家族葬のお通夜の流れはどうなるの?喪主が注意すべき点は何?

 

近年、近親者のみで葬儀を執り行う家族葬が増えています。
家族葬は人数が限られているため、従来の形式にとらわれず自由な方法で葬儀を行うことが可能です。
そのため、お通夜を簡略化したりお通夜自体を省略したりするケースも増えています。

家族葬でお通夜を行う場合、比較的小規模な儀式になるため、喪主や遺族の負担はある程度軽減されます。
しかし、その一方で注意すべき点もあります。

今回は、家族葬でお通夜を行う場合の準備や、その際の注意点、お通夜当日の流れなどについて詳しく解説します。

test

お通夜の意味と家族葬でのお通夜

お通夜は、葬儀前日の夜に行われる故人との別れの儀式です。
お通夜は「夜を通して」という意味であり、もともとは故人を葬る前に親族や知人が夜通しで死者を守る儀式のことでした。
その際は、喪主以外の親しい人がロウソクや線香の火を絶やさないようにし、寝ずの番をするのが通常でした。

しかし、時代の変化とともにお通夜の形式も変わり、2時間から3時間程度で終了する「半通夜」が現在は主流です。

近年では一般の弔問客のお別れが中心の儀式に

以前のお通夜は、家族などの身近な人が故人を偲ぶための儀式であり、一般の弔問客は翌日の昼間に行われる葬儀・告別式に主に参列していました。
しかし、現在は葬儀の形式が変わり、一般の弔問客は主にお通夜で故人とお別れして、葬儀・告別式は親族中心で行われることが増えてきました。

家族葬でのお通夜

家族葬は、近親者のみで行う葬儀です。
そのため、一般の弔問客のお別れが中心であるお通夜を省略する場合が増えています。
また、お通夜を行う場合でも、通夜振る舞いを省略するなど従来の形式を変更して行うケースがあります。

その一方で、故人とのお別れの儀式としてお通夜を重視し、通常の葬儀と変わらない形式でお通夜を行う家族葬も一般的です。
また、菩提寺の方針としてお通夜を行う必要がある場合もあります。

家族葬でのお通夜の形式は場合によって大きく異なり、どういった形式で行うかは、故人や遺族の意向などの状況次第です。

家族葬でのお通夜の準備手順

家族葬でお通夜を行うまでの準備手順をご紹介します。
家族葬といってもさまざまな形式があり、数十人で一般葬と同じようにお通夜が行われる場合もあります。
一般的なお通夜の準備手順とともに、家族葬で特に注意すべき点を解説していきます。

誰に参加してもらうかを決める

家族葬を行うにあたって最初に決める必要があるのは、「誰に参加してもらうか」です。

「家族」の範囲に決まりはないため、遺族で決める必要があります。
家族葬であっても、故人と特に親しかった友人など親族以外が参加する場合もあります。

家族葬の参加者を決める場合には、説明できるよう基準を明確にしておくことが大切です。
基準を明確にしておかないと、トラブルの原因になることがあります。

なお、家族葬の場合、葬儀の参加者以外には訃報を伝えないのが一般的です。
家族葬で葬儀を行う方針の場合、参加者の範囲をあらかじめ決めておくと、準備や連絡が円滑に行えます。

香典や供花の方針を決める

家族葬は近親者のみで行われるため、香典や供花を辞退する場合があります。
香典や供花を辞退する場合は、訃報を伝える際やお通夜・葬儀の連絡の際に、その旨を明確に伝える必要があります。
香典や供花についての方針は、早めに決めるようにしましょう。

葬儀業者・葬儀プラン・式場を選ぶ

家族葬の参加者と葬儀の規模が決まったら、葬儀業者や葬儀プラン、式場を選びます。
葬儀業者によって利用できるプランや式場が異なるため、希望の条件に合致する業者を選びましょう。

葬儀業者を選ぶ際には、しっかりと見積もりを確認して、複数の選択肢を比較したうえで選ぶことが大切です。

お通夜と葬儀の日程を決める

葬儀業者が決まったら、お通夜と葬儀の日程を決めます。
以前は亡くなった日の翌日にお通夜、翌々日に葬儀・告別式を行うことが多かったですが、現在はある程度日数が経過してから行うことも珍しくありません。

日程は主に、僧侶などの宗教者の都合や、火葬場の予約状況などによって左右されます。
特に菩提寺がある場合は僧侶の都合を最優先で確認して、お通夜や葬儀での読経を依頼しましょう。
菩提寺に読経を依頼しなかった場合、納骨を断られる場合があります。

また、火葬場が混んでいて葬儀日程が先延ばしになるケースもよくあります。
火葬場の予約は葬儀業者が行うことが多いため、葬儀業者とよく相談したうえで日程を決めます。

test

お通夜・葬儀・告別式の日時を連絡

日程が決まったら、参加者にお通夜や葬儀・告別式の日時を連絡します。
少人数の家族葬の場合は電話連絡で済むケースも多いですが、人数が多めの場合は間違いのないようファックスやメールで伝えます。
告知用の文面は、葬儀業者に相談すれば例文を提示してくれます。

香典や供花を辞退する場合は、その旨を明確に相手に伝えることが大切です。
伝えておかないと、出席者が香典や供花を準備すべきか否か迷ってしまい、余計な負担をかけてしまいます。

受付・会計・案内を依頼

一般葬では、お通夜や葬儀の受付・会計・案内などを親戚や知人に依頼する場合があります。
家族葬であってもそうした役割が必要な場合は、日程を連絡する際などに依頼します。
なお、ごく少人数の家族葬の場合は不要です。

どの役割にどれだけの人数が必要になるのかは葬儀によって異なるため、葬儀業者と相談して必要な人数を確認しましょう。

供花を確認して配列を業者に指示する

供花を辞退しない方針の場合は、訃報を出すと供花が届きます。
葬儀業者がとりまとめてリストを作成してくれるので、送り主を確認します。

葬儀場での供花の配列には決まりがあり、故人と関係が近い方から順番に並べます。
親族以外については、故人との関係や社会的地位などを考慮して順番を決めます。
順番に迷った場合は、周囲や葬儀業者とよく相談しましょう。

席次と当日の進行の確認

一般的なお通夜の席は、祭壇に向かって右側が喪主をはじめとした親族、左側が友人・知人・会社関係者です。
家族葬でも親族以外が参加する場合は、一般葬と同じ座り方をします。
また、座った順番で焼香が行われるため、大人数で家族葬を行う場合などは、失礼のないよう席次を確認しておきましょう。

席次の確認とあわせて、お通夜の進行方法についても葬儀業者によく確認しておきます。
当日の詳しい流れや挨拶の仕方、焼香の方法などについて、葬儀業者が喪主に対して詳しく説明してくれるのが通常です。

会葬礼状・会葬返礼品の確認

一般葬と同じように会葬礼状や会葬返礼品を準備する場合は、数量が間違っていないかを改めて確認しておきます。

なお、家族葬の場合はかしこまる必要はないという考えから、会葬返礼品などを準備しない場合も多くあります。

お通夜当日の流れ

お通夜当日の儀式の流れをご紹介します。
家族葬といっても場合によって形式は異なるため、一般的なお通夜の流れをご紹介しつつ、家族葬での注意点を補足していきます。
少人数の家族葬の場合はある程度自由にお通夜を行えるため、以下の流れと異なる場合もあります。

受付

一般葬の場合、弔問客の受付はお通夜の開始時刻の30分前から行うのが通常です。
家族葬であっても、ある程度参列者の人数が多い場合や香典を受け取る場合は受付が必要です。
少人数の家族葬で香典を受け取らない場合は、受付が不要になることもあります。
受付が必要か否かは、参列者の人数を考慮して葬儀業者と相談しておきましょう。

受付を親族や知人に依頼した場合、依頼した人との関係性によっては、心づけを渡すのが適切な場合もあります。
心づけの有無は地域によっても異なるため、葬儀業者や身近な人に相談しましょう。
また、心づけを現金ではなく品物で渡す場合もあります。

僧侶への挨拶

僧侶が斎場に到着したら、喪主が挨拶をして控え室などに案内します。
僧侶への対応は葬儀業者が行う場合もあります。

会場に入場して着席

一般葬では、お通夜の開始15分前には喪主とその家族は着席しておきます。
その後、親族や弔問客が着席して僧侶の入場を待ちます。

家族葬の場合は形式がさまざまであり、少人数の場合は直前に入場することもあります。
進行については葬儀業者と相談しておきましょう。

読経・焼香・法話

開始時刻になると、僧侶が入場します。
地域や宗派、葬儀業者などによって、起立して迎えたり合掌して迎えたりする場合があります。

僧侶の入場の後、読経と焼香が行われます。
焼香は、喪主・故人の家族・親族・一般の参列者の順で行われるのが通常です。
少人数の家族葬の場合は参列者が少なく、焼香は短時間で終わります。
焼香の後、僧侶が法話を行い、儀式の終了を告げて退席します。

喪主挨拶

僧侶が退席した後、喪主が挨拶します。
近親者だけが参列する家族葬でも、形式にのっとった挨拶をするのが一般的です。
ただし、ごく限られた人数の場合などは省略することもあります。

挨拶では、参列者へのお礼を述べて、通夜振る舞いの席への案内を行います。
挨拶文は書面で用意しておくのが通常です。
感謝の言葉を伝えるのが目的であり、書面を見ながら話しても問題ありません。

僧侶にお車代や御膳料を渡す

儀式の後には、僧侶や参列者に飲食をふるまう「通夜振る舞い」が行われます。
僧侶が通夜振る舞いに出席してくれるか否かは、事前に確認しておきます。

僧侶が通夜振る舞いに出席しない場合は、食事の代わりとして「御膳料(おぜんりょう)」を渡します。
また、交通費としてお車代も別途用意して渡します。

御膳料やお車代は、儀式の前に渡す場合もあります。
渡すタイミングについては、事前に葬儀業者やお寺側に確認しておきましょう。

通夜振る舞い

焼香の後に、参加者を別室に案内して通夜振る舞いを行います。
通夜振る舞いの開式と閉式の際には、喪主が挨拶をします。

通夜振る舞いには、弔問客へのお礼の意味のほか、焼香後のお清めや故人を供養するための食事会の意味があります。
そのため、家族葬でも通夜振る舞いが一般的に行われていますが、場合によっては省略することもあります。

また、一般の弔問客は長居をしないのが通夜振る舞いのマナーとされていますが、家族葬の通夜振る舞いの形式はさまざまです。
参加者でゆっくりと食事を行うケースもあります。
参加者の人数や家族の意向などをふまえて、家族葬の通夜振る舞い有無や形式を決めましょう。

一般葬の通夜振る舞いは、1時間から2時間程度で終わるのが通常です。
家族葬は場合によって時間はさまざまですが、次の日に葬儀が控えているのであまり遅くならないようにしましょう。

以上がお通夜当日の流れです。
家族葬の場合はある程度自由に行えるため、希望の方針がある場合は事前に葬儀業者と相談しておきましょう。

家族葬のお通夜での喪主の服装は?

家族葬であっても、喪主や参列者は一般葬と同様の服装をするのが通常です。
ただし、参加者全員で事前に取り決めておき、略喪服や平服で行うケースもあります。

葬儀において喪主は主催者であり、一般葬では正式喪服を着用します。
和装では紋付羽織袴、洋装だと黒のモーニングコートが正式喪服に該当しますが、モーニングコートは昼の正装のため、お通夜では着用しません。
お通夜の喪主の服装は、ブラックスーツが一般的です。

家族葬のお通夜を行う際の注意点

家族葬でお通夜を行う際の注意点をご紹介します。

訃報やお通夜・葬儀の連絡は基本的に参列者のみ

家族葬を行う場合は、訃報やお通夜・葬儀の連絡は参列者のみに行うのが通常です。
訃報を受けたら弔問に駆けつけるのがマナーであり、弔問客を制限する家族葬の場合、葬儀を伏せておくのは必要な措置です。

会社関係者などの参列者以外に知らせる必要がある場合は、「近親者のみの家族葬であり、参列はご遠慮いただきたい」という旨を明確に伝えることが大切です。

親族には事前に連絡しておく

ただし、参列者以外であっても、親族の場合は電話連絡しておくことをおすすめします。

ごく限られた人数で家族葬を行う場合は、親族に参列してもらわないケースがあります。
その場合、事後報告では家族葬での葬儀の実施について理解が得られない場合があります。
後のトラブルを避けるために、親族には事前に家族葬で葬儀を行うことを伝えて、しっかりと了解を得ておきましょう。

僧侶への対応は通常のお通夜と同じ

少人数の家族葬であっても、僧侶へのお布施やお通夜の御膳料、お車代などは一般葬と変わりません。
失礼のないよう必要なものをしっかりと準備しましょう。
不明な点がある場合は、葬儀業者に確認することが大切です。

まとめ

お通夜は、葬儀前日の夜に行われる故人との別れの儀式です。
古くは夜通しで故人を見守る儀式でしたが、現在は2時間から3時間程度で終了する半通夜の形式がほとんどです。

家族葬では省略する場合も増えてきましたが、多くの家族葬では一般葬と同じくお通夜が行われています。

お通夜の前には準備すべきことや確認すべきことが多いため、喪主や遺族はとても忙しくなります。葬儀業者や周囲と相談しながら、落ち着いてひとつずつ進めていきましょう。

家族葬は葬儀をある程度自由に執り行うことができます。
通夜振る舞いを行わないなど、お通夜の形式も場合によってさまざまです。
家族や葬儀業者と相談しながら儀式の内容を決めましょう。

お通夜は故人と最後の夜を過ごす大切な時間です。
より良いお通夜を執り行い、静かに故人を送り出せるよう、あらかじめ準備の手順やお通夜当日の流れを把握しておくことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

家族葬で通夜なしだと流れはどうなる?喪主が注意すべき点は何?

NO IMAGE

病院で死亡した後の流れは?自宅に搬送?それとも葬儀会場に搬送されるの?

NO IMAGE

枕経の流れは?服装はどうしたらいい?出席者は誰になるの?

NO IMAGE

納棺式の流れは?服装はどうしたらいい?出席者は誰になるの?