬のみを行うケースも増えています。
そうした葬儀形式は、「直葬」や「火葬式」と呼ばれます。
直葬では、お通夜・葬儀・告別式での儀式がないため故人とゆっくりとお別れできず、式後に後悔が残ったという声もよく聞かれます。

一日葬は、一般葬よりも遺族の負担を減らしつつ、直葬よりも丁寧に故人とお別れすることができます。

一日葬のデメリット

以上のようなメリットのある一日葬ですが、いくつかのデメリットもあります。
一日葬を選択する場合は、デメリットについてもしっかりと把握しておく必要があります。

お別れする時間が一般葬に比べて限られる

一日葬はお通夜を行わないため、儀式の時間が短く負担が軽減されます。
その反面、故人を偲ぶ時間がそれだけ短くなってしまうことにもなります。

お通夜の儀式は遺族が故人の死を受け入れるために大切な時間ですが、一日葬ではそうした時間は省略されます。
また、お通夜の通夜振る舞いは思い出話をして故人を偲ぶ場ですが、一日葬を選ぶとその機会が失われてしまいます。

一日葬を検討する場合は、喪主を含めた遺族の感情についても考慮して、親族で話し合って決めることが大切です。

参列できない人が増える可能性がある

一日葬では故人とお別れできる機会は1日のみで、しかも昼に行われます。
お通夜があれば参列できた人でも、一日葬では参列できない場合があります。
一日葬を選ぶと、そうした直接お別れできなかった人から不満がでる可能性もあります。

宗教者の意向によっては実施できない

菩提寺がある場合は、一日葬の実施について事前に相談し、了解を得る必要があります。
仏教ではお通夜と葬儀は一連の儀式の流れであり、菩提寺の方針によっては一日葬が認められないケースがあります。

近年では一日葬が増加傾向にあり、一日葬が認められる場合も多いですが、菩提寺がある場合は事前の相談は必須です。
菩提寺の方針に従わずにほかの寺院に依頼した場合、納骨を断られる場合があります。

伝統的な葬儀に慣れている人には違和感がある

一日葬で葬儀を行うケースも増えてきましたが、未だ一般的な葬儀形式とはいえません。
そのため、伝統的な葬儀形式に慣れている人には違和感があり、理解が得られない場合もあります。

費用が大幅に安くなるわけではない

一日葬はお通夜の費用を削減できますが、その影響は限定的です。
2日の葬儀が1日になるからといって、費用が半額になるわけではありません。

ご遺体の搬送・安置にかかる費用や祭壇費用、お布施などの多くの葬儀費用は、一般葬と同程度の額が必要です。
また式場費用に関しても、式場によっては前日から準備が必要な場合があり、一日葬でも2日分の費用が必要になるケースがあります。

一日葬にした場合に費用がどれくらい安くなるのかは、場合によって異なります。
費用を削減する目的で一日葬を希望する場合は、業者に見積もりを出してもらい、削減できる費用をしっかりと確認したうえで選ぶようにしましょう。

以上のように、家族葬や一日葬にはメリットだけでなくデメリットも存在しています。
葬儀の形式を選ぶ際には、メリットとデメリットを把握したうえで、親族とよく話し合って決めることが大切です。

通夜なし家族葬を行う際の注意点

お通夜を省略した一日葬の形式で家族葬を行う場合の注意点をいくつかご紹介します。

家族葬の範囲を明確に決める

家族葬を行う際には、最初に「誰に参加してもらうか」を決める必要があります。
そして家族葬の範囲を決める場合には、基準を明確にしておくことが重要です。

例えば、故人の兄弟姉妹の一部だけを呼んだ場合、呼ばれなかった兄弟姉妹は不満に思います。
基準をしっかりと定めて厳格に適用しておかないと、トラブルの原因になる場合があります。

家族葬の参加者を決める場合は、後で説明できるよう基準を明確にしておきましょう。

親族の理解を得ておく

家族葬や一日葬を行う場合には、しっかりと親族の理解を得たうえで行うことが大切です。
特に葬儀に参加できない親族がいる場合は、事前に電話連絡をしておくことをおすすめします。

菩提寺がある場合は事前に確認をとっておく

菩提寺の方針によっては、一日葬が行えない場合があります。
そのため、葬儀業者や葬儀プランを決める前に菩提寺に連絡して、一日葬での葬儀の実施について了承を得ておく必要があります。

近年は認められるケースも多いですが、難色を示される場合もあります。
故人の意思であることや、高齢の参列者の負担軽減などの目的を伝えて説得してみましょう。

本当に費用が安くなるのかチェックする

家族葬や一日葬に関する葬儀業者の宣伝などでは、費用を削減できるメリットが強調されがちです。
しかし、ご遺体の搬送費用やお布施などの葬儀費用の多くは一般葬と同額が必要で、極端に費用を削減できるわけではありません。

特に家族葬では香典を辞退するケースが多いため、一般葬よりも遺族の持ち出し額が増える場合があります。

費用を削減する目的で家族葬や一日葬を選ぶ場合は、香典の影響も考慮して、本当に費用が安くなるのかを事前にチェックすることが大切です。

まとめ

家族葬は限られた近親者で行う葬儀で、一日葬はお通夜を省略して葬儀・告別式のみを行う葬儀です。

これらの葬儀形式には、遺族の負担軽減や費用の削減などの多くのメリットがあります。
しかし、周囲が不満を感じてしまう可能性や、葬儀後の弔問客の増加などの、さまざまなデメリットも存在しています。

葬儀の形式を選ぶ際には、そうしたメリットやデメリットをしっかりと把握し、何を重視して何を省略するかを明確にすることが大切です。
後悔のない葬儀を行うためにも、親族とよく話し合って葬儀の形式を決めることをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

家族葬の香典返しに添えるお礼状の文例とは?注意点は何があるの?

NO IMAGE

病院で死亡した時に葬儀社が決まっていない場合ってどうしたらいいの?

NO IMAGE

家族葬の香典返しにおすすめの品物は何?タブーなものはあるの?

NO IMAGE

家族葬で香典・弔問・弔電を辞退したい場合ってどうしたらいいの?

NO IMAGE

病院に葬儀業者を紹介されたけど断ることはできるの?断り方はどうしたらいい?

NO IMAGE

家族葬だと訃報はどこまでお知らせしたらいいの?会社は?