葬儀の食事 精進落としの料理内容や平均金額はいくらくらい?

 

現代の葬儀では初七日法要や火葬の後に、僧侶や親族に対して飲食を振舞う「精進落とし」が行われるのが一般的です。
精進落としは、四十九日の忌明けに精進料理から通常の食事に戻すことが本来の意味ですが、現在では葬儀後に僧侶や参列者をおもてなしする食事会を意味する言葉になっています。

葬儀を執り行う機会は、それほど多くありません。
そのため、精進落としにどういった料理を選ぶべきなのか、料理の費用はいくらくらいが適切なのかといったことについて、詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか。
事前に精進落としについての知識を得ておけば、いざというときに料理や費用を速やかに決めることができ、葬儀の準備がスムーズに行えます。

今回は、精進落としに関する基礎知識や、精進落としに適した料理、費用の相場、精進落としの注意点などについて、詳しく解説します。

test

精進落としとは?

葬儀の際に行われる食事には2種類あり、お通夜の読経と焼香の後に行われるのが「通夜振る舞い」、初七日法要の後などに行われるのが「精進落とし」です。
精進落としは、「お斎(おとき)」「精進上げ」「精進明け」「精進落ち」とも呼ばれます。

法要の参加者は僧侶や親族などの限られた人の場合が多く、故人を偲びながらゆっくりと会食や歓談が行われます。

精進落としの本来の意味

精進落としは、現在では僧侶や参列者をもてなす食事を意味しますが、本来の意味はそれとは異なります。

「精進」とは、善行を実践して仏道の修行に励む姿勢のことです。
仏教には、人の死や家畜の殺生を不浄とする考え方があります。
そのため、寺社巡礼や祭事に参加する前後や、身内に不幸があって葬儀を行う際には、身を清らかにするために肉や魚、酒などの摂取や異性との交わりを避けるのが一般的でした。
そうした際の食事として調理されたのが、精進料理です。

精進落としは本来、そうした精進料理を食べていた人が通常の食事に戻す際の食事を意味していました。
葬儀を行った場合には、四十九日までは精進料理を食べるものとされていましたが、時代の移り変わりとともに初七日法要の後に精進落としが行われるようになりました。

現代の精進落とし

現在では、不幸があった際に精進料理を食べる風習はほぼなくなり、お通夜の通夜振る舞いなどでも肉や魚を使った料理が提供される場合がほとんどです。
精進落としの意味合いも、僧侶や参列者へのお礼へと変わっています。

また、近年では初七日法要が火葬と同日に繰り上げて行われることが多く、精進落としも葬儀の同日に行われるのが通常です。
地域や施設によっては、火葬を待つ間に精進落としを行う場合もあります。

精進落としの流れ

精進落としは、初七日の繰り上げ法要の後に行うのが一般的です。
精進落としの流れを簡単にご紹介します。

遺族は末席に座る

精進落としに僧侶が出席する場合は、最上席に案内します。
続いて世話役代表や世話役、友人や知人の順に座ってもらいます。
遺族は、参加者のお世話をする役割なので末席に座ります。

喪主が挨拶をして献杯

僧侶や参加者が精進落としの会場に揃ったら、喪主が挨拶をします。
挨拶が済んだら、故人に捧げる「献杯(けんぱい)」を行います。
献杯は相手に敬意を表して杯を捧げることで、葬儀や法要の会食で行われます。
献杯の音頭は必ずしも喪主が行う必要はなく、親族の年長者や故人と親しかった人が行う場合もあります。

会食は1-2時間程度

会食の席では、遺族は参列者の席を回ってお礼を述べ、料理や飲み物をすすめます。
車などで来ている場合も多いため、お酒を無理にすすめるのは控えましょう。

お通夜と葬儀で疲れている参列者も多いため、会食は1-2時間程度で終わるのが通常です。
終了の際にも喪主が挨拶をして、改めて葬儀のお礼を述べます。

閉宴の挨拶の後、僧侶に戒名料や読経料などを含めた葬儀全体のお布施を渡す場合が多いですが、後日改めて寺院を訪れた際に渡す場合などもあります。
お布施を渡すタイミングについては、寺院や葬儀業者に聞いて事前に打ち合わせておきましょう。

精進落としにはどんな料理と飲み物を準備する?

精進落としと聞くと精進料理を連想する人が多いかもしれませんが、料理の内容に細かい決まりはありません。
そもそも精進落としは忌明けの日に通常の食事を食べることであり、精進料理が好ましいということもありません。

個別のお膳で提供するのが一般的

精進落としは、参加者の人数があらかじめ分かっていることが多いため、個別のお膳で料理を提供するのが一般的です。
通夜振る舞いに比べてゆっくりと食事が行われるため、通夜振る舞いよりもランクの高い料理が選ばれる傾向があります。

個別のお膳の場合は不足があると困るので、参加者の確認はしっかりと行いましょう。
特に僧侶が同席するか否かによって準備するものが変わってくるため、事前の参加者の確認は重要です。

仕出し弁当・懐石料理・寿司が多い

精進落としでよく選ばれる料理は、仕出し弁当・懐石料理・寿司などです。
ただし、料理に関して明確な決まりはないため、ある程度自由に選ぶことも可能です。

仕出し弁当

仕出し弁当は冷めていても美味しく食べられ、比較的安価なものもあるのが魅力です。
その場で食べられない人には、持ち帰ってもらうこともできます。

なお、精進落としの料理が余った場合などに、料理を持ち帰ることは問題にはなりません。
葬儀で提供された料理を無駄にしないことで、故人の供養になるとする考え方もあります。

懐石料理

懐石料理は、前菜からご飯、デザートまでついた本格的な食事です。
刺身や天ぷら、椀物、茶碗蒸しなどの多くの品数があるのが一般的で、高齢者は食べきれないこともあります。
高齢の参加者が多い場合は、事前に葬儀業者と相談して、品数を減らすのも選択肢のひとつです。

お寿司

お寿司も精進落としで一般的に提供される料理です。
葬儀の規模によっては、精進落としの参加者の人数が正確に把握できない場合があります。
大皿から各自がお寿司をとって食べる形式であれば、人数の変動にも対応できます。

test

精進落としに用意する飲み物は?

お酒には清めの意味もあり、精進落としでは日本酒やビールなどのアルコールが提供されるのが一般的です。
また、お酒を飲まない人のために、お茶・ウーロン茶・ジュース・ノンアルコールビールなども準備しておきましょう。

精進落としは通夜振る舞いと異なり、ゆっくりと食事が行われるため、飲み物は多めに準備しておくことをおすすめします。

通夜振る舞いの料理との違い

料理が個別のお膳で提供される精進落としに対して、お通夜に行われる通夜振る舞いでは大皿料理が選ばれる場合がほとんどです。

これは、通夜振る舞いに参加する人数は把握が難しく、人数の変動にも対応できるようにするのが主な理由です。
また、通夜振る舞いではゆっくり食事が行われることが少なく、参列者も短時間で退席するのがマナーとされています。
そのため、各自が好きにつまめる大皿料理が好まれています。

精進落としの料理を準備する際の注意点

精進落としの料理を準備する際に注意しておきたいポイントを、いくつかご紹介します。

祝い事に用いられる食材は避ける

精進落としの料理に明確な決まりはありませんが、伊勢海老や鯛などの祝い事に用いられる食材は避けるべきです。
久しぶりに会った親族や関係者との間でにぎやかな席になることもある精進落としですが、あくまでも故人を見送るためのものであり、葬儀の厳かな雰囲気に見合った食材を選ぶようにしましょう。

参加者のアレルギーにも配慮する

ほとんどの場合、精進落としの参加者は事前に決まっています。
出欠を確認する際には、参加者のアレルギーの有無についても確認しておきましょう。

精進落としは参列者へのお礼の意味が強く、アレルギーへの配慮は喜ばれるでしょう。
アレルギー症状のある人が増えていることから、別の料理を準備するなどの対応が可能な業者も増えています。

また、糖尿病患者向けの料理に対応している業者もあります。
精進落としはおもてなしの席であり、参加者の健康状態に合わせた料理が準備できると理想的です。

自分で注文する場合は精進落とし用であることを伝える

葬儀業者を通さずに自分で仕出し弁当などを注文する場合は、精進落とし用の食事であることを明確に伝えましょう。
事前に伝えておけば、業者がふさわしい料理を準備してくれます。
伝えておかないと、お祝い用の食材が使用される場合や、葬儀にそぐわない華やかな料理が提供される可能性もあります。

精進落としの金額はいくらくらいが目安?

精進落としの費用は、選択する料理や参加者の人数によって大きな幅があります。

一人あたりの費用でも3,000円から10,000円程度と幅があり、一般的には一人あたり「4,000円から6,000円程度」が相場とされています。

精進落としは個別のお膳で料理が提供され、ゆっくりと食事が行われます。
そのため、通夜振る舞いに比べてワンランク高めの料理が選ばれる傾向があります。

なお、精進落としの総額は、参加者の人数や料理によって大きく異なります。
参考までに、財団法人日本消費者協会が実施している「葬儀についてのアンケート調査」のデータを挙げると、葬儀の飲食接待費の全国平均は、2014年で339,000円、2017年で306,000円です。

これは、精進落としや通夜振る舞いなどの飲食接待費の合計金額です。
あくまで平均値ですが、参考にしてみてください。

僧侶が精進落としに出席しない場合は?

僧侶の精進落としへの参加については、事前にしっかりと確認しておきましょう。
僧侶が精進落としに参加する場合は、最上席に案内します。

僧侶が出席しない場合は御膳料を渡す

精進落としに僧侶が参加しない場合は、料理の代わりとして「御膳料(おぜんりょう)」を渡します。

御膳料は無地の封筒を使うのが一般的で、表書きは「御膳料」とします。
記入は毛筆や筆ペンで行い、通常の濃さの墨を使用します。
薄墨は悲しみの感情を表すものであり、お寺側に不幸があったわけではないので使用しません。

僧侶にお車代を渡す場合は、御膳料とは別に用意して一緒に渡しましょう。
御膳料は法要が終わって僧侶が帰る前に渡すのが一般的ですが、渡すタイミングについて事前に葬儀業者やお寺側と話し合っておくと安心です。

御膳料の金額の目安は?

精進落としの御膳料の金額は、10,000円程度が目安とされています。

ただし、お布施などと同じく明確な決まりはありません。
事前に葬儀業者やお寺に金額の目安を確認しておくとよいでしょう。

なお、お布施や御膳料などの金額を僧侶に尋ねるのは失礼にはあたりません。
「お気持ちで」と言われる場合もありますが、他の人はどれくらいなのかを金額に迷った場合は聞いてみるとよいでしょう。

お布施を渡すタイミングにも注意

僧侶が精進落としに参加する場合は、精進落としの後で戒名料や読経料などを含めた葬儀全体のお布施を渡すのが一般的です。
そのため、僧侶が精進落としに参加しない場合は、お布施を渡すタイミングにも注意しましょう。
法要の後の精進落としの前に渡すのか、後日にするのかなど、事前にお寺側と話して決めておくことをおすすめします。

精進落としを行わないことも可能?

近年は限られた身内だけで行う家族葬も増えており、葬儀の形態にもさまざまなものがあります。

精進落としを行わない場合は、精進落としの料理の代わりとして折詰の料理やお酒などを準備しておき、参列者に持ち帰ってもらいます。
精進落としには葬儀の参列者へのお礼の意味があり、精進落としをせず折詰なども準備しないのは、基本的にマナー違反とされています。

近年はお通夜を省略する一日葬が増えており、通夜振る舞いを簡略化・省略するケースも増えてきました。
しかし、葬儀の後に行われる精進落としに関しては、省略されることはあまり多くありません。

家族葬などでなるべく葬儀をシンプルに行うために精進落としを省略する場合でも、代わりの折詰などを準備するようにしましょう。

葬儀場以外の店舗で精進落としを行う場合の注意点

家族葬などの少人数の葬儀の場合、精進落としを葬儀場ではなく外部の店舗で行うケースもあります。
故人の気に入っていた店などがあれば、そうした場所を選ぶのも選択肢のひとつです。

ただし、その際はあらかじめ予約をしておき、精進落としの利用であることを伝えて、遺骨を持ち込んでもよいか確認しておく必要があります。
店によっては断られる場合もあるため、事前の確認は特に重要です。

まとめ

精進落としは、葬儀や法要のあとに僧侶や参列者に振舞う飲食のことです。
精進落としは、古くは忌明けの食事を意味していましたが、現在は葬儀後の参列者へのお礼とおもてなしの意味で行われています。

精進落としの料理は、仕出し弁当・懐石料理・お寿司などがよく選ばれます。
通夜振る舞いとは異なり、個別のお膳で提供されるのが一般的です。
料理内容に明確な決まりはありませんが、祝い事用の食材は避けるようにします。

費用は場合によって異なりますが、一人あたり「4,000円から6,000円程度」が目安とされています。
ゆっくりと食事が行われる席であり、通夜振る舞いよりもやや高めの料理が選ばれる傾向があります。

近年はさまざまな形態で葬儀が行われていますが、精進落としが省略されるケースはそれほど多くありません。
省略する場合には、料理の代わりに参列者に渡す折詰などを準備しましょう。

精進落としには、参列者へのお礼とおもてなしの意味があり、親しかった人たちと故人を偲ぶ大切な時間です。
より良い葬儀にするためにも、精進落としの料理や費用について、あらかじめ考慮しておくことをおすすめします。

test

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

生前に遺影写真を作成する方法とは?費用はどのくらいかかるの?

NO IMAGE

通夜の日に葬儀場に宿泊することは可能なの?宿泊料金はどのくらいするの?

NO IMAGE

葬儀で使う棺桶の値段の相場はいくら?サイズや種類はどういうのがあるの?

NO IMAGE

葬儀の枕飾りって何?枕飾り一式の費用の相場はいくらくらい?

NO IMAGE

枕経のお布施の相場はいくら?他に費用はかかるの?

NO IMAGE

ご遺体の安置場所はどこにすべき?期間は?料金はどのくらいかかるの?