枕経の流れは?服装はどうしたらいい?出席者は誰になるの?

 

枕経は、ご遺体を自宅などに安置した後に行われる仏教の儀式です。
枕経は「枕勤め」とも呼ばれ、遺族が見守る中ご遺体の枕元で僧侶に読経してもらいます。

近年では、枕経を省略したりお通夜の読経と一緒に行ったりする場合も増えてきました。
そのため、枕経に触れる機会が減少しており、枕経について詳しくご存知の方は少ないでしょう。

家族が亡くなった際には、病院の手続き・葬儀の準備・親族への連絡など、すべきことが山積みでとても忙しくなります。
実際に葬儀を行う際に困らないためにも、事前に枕経などの葬儀の儀式について調べておくことはとても重要です。
事前に知識を得ておけば、いざというときにスムーズに手続きを行うことができます。

今回は、「枕経とは何か」といった基本的なことから、枕経の流れ、出席者の範囲、出席する際の服装、枕経のお布施などについて、詳しく解説します。

test

枕経とは?

枕経は、安置したご遺体の枕元に「枕飾り」と呼ばれる祭壇を設けた後、僧侶に読経してもらう仏教の儀式のことをいいます。
仏教の儀式なので、神式やキリスト教の葬儀では行われません。

枕経は、亡くなっていく人が仏弟子となって迷いなく往生できるようにとの願いを込めて行われます。
また、枕経の時間はゆっくりと故人と向き合うことができ、遺族が死を受け入れる手助けとなる大事な時間です。
近年は省略されていることも増えていますが、古くからの風習にのっとって故人をしっかりと送り出したい場合は、是非行いたい儀式です。

なお、枕経は宗派によって形式やお経が異なります。
宗派によっては、枕経を行わないこともあります。

古くは臨終の間際に行われた

そもそも枕経は、亡くなる本人に代わって僧侶が読経したことが始まりといわれています。
昔は自宅で亡くなることが多く、危篤状態になると親族が集められ、僧侶を呼んで亡くなっていく人の枕元で読経が行われました。
かつての枕経は、そうした臨終を迎えつつある人を、お経をあげながら見送る儀式でした。

現在の枕経の形式は?

現在は約8割の人が病院で亡くなっており、臨終の際に枕経が行われることはほぼありません。
そのため、ご遺体を病院以外の自宅などに安置してから枕元に枕飾りを設置し、その後に枕経を行うのが通常です。

また、住宅事情の変化から、葬儀業者の施設にご遺体を安置することも増えてきました。
葬儀に対する価値観の変化からシンプルな葬儀が好まれるようになった影響もあり、枕経を省略したりお通夜の読経と一緒に行ったりするケースが増えています。

枕経はどこで行う?

枕経は、主にご遺体を自宅に安置した場合に行われます。

病院で亡くなると、葬儀や火葬の前に一旦別の場所に安置する必要があります。
安置場所は、自宅や葬儀業者の運営する安置施設が中心です。
葬儀業者の安置施設で枕経が行われる場合もありますが、近年では省略されるケースが増えています。
枕経は、自宅で行われる場合が多くを占めます。

枕経はどこに依頼すればいいの?

日頃お世話になっている菩提寺があれば、菩提寺に枕経を依頼します。
懇意にしているお寺がない場合は、葬儀業者が紹介してくれます。

枕経を重視しているお寺もあり、臨終後なるべく早く枕経を行うべきとする考え方もあります。
そのため、菩提寺がある場合は、葬儀業者が決まっていなくても早めに連絡することをおすすめします。

菩提寺がない場合は先に葬儀業者を決めて、葬儀業者にお寺を紹介してもらいましょう。

なお、枕経を依頼するということは、お通夜・葬儀などでの読経や戒名の授与などの葬儀全体について、そのお寺に依頼するという意味になります。
枕経だけを別のお寺に依頼するということはありません。

ただし、住職の日程の都合がつかないなどの場合は、同じ宗派の別のお寺の僧侶が枕経のみを行うことがあります。

枕経の出席者は?誰を呼べばいい?

枕経は、近親者のみで行われることがほとんどです。
出席者は遺族のみが基本であり、一般的には親戚や友人、近所の人などを呼ぶ必要はありません。

ただし、地域によっては親戚や近隣住民が枕経に出席する場合もあるようです。
念のため、出席者の範囲については葬儀業者に確認しておきましょう。

枕経に出席する際の服装は?

枕経は平服で出席するのがマナーとされています。
もともと枕経は、臨終の間際の生きている段階で行われていた儀式であり、その意味では喪服はふさわしくありません。

枕経は平服で行われる儀式ですが、なるべく派手な服装は避けるのが通常です。
結婚指輪以外のアクセサリー類も外しておきます。
また、読経後に焼香が行われる場合が多いため、数珠を用意しておきましょう。

test

枕経のお布施は?費用で注意すべき点はある?

枕経は、僧侶に自宅などまで来てもらい、読経してもらう儀式です。
僧侶に儀式を行ってもらう際には、僧侶に渡すお布施やお車代が必要です。

枕経のお布施は「後渡し」

枕経のお布施は、基本的に当日には渡しません。
枕経を依頼したお寺には葬儀全体を依頼するのが通常であり、お布施は葬儀が終わった後に戒名料などを含めてまとめて渡すのが一般的です。
枕経の当日には、お布施を準備する必要はありません。

ただし、葬儀を依頼した住職の都合がつかない場合に、枕経だけ別の僧侶が行うケースが稀にあります。
その場合は、枕経のお布施を個別に渡す場合もあります。

枕経のみのお布施の相場は、宗派や地域によって異なり、1万円から6万円程度が目安とされています。

枕経のお布施を個別に渡すのは珍しいケースであり、そうした際にはお寺や葬儀業者と金額や渡す方法についてよく相談することをおすすめします。

詳しくはこちらをどうぞ。

「枕経」とは、ご遺体を安置した後に行う仏教の儀式のひとつです。 枕経は「枕勤め」とも呼ばれ、ご遺体を病院から搬送して自宅などに安置し、...

お車代は当日渡す

お布施は後日まとめて渡すのが通常ですが、お車代は当日渡します。
お車代には交通費の意味があり、僧侶に来てもらう度に渡すのが一般的です。

お車代の金額は、5,000円から10,000円程度が相場です。
お寺が遠方の場合は実際の交通費がこれよりも高くなるため、お車代も多めにします。
少なくともタクシーの往復分以上になるようにして、切りのいい金額を渡しましょう。

なお、お車代の相場は地域によって大きく異なります。
3,000円程度が一般的な地域もあれば、20,000円程度渡す場合もあります。
お車代の金額については、事前に葬儀業者やお寺に相談しておくと安心です。

臨終後に枕経を行うまでの流れは?

家族が病院で亡くなってから、枕経を行ってもらう当日までの流れをご紹介します。

手順その1:ご遺体の安置場所を決める

枕経は、主に自宅に安置した場合に行われます。

病院で亡くなった場合は、死後の処置を行った後、ご遺体の自宅などへの搬送を業者に依頼します。
葬儀を行う業者が既に決まっている場合は、その業者に連絡すればご遺体を素早く搬送してくれます。

葬儀業者が決まっていない場合は、搬送前に決める方法もありますが、ご遺体の搬送と安置だけを業者に依頼することも可能です。
病院にご遺体を置いておける時間は短く、限られた時間の中で葬儀業者を決めるのはリスクがあります。
葬儀業者が決まっていない場合は、ご遺体の搬送だけを依頼するのが無難です。

また、ご遺体の搬送依頼とともに、自宅の受け入れ準備も必要です。
ご遺体を安置する部屋は、仏壇のある部屋が最適とされています。
仏壇がない場合は、ご遺体の温度管理を適切に行うために、なるべくエアコンのある部屋を選びましょう。

枕経には枕飾りの設置が必要なので、そのスペースも考えて布団を敷き、白いシーツをかけておきます。
ご遺体の状態によっては、畳や床が汚れないようビニールを敷いておいたほうがいい場合もあります。

手順その2:ご遺体を安置して枕飾りを設置する

ご遺体を業者に搬送してもらい、準備しておいた布団の上に安置します。
その後、ご遺体の枕元に枕飾りを設置します。

枕飾りは、故人が旅立つために必要なものをお供えする供物台であると同時に、礼拝するための簡易的な祭壇でもあります。
枕経を行うためには、枕飾りが必要です。

枕経を行う仏教の枕飾りには、香炉・花瓶・燭台・枕団子・一膳飯・水・鈴(りん)・線香などが置かれます。
準備するものが多いと思われるかもしれませんが、葬儀業者に依頼していた場合は、業者が準備して設置してくれます。

葬儀業者が決まっていない場合でも、ご遺体の搬送を行う業者に頼めば、オプションで枕飾りの準備をしてくれる場合がほとんどです。

なお、枕飾りの費用は1万円から3万円程度が目安です。
費用は物品のグレードや宗派によって差があります。
また、葬儀業者に葬儀全体を依頼している場合は、枕飾りの費用は葬儀プランに含まれていることがほとんどです。

詳しくはこちらをどうぞ。

「枕飾り」は、ご遺体を安置しておく際に枕元に飾る供物台です。 日常生活では目にする機会がほとんどないものであり、枕飾りを行う理由やどう...

手順その3:お寺に枕経を依頼する

菩提寺がある場合は、菩提寺に家族が臨終したことを報告して枕経を依頼します。
希望の日時を伝えて、お寺の都合とすりあわせて日時を決定しましょう。

その際には、故人の名前・生年月日・享年・死亡時間などをお寺に伝える必要があります。
間違えないようにメモを手元に控えておくと安心です。

なお、ご遺体の安置前に菩提寺に連絡しても問題ありません。
早めに連絡することで準備がスムーズに進む場合もあります。
しかし、慌てる必要はないため、夜間や早朝などにお寺に連絡するのは避けましょう。

菩提寺がない場合は、葬儀業者がお寺を紹介してくれます。
葬儀業者が決まっていない場合は、よく検討してから葬儀業者を選び、その業者にお寺を紹介してもらいましょう。
枕経までに間があいてしまいますが、近年は枕経を省略したりお通夜の読経とあわせて行ったりするケースも多く、慌てる必要はありません。
葬儀業者の決定は重要事項であり、慎重に検討することをおすすめします。

手順その4:枕経の準備をする

お寺と打ち合わせた日時の前に、以下のものを準備しておきます。

・枕経で僧侶が座る座布団
・枕経の後で僧侶に出すお茶とお茶菓子
・お車代

枕経では焼香が行われるのが通常なので、個人の持ち物として数珠を準備しておきましょう。

枕経はどういった流れで行われる?

枕経の当日の流れは、以下のようになります。

僧侶をお迎えしてお経をあげてもらう

事前に打ち合わせた日時に、自宅などのご遺体の安置場所に僧侶が到着します。
僧侶をお迎えして挨拶をすませたら、僧侶に枕経をあげてもらいます。

読経中は、親族は後ろで控えて故人の冥福を祈ります。
枕経のお経は宗派によって異なり、一般的な所要時間は30分から40分程度です。
枕経の儀式は、葬儀までのあわただしい期間の中で、ゆっくりと故人と向き合える貴重な時間です。

読経後は焼香が行われて、枕経の儀式は終了です。
枕経では、儀式中の喪主の挨拶などは基本的にありません。

葬儀の日程や戒名について相談する

枕経が終わったら別室に僧侶を案内し、お茶とお茶菓子を出して儀式へのお礼を述べます。
この枕経後の時間に、今後の葬儀の日程や戒名についての相談をするのが一般的です。
葬儀を滞りなく行うために、確認しておきたい点があればあらかじめリストアップしておくことをおすすめします。

また、葬儀全体のお布施について確認したい場合は、この時に聞くこともできます。
お布施の金額を僧侶に直接聞いても失礼にはあたらないため、金額に迷った場合は尋ねてみましょう。

お車代を渡す

打ち合わせの後に、改めて儀式のお礼を述べつつ僧侶にお車代を渡します。
場合によっては枕経の前や儀式後に渡すケースもあります。
渡すタイミングについて不安な場合は、事前に葬儀業者やお寺側に確認しておきましょう。

以上のような流れで枕経は行われます。
枕経に出席するのは遺族のみであり、近年は枕経を省略するケースも多くなっています。
そのため経験することの少ない儀式ですが、行う場合は参考にしてみてください。

まとめ

枕経は、ご遺体を安置した後に行われる仏教の儀式です。
主に自宅で行われ、ご遺体の枕元に枕飾りを設置した後、僧侶に読経してもらいます。

近年は葬儀業者の施設にご遺体を安置することも多く、葬儀をなるべく簡略化したいという遺族も増えています。
そのため、枕経を省略したり、お通夜の読経とあわせて行ったりするケースも増えています。

枕経は、菩提寺があれば臨終後や安置後に連絡して依頼します。
菩提寺がない場合は、葬儀業者がお寺を紹介してくれます。
葬儀業者が決まっていない場合は、先に業者を決めましょう。

枕経の服装は、平服がマナーとされています。
読経後に焼香を行うため、数珠を用意しておきましょう。

枕経の出席者は遺族のみが基本であり、近親者以外の出席者は一般的ではありません。
ただし、地域によっては出席者の範囲が広い場合があるため、事前に葬儀業者や地域の葬儀に詳しい人に確認しておきましょう。

枕経のために準備するものには、枕飾り・座布団・お茶とお茶菓子・お車代があります。
このうち、枕飾りは葬儀業者が準備してくれます。
お車代は、実際にかかる交通費や地域によって望ましい金額が異なるため、事前に葬儀業者やお寺に相談しておきましょう。
なお、お布施は葬儀全体の分をまとめて後日渡すため、枕経の当日に準備する必要はありません。

枕経は省略されることも増えていますが、故人の冥福を祈り、遺族が死を受け入れるための大事な儀式です。
しっかりと準備をして故人を静かに送り出せるよう、枕経の流れや形式について事前に把握しておくことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

病院で死亡した後の流れは?自宅に搬送?それとも葬儀会場に搬送されるの?

NO IMAGE

家族葬のお通夜の流れはどうなるの?喪主が注意すべき点は何?

NO IMAGE

家族葬で通夜なしだと流れはどうなる?喪主が注意すべき点は何?

NO IMAGE

納棺式の流れは?服装はどうしたらいい?出席者は誰になるの?