納棺式の流れは?服装はどうしたらいい?出席者は誰になるの?

 

家族が亡くなった場合には、ご遺体を棺桶に納める必要があります。
日本の火葬場では、原則として棺に入っていないご遺体を火葬してくれません。

納棺式は、故人が旅立つための身支度を整えて、棺に納める儀式のことです。
納棺式は「納棺の儀」とも呼ばれます。
納棺式は単にご遺体を棺に納めるだけでなく、故人とのお別れの場としても重要です。

納棺式に立ち会う機会はそう多いものではなく、納棺式について詳しくご存知の方は少ないでしょう。
葬儀を滞りなく行うためには、納棺式などの儀式の流れを事前に把握しておくことがとても重要です。

今回は、納棺式についての基本情報から、納棺式の流れ、望ましい服装、出席者の範囲、棺に納める副葬品の注意点まで、詳しく解説します。

test

納棺式とは?

納棺式は、ご遺体に死装束をまとわせ、故人の愛用品などの副葬品と一緒に棺に納める儀式のことです。

納棺式は、旅支度を整えることで遺族が故人とふれあうことができる儀式です。
ご遺体はよく「眠っているようだ」と表現されますが、布団で寝ている状態では、遺族は死を認識しづらいものです。
死装束でご遺体を整えて棺に納める納棺式は、遺族が死を受け入れる助けになります。
納棺式は、故人とふれあう貴重な機会であり、遺族の感情のためにも大切な儀式です。

以前は遺族だけで納棺されるのが通常でしたが、現在は葬儀スタッフや専門の納棺師の手を借りて行うことが多くなりました。
遺族が処置に参加するケースや、完全に業者に任せるケースなど、地域や業者によって対応に違いがあります。
ご遺体とお別れするための大切な儀式であり、なるべく遺族が処置を行うのが望ましいとする地域もあります。

納棺式はどこで行う?

納棺式は、自宅や葬儀業者の安置施設などの、ご遺体をお通夜までの間安置してある場所で行います。

火葬場を利用するためには、ご遺体を棺に納める必要があります。
現在の日本では病院で亡くなる場合がほとんどですが、病院で納棺が認められるケースはほぼありません。
また、病院の霊安室はスペースが限られており、長くご遺体を置いておくことができません。
さらに、日本の法律では死後24時間以内の火葬は禁止されています。

そのため、ご遺体を病院から別の場所に搬送して安置し、棺に納める必要があります。
これは、お通夜の前に火葬を行うケースでも同じです。

納棺式の出席者の範囲は?

納棺式には、基本的に故人と関係が深い人だけが出席します。
ただし、明確な決まりがあるわけではなく、地域や遺族の意向によって出席者の範囲は変わります。

具体的には、故人の家族・兄弟・親族・親しい友人のほか、近所の人が出席する場合もあります。
近年では、葬儀をごく限られた親族のみで行う家族葬が増えており、納棺式を同居していた家族だけで行うケースも多くなっています。

地域の風習によって好ましい出席者の範囲は異なるため、事前に葬儀業者や地域の人に確認しておくことをおすすめします。

納棺式はいつ行う?

納棺式を行うタイミングには明確な決まりはありません。
ただし、お通夜が始まる前までには、ご遺体を棺に納めておく必要があります。
そのため、病院からご遺体を搬送して安置した後、お通夜が始まるまでの間に納棺式が行われます。

多くの親族が納棺式に出席する場合は、親族が集まりやすいお通夜の数時間前によく行われます。

また、ご遺体を安置してから葬儀までに日数がかかる場合は、早めに納棺式が行われるケースが多いです。
これは、ご遺体の傷みをなるべく防ぐためです。
安置している期間中は、ご遺体の保存のためにドライアイスが使用されます。
棺に納められていればドライアイスの冷気が逃げず、ご遺体を効率的に冷やすことができます。

納棺式を行うタイミングは、参加者の範囲や葬儀の日程などによって変わるため、葬儀業者や親族とよく打ち合わせをしてから決めましょう。

納棺式の服装は?

納棺式の服装は、地域によって異なります。
基本的には喪服を着る必要がない儀式ですが、地域によっては喪服の着用が望ましいとするところもあります

納棺式をお通夜の直前に行う場合は、出席者が喪服であることが多いため、喪主も喪服で出席するのが望ましいでしょう。
逆にお通夜まで日数がある納棺式で喪主が喪服を着ていると、平服で納棺式を行う地域では出席者に違和感を与えてしまう場合があります。
また、少人数で納棺式を行う場合は、事前に出席者で打ち合わせておき、平服で行われるケースが多くみられます

納棺式の服装は地域によって異なるため、事前に詳しい人や葬儀業者に確認しておくことをおすすめします。

test

納棺式はどういった流れで行われる?

納棺式の流れをご紹介します。
なお、手順のいくつかは、納棺式の際ではなく臨終後の病院で行われる場合もあります。

末期の水

末期の水は、故人の口元を水で潤す儀式で、「死に水をとる」とも表現されます。
あの世への旅路の際に喉が渇かないようにとの願いを込めて行われる儀式です。
末期の水は臨終後の病院で行われることが多いですが、納棺式の最初に行われる場合もあります。

末期の水では、箸の先に脱脂綿を巻き、糸で縛ったものを使用します。
脱脂綿の代わりに植物の葉を使用する場合や、新しい筆を使う場合もあります。
その箸先の脱脂綿に水を含ませてから、故人の口元を軽く湿らせます。

末期の水の儀式では、口元を湿らせる処置を、故人と血縁関係が近い順に出席者全員で行います。
配偶者もしくは喪主・子供・親・兄弟姉妹・子の配偶者・孫の順番で行われるのが一般的です。

清拭・死化粧

清拭

あの世への旅路に着用する死装束をまとわせる前に、ご遺体の身体をアルコールやお湯で丁寧に拭いてきれいにします。
ご遺体の身体を拭き清める処置は「清拭(せいしき)」と呼ばれます。

死化粧

ご遺体の顔が安らかに見えるように、お化粧を施したり髪の毛を整えたりする死化粧を行います。
女性はもちろん、男性でも眉を整えて軽くお化粧をする場合があります。
また、髪の毛も整えられ、毛染めやウイッグなどを使用するケースもあります。

爪を切ったり、男性の髭を剃ったりする場合もありますが、地域によっては刃物を死者に向けることを嫌う地域もあります。
死化粧の方法については、事前に地域の風習を確認しておくことをおすすめします。

死化粧は葬儀業者が行うのが一般的ですが、業者に相談すれば家族が行うことも可能です。
また、納棺式の際ではなく事前に行われることも多いです。

湯灌が行われる場合もある

納棺の前に「湯灌(ゆかん)」が行われる場合もあります。
湯灌とは、ご遺体を入浴させて洗浄することです。
ご遺体をきれいにするとともに、来世への旅立ちに備えて現世の汚れや煩悩を洗い清める意味もあります。

湯灌は主に葬儀業者によって行われ、給排水装置が搭載された専用の車両が使われる場合もあります。
近年では湯灌を行うことが減っており、清拭のみでご遺体をきれいにするケースが多くなっています。
なお、湯灌の費用は5万円から10万円程度です。

旅支度

ここまでの手順は、納棺式の前に行われる場合もあります。

清拭などでご遺体をきれいにした後、死装束をまとわせて死出の旅への旅支度を行います。

死装束には、白一式の和服の「経帷子(きょうかたびら)」、手足を守る「手甲(てっこう)」「脚絆(きゃはん)」、旅の荷物を入れる「頭陀袋(ずだぶくろ)」、「足袋」「頭巾」などがあります。

経帷子をご遺体にまとわせる際は、通常の和服とは逆の左前で合わせます。
これは、葬儀の際に普段とは逆の方法で物事を行う「逆さごと」という風習によるものです。

死装束は死出の旅の装束であり、昔の旅の僧侶の服装と似ています。
頭陀袋には、三途の川を渡る際に必要とされる「六文銭」を入れます。
ただし、金属でできたお金を入れてしまうと火葬する際に問題になるため、現在は紙に印刷されたものを使用しています。

死装束は宗教・宗派によって異なる

死装束は、宗教・宗派によって使用するものが異なります。
例えば、仏教であっても浄土真宗では死装束は身に着けません。
浄土真宗では、死後すぐに極楽浄土へ行くと考えられており、旅支度は必要とされません。

納棺式を行う際には、どの宗教・宗派の形式で行うのかをきちんと確認しておきましょう。

従来の死装束を使用しないケースが増えている

近年では葬儀に対する考え方が変化しており、従来の死装束を使用しないケースも増えています。

例えば、故人が生前に好んで着用していた衣類や、仕事で使用していたユニフォームなどの、故人らしさを表現した服装で納棺されるケースがあります。

「故人らしい服装で送り出したい」といった死装束に関する要望がある場合は、事前に葬儀業者と相談しておきましょう。

納棺

旅支度が整ったら、ご遺体を棺に納めます。
遺族や親族でご遺体を支えて、丁寧に棺の中へ運びます。
上半身は重いため、上半身を男性が、女性や年配の方が足元を持つケースが多くみられます。

ご遺体を収めた後、死出の旅に必要な杖や草鞋、編み笠なども棺に入れます。

副葬品を納める

ご遺体を棺に納めたら布団をかけ、その後に副葬品を納めます。
副葬品として納めるものは、故人が生前に愛用していた品物などが中心です。
副葬品は、必ずしも納棺式の際に納める必要はなく、後日納める場合もあります。

後述しますが、火葬の邪魔になるものは副葬品として納めることができないので注意しましょう。

棺の蓋を閉じて終了

最後に棺の蓋を閉じた後、遺族・親族・スタッフなど全員で合掌し、納棺式は終了です。

納棺式の所要時間は?

納棺式にかかる時間は、納棺式で行う儀式や処置によって異なります。

事前に末期の水や清拭、死化粧などを行っていた場合は、30分から1時間程度で終わるケースが多いです。
そうした処置を納棺式で行う場合には、2時間程度かかることもあります。

納棺式はお通夜の前に行われることも多いため、時間の余裕をみて納棺式の開始時刻を設定しましょう。

副葬品として棺に入れていい物と悪い物は何?

ご遺体と一緒に棺に納める副葬品には、入れてよい物と悪い物があります。
副葬品はご遺体と一緒に火葬されるため、その妨げになるものは入れてはいけません。
また、燃えるものでも量が多いと問題になるため、副葬品は少なめにするのが一般的です。

よく副葬品として選ばれるものには、タバコ・花・かんざし・櫛(くし)・少数の書物・杖などがあります。

棺に入れてはいけないもの

副葬品として入れてはいけないものには、以下のようなものがあります。

・プラスチック製品などの有毒ガスを発生させるもの
・設備の故障につながる釣竿、ゴルフクラブ、ラケットなどのカーボン製品
・スプレー缶、缶詰、ライター、電池などの爆発の危険性があるもの
・厚い書籍やアルバム、衣類などの燃えにくいもの
・果物や飲み物などの水気の多いもの
・眼鏡、ガラス瓶、鏡、食器などのガラス製品
・生きている人の写真
・お金

故人が愛用していた眼鏡を入れたいと希望する遺族も多いですが、ガラスは溶けてお骨に付着する可能性があり、副葬品には適していません。
また、お金を燃やすのは違法です。

生きている人の写真を入れるとあの世に連れて行かれてしまうという俗説があり、縁起が悪いとされています。
なお、この俗説は人間の写真だけにあてはまり、ペットの写真は問題ないとされています。

ペースメーカーがある場合は葬儀業者に伝える

副葬品とは異なりますが、故人が心臓のペースメーカーを使用していた場合は、葬儀業者に必ず伝えてください。
火葬の際にペースメーカーが破裂する場合があり、火葬場の炉の故障やスタッフの怪我の原因になります。
また、破裂によってお骨が傷ついてしまう場合があります。

ペースメーカーは臨終後に病院で摘出されることが多いですが、地域によっては摘出されないところもあります。

葬儀業者にペースメーカーがあることを伝えておけば、業者が火葬場に連絡してくれます。
事前に連絡しておけば、火葬場は火力調整などの対策を行って、ペースメーカーの破裂やスタッフの怪我を防ぐことができます。

まとめ

納棺式は、ご遺体の旅支度をして棺に納める儀式です。
ご遺体の安置後からお通夜の間までに行われ、一緒に副葬品も納められます。

納棺式の出席者は、故人と関係の深い親族が中心です。
近年は、同居家族だけで納棺式が行われることも珍しくありません。

納棺式の服装は、地域や納棺式を行うタイミングによって異なります。
一般的には喪服の必要のない儀式とされていますが、喪服の着用が望ましいケースもあります。
服装については、事前に出席する親族や葬儀業者と打ち合わせておきましょう。

納棺式で故人にまとわせる死装束は、宗教・宗派によって異なります。
また、近年では「故人らしい服装」で納棺するケースも増えています。

棺に納める副葬品は、火葬の妨げにならないものを選びましょう。
なお、ご遺体にペースメーカーが入っている場合は、事前に業者に申告しておきます。

納棺式は、故人とふれあう貴重な機会であり、遺族にとって大事な時間です。
事前に納棺式の流れを把握しておき、服装や出席者の範囲などの方針を決めておけば、いざというときにスムーズに準備を行えます。
有意義な儀式になるよう、納棺式について事前に考慮しておくことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

家族葬のお通夜の流れはどうなるの?喪主が注意すべき点は何?

NO IMAGE

家族葬で通夜なしだと流れはどうなる?喪主が注意すべき点は何?

NO IMAGE

枕経の流れは?服装はどうしたらいい?出席者は誰になるの?

NO IMAGE

病院で死亡した後の流れは?自宅に搬送?それとも葬儀会場に搬送されるの?